回復食に卵はダメなの?いつからが良いのかと1日断食や2日目と3日目はOKなのかも解説‼

スポンサーリンク

卵は完全栄養食といわれており、ビタミンやミネラルの他にタンパク質を多く含みますが、断食後の回復食には不向きです。

卵の大部分のタンパク質は動物性タンパク質であるため消化に時間がかかってしまいます。

その為、断食後の胃腸にとって大きな負担になってしまうんです。

ただ、断食の期間が短い場合、回復食の2日目以降であれば食べることができるでしょう。

注意するポイントは3つあります。

・食べる時期
・食べる量
・加熱する

このポイントを守れば、回復食の後半に卵を使用したレシピを食べることができます。

回復食に卵を食べてもよいのか悩んでいる方のためになる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

回復食に卵はだめなのか?いつからが良いのか解説‼

 
断食後の回復食に卵はあまりおすすめできません。

卵は動物性タンパク質を多く含む食材で、消化に時間がかかります。

断食後の胃腸は大変弱っている状態のため、消化に時間がかかる食材を摂取すると胃腸に負担がかかってしまうんです。

そのことが原因で下痢をしてしまったり、腹痛の原因になりかねません。

卵を摂取する場合は、3日目以降に加熱したものから始めましょう。

1日断食の回復食に卵は大丈夫?

たとえ短い期間の断食であっても、休んだ胃腸に負担がかかる卵は摂取しない方がよいでしょう。

消化吸収が悪い卵をいきなり食べてしまうと、体の不調へとつながってしまいます。

栄養素が多く含まれている卵ですが、白身の部分に消化吸収を抑える働きがあるので、回復食には適していません。

摂取する場合は普段の食事に慣れてからがよいですよ!

回復食の2日目や3日目に卵はいいの?

断食期間が半日または1日など短期間の場合、回復食の2日目以降に卵を食べても問題はありません。

ただし、加熱したものを少量から始めてください。

胃痛や腹痛を防ぐために、少しずつ普段の食事へと戻す意識をもちましょう。

卵は胃腸に負担がかかる食材であることを頭に入れて、食べる量を調整することが大切です。

断食明けの回復食の卵で注意したいことは?

回復食に卵は不向きですが、加熱したものを少量であれば問題ありません。

ただし、胃腸に負担がかかってしまうので、食べた後はしっかりと様子をみてください。

少しでも不調がみられた場合は、重湯やお味噌汁など水分が多い回復食へ戻しましょう。

初めて断食に挑戦した人は、回復食に卵を摂取するのは避けてください。

断食に慣れている人は自分の体と相談しつつ、回復食に卵を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

回復食の卵かけご飯のおいしいレシピとは?

 
回復食に生の卵を使用する卵かけご飯は適しているとはいえません。

生で食べる場合、ごく少量を回復食期の後半に食べましょう。

ここでは、回復食の卵かけご飯のおいしいレシピをご紹介します。

回復食の卵かけご飯のおいしいレシピ①長芋とろろをプラスする

回復食の卵かけご飯のレシピ1つ目は長芋を追加するものです。

長芋には消化酵素が多く含まれているため、胃腸の働きを助けてくれます。

すりおろすことでふわふわになり、食感も楽しむことができます。

お好みで刻んだ胡瓜を加えてみてください。

カリカリとした食感がアクセントになりますよ。

回復食3日目以降に食べましょう。

回復食の卵かけご飯のおいしいレシピ②じゃこネギをプラスする

回復食の卵かけご飯のレシピ2つ目はじゃことネギを追加するものです。

じゃこにはカルシウムやビタミンが多く含まれています。

中でもビタミン12は貧血を予防する効果があるので、回復食におすすめです。

ポイントは調味料を醤油ではなくポン酢にすること。

さっぱりとして食べやすくなりますよ。

ポン酢を使用しているため、回復食期後半に食べましょう。

回復食の卵かけご飯のおいしいレシピ③めかぶをプラスする

回復食の卵かけご飯のレシピ3つ目はめかぶを追加するものです。

めかぶには胃腸の調子を整えるアルギン酸が多く含まれています。

また食物繊維も豊富なため、回復食に最適です。

3日目以降なら食べてもよいでしょう。

お好みでごまを追加してみてください。

ごまの風味とネバネバの食感がおいしいですよ。

スポンサーリンク

回復食の卵雑炊のおいしいレシピとは?

 
回復食に卵を使用するのであれば、加熱したものがおすすめです。

加熱したものの中でも半熟卵は消化しやすく、栄養素の吸収率が上がります。

食べる場合は回復食の3日目以降に食べるようにしましょう。

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ①ひじきをプラスする

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ1つ目はひじきを追加することです。

ひじきは食物繊維が豊富に含まれており、老廃物の排出を促してくれます。

ビタミンやカルシウムも含まれているため、栄養満点といえるでしょう。

回復食3日目以降に食べてください。

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ②ねぎをプラスする

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ2つ目はねぎを追加することです。

ねぎは消化液の分泌を促す働きがあり、回復食に適しています。

過剰に摂取してしまうとお腹を壊す可能性があるので、ごく少量に抑えましょう。

回復食3日目以降がおすすめです。

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ③海苔をプラスする

回復食の卵雑炊のおいしいレシピ3つ目は海苔を追加することです。

海苔にはアミノ酸が含まれているので、調味料を入れなくても美味しくなります。

タンパク質が豊富なので、回復食に適しています。

回復食3日目以降にたべましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 
回復食に卵はダメなのか解説しました。

卵は動物性タンパク質が含まれており、消化に時間がかかるため回復食には適していません。

食べるのであればポイントが3つあります。

・回復食の3日目以降にする
・なるべく加熱する
・ごく少量にする

このポイントを守れば回復食に卵は摂取しても問題ありません。

ただし摂取後に不調を感じた場合は、無理しないでください。

ポイントをしっかり守って、断食を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました