回復食に豆腐はダメなの?いつからが良いのかと1日断食や2日目はOKなのかも解説‼

スポンサーリンク

断食の回復食に豆腐は食べても問題ありません。

ただし、以下の2つのポイントがあります。

・豆腐を取り入れる時期
・回復食の豆腐の量

このポイントを守らなければ、いくら断食を頑張っても効果が半減してしまいます。

この記事では、

・回復食の豆腐はいつからが良いのか
・回復食の豆腐のレシピ
・回復食の豆腐スープのレシピ

について詳しくお伝えします。

断食の回復食に豆腐を食べてもいいのか悩んでいる方は必見の内容です。

また、豆腐を使いたいけどレシピがわからない方向けの記事にもなっています。

どのレシピも簡単に調理できるので、回復食に豆腐を食べたい方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

回復食に豆腐はダメなのか?いつからが良いのか解説‼

 
冒頭でもお伝えしましたが、回復食に豆腐は食べても大丈夫です。

しかし、回復食で豆腐を食べる場合は時期に注意が必要です。

では、いつから食べてもいいのか、詳しく解説しますね。

1日断食の回復食に豆腐は大丈夫?

1日断食の回復食に豆腐を食べても問題ありません。

しかし、短い期間の断食とはいえ、急に普段の食事を摂取してしまうと胃腸が驚いてしまうんですね。

回復食を摂取せずに普段通りの食事を行うと、不調やリバウンドの原因になります。

1日断食の後に豆腐を摂取する場合は、夕食にごく少量から始めましょう。

翌日からは少しずつ量を増やしても問題ありませんよ!

回復食の1日目や2日目に豆腐はいいの?

回復食の1日目に豆腐を取り入れる場合は、夕食にしてくださいね。

その理由は、1日断食の時と一緒です。

では、なぜ豆腐が断食の回復食に向いているのでしょうか?

それは豆腐には植物性タンパク質が含まれ、かつ低カロリーの食材だからです。

回復食に豆腐を取り入れることで、少しずつ元の胃腸に戻すことができますよ!

味も優しく、消化もしやすいので断食後の回復食に適していると言えるのですね。

2日目以降は、お味噌汁やスープの具材に入れたり、湯通ししたりして楽しみましょう。

七号食の回復食に豆腐はOK?

七号食の回復食にも豆腐は適しています。

しかし、2日目以降に食べるようにしましょう。

回復食の1日目は玄米と野菜のお味噌汁かスープで体を慣らします。

回復食の2日目に、具材として豆腐を少量入れましょう。

スポンサーリンク

回復食の豆腐のレシピとは?

 
豆腐は消化によく、低カロリーかつ高タンパクの食材なので回復食にぴったりです。

ここでは回復食におすすめの豆腐のレシピをいくつかご紹介します。

回復食に豆腐を使いたいけどレシピがわからないという方は、ぜひ試してみてください。

回復食の豆腐のレシピ①ねばねばサラダ

回復食の豆腐のレシピの1つ目は、豆腐をオクラやめかぶと合わせたサラダです。

ねばねばには免疫力を高める作用があり、胃腸を保護する働きもあります。

回復食におすすめのレシピです。

調味料を使用しているため、回復食3日目以降に食べるようにしてください。

体の冷えが気になる方は生姜を加えて、代謝をアップさせましょう。

回復食の豆腐のレシピ②豆腐アボカド

回復食の豆腐のレシピの2つ目は、豆腐アボカドです。

サラダのように食べられますが、ごま油をかけると十分なおかずにもなります。

豆腐とアボカドを潰すと、簡単なディップソースの完成です。

温野菜につけて食べてみてください。

ワサビを加えることでつんとした風味を楽しむことができます。

こちらも回復食3日目以降に食べましょう。

回復食の豆腐のレシピ③韓国風冷奴

回復食の豆腐のレシピの3つ目は韓国風冷奴です。

味付け海苔と納豆、ごく少量のキムチを冷奴に乗せるだけです。

私がオススメしたいのは、具材としてもやしナムルを追加することです。

シャキシャキとした食感とごま油の風味が、冷奴とよく合います。

刺激が強いキムチを使用しているので、最後の回復食として食べてみてください。

回復食の豆腐のレシピに悩まれている方は、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

回復食の豆腐のスープのレシピとは?

 
断食終了後の回復食の基本は、水分が多いものから始めることです。

その点豆腐のスープは回復食に大変適しているといえます。

ここでは回復食の豆腐のスープのレシピを3つご紹介します。

回復食の豆腐のスープのレシピ①具沢山味噌汁

回復食の豆腐のスープのレシピの1つ目は具沢山味噌汁です。

なるべく柔らかく煮込んだ消化に良い野菜と豆腐を入れたお味噌汁です。

回復食の2日目から食べられます。

人参や玉ねぎを煮込むと甘くなりますし、大根おろしをいれても食感が変わって美味しいですよ。

お味噌煮こだわってもよいでしょう。

豆腐はなめらかな食感の絹豆腐がおすすめです。

回復食の豆腐のスープのレシピ②野菜だしスープ

回復食の豆腐のスープのレシピの2つ目は野菜のみでだしをとったスープです。

断食を機会に普段食べることのない野菜を煮込んでみましょう。

私が気に入ったのはセロリです。

癖があって苦手でしたが、断食後は美味しく感じました。

味を付けたい方はお好みで塩を入れるか、少量のめんつゆを加えてみてください。

調味料が塩のみであれば、回復食の1日目でも食べることができます。

めんつゆを入れる場合は回復食2日目以降にしましょう。

回復食の豆腐のスープのレシピ③もずく豆腐スープ

回復食の豆腐のスープのレシピの3つ目はもずく豆腐スープです。

もずくはそのまま食べる方が多いと思われますが、スープにも合う食材です。

麺類のような食感はくせになります。

豆腐との相性も抜群ですし、大変食べやすいです。

おすすめは中華だしを入れることです。

人参やキャベツ、白菜などを入れて食べると少量でも栄養満点のスープになります。

こちらは回復食の2日目以降に食べましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 
回復食に豆腐はたべてもよいのか解説をしました。

豆腐は消化しやすく、胃腸に優しい食材なので回復食におすすめです。

豆腐を回復食にする場合のポイントは

・1日目に食べる場合は夕食にする
・食べる量に注意する

消化によいとされる豆腐ですが、断食後に多量に摂取すると胃腸が消化しきれず不調につながります。

夕食以降に少量から始めましょう。

回復食に上手く豆腐を取り入れて、断食を成功させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました