手持ち花火をやってもいい場所はどこ?公園は禁止されている!?

スポンサーリンク


夏の風物詩といえば花火。

打ち上げ花火も良いですが手持ち花火っもいいですよね。

dummy
たいよう

打ち上げ花火とは違って、
手軽に自分たちで楽しめるもんな!

そうですよね。

手軽に楽しめるのがすごくいいですよね。

しかし、その手軽さのあまり、手持ち花火が禁止されている公園で遊んでしまい、苦情を入れられて警察に怒られてしまった…

という苦い経験を私は持っています。

dummy
モーさん

後で職員室に来なさい!

そこまでは言われませんでしたが(笑)

これから手持ち花火をしようとしているみなさんには、私と同じようなことにならないように気を付けてもらいたいと思っています!

でも、

「どうやって手持ち花火ができる公園を探せばいいの?」
「そもそもなんで禁止されているの?」
「警察に怒られたくない!」

なんて、疑問や不安を抱いている人もいると思います。

大丈夫です!

安心してください!

この記事を見ていただければ、そんな疑問や不安は一発で解消されますので(笑)

それでは、手持ち花火をやってもいい場所その特徴、また禁止される理由など、事細かく紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

手持ち花火をできる公園もある

とはいったものの、近所の公園でダメ!と言われたら、どんな公園ならいいのかわからなくなりますよね?

しかし、結論からお伝えしますと、手持ち花火をできる公園はあります!

dummy
たいよう

よかった~
手持ち花火が
できる場所なんかない!
ってあきらめるところだったよ。

dummy
モーさん

手持ち花火のできる
公園には特徴があるから、
しっかりと覚えておこう!

そこで、手持ち花火ができる公園の特徴をいくつか紹介ますので、ぜひ押さえてくださいね!

特徴その① 周りに建物や人の行き来があまりない

友達と手持ち花火をするとテンションが上がりますよね!?

テンションが上がるとついつい騒いでしまいます。

若気の至りですよね!

私もよくはしゃいで花火を振り回していたものです(笑)

しかし、想像してみてください。

もしあなたが仕事や学校から疲れて帰ってきて、休んでいるとき、外から大きな笑い声や叫び声が聞こえてきたら…

dummy
たいよう

すげーむかつく!

苦情を言いたくなる気持ちもわかっていただけると思います。

手持ち花火をすること自体は、禁止されるほど危険な遊びではないのですが、楽しいがあまりはしゃいでしまい、それがうるさいと苦情が寄せられるため、手持ち花火が禁止されてしまうのです。

dummy
モーさん

夜は
ゆっくり過ごしている人が
多いもんね。

また、ごみの処理をすることなく帰ってしまうのも、マナー違反となり、苦情が寄せられてしまう原因になってしまいます。

そのため、周りに人が住んでいたり、頻繁に往来がなければ、マナーを守ることを前提に手持ち花火をしても問題のない公園であるケースが多いです。

dummy
たいよう

そうなんだ~~、
はしゃぎすぎが原因だったのか!

実際に、私が警察に怒られた公園も、隣にマンションや一軒家がありました(笑)

dummy
モーさん

みんなは気を付けるように!

特徴その② 公園の規模が大きい

dummy
たいよう

なんで、
公園の大きさが関係あるんだ?

dummy
モーさん

公園が大きければ、
中心部分に行けば行くほど
人がいる建物が少なくなるからだよ!

これは一概にどの大きな公園にも言えるわけではないので、注意してほしいのですが、人のいる建物が公園の中にあるのは稀だと思うので、大きい公園は大丈夫なケースが多いです。

dummy
モーさん

ほかに
遊びに来ている人が
いる可能性も高いので、
譲り合って楽しく花火をやろう!

dummy
たいよう

トラブルになったら、
せっかく楽しい花火が
台無しだもんな!

公園ごと、市町村ごとにルールが決まっている!

突然ですが、ここで簡単な問題です!

街のあちこちにある公園は誰が管理してるでしょうか?

dummy
たいよう

わかったぞ!
お金持ちの人だな!

dummy
モーさん

ブッブー!
違います。
正解は国や自治体なんだ。

手持ち花火ができるような広い場所は、国や自治体が管理していることが多いです。

公園なんかは、国が管理していることがほとんどなので、私有地でないことは最低限覚えておきましょう!

dummy
たいよう

しっかり
勉強しておきます…

公園や市町村にそれぞれルールがある!

これは意外と意識していない人がいると思うので要注意です。

大きな公園であればあるほど、ルールがしっかりとしており、監視の目が行き届いていることが多いです。

dummy
たいよう

なら、
河川敷とかは大丈夫なの?

実は、河川敷にも使用のルールがあります。

しかし、手持ち花火は良くても、ロケット花火のような大型で危険なので禁止されているケースがあるので、注意が必要です!

dummy
たいよう

そんなところまで
ルールが決められていたんだな!

行政が決めるルールはしっかり守って!

意外にも公園にはびっくりするぐらいたくさんのルールがあります。

dummy
たいよう

えー、
そんなたくさんの
ルール守りきれねーよ

大丈夫です!

たくさんあるとはいっても、その多くは常識的なもので成り立っているので、他人に迷惑をかけないのと、最低限のマナーはしっかりと守っていれば、ルール違反になることはありません!

dummy
モーさん

ルールをしっかりと
把握しておくことは大切だね!

スポンサーリンク

 

公園や自治体に確認しよう!

ルールがあることが分かっても、どこにそのルールが書いてあるかわからないと意味ないですよね?

そこで、公園のルールの調べ方を紹介しようと思います!

調べ方その① ネットでサクッと調べる

dummy
たいよう

えっ、
公園のサイトなんて
あるのか?

普段意識して近場の公園のサイトを探すことはあまりないと思います。

意外にも公園の情報が載ったしっかりとしたサイトが存在しているのです。

dummy
モーさん

大きな公園は
普通に載っているけど、
小さな公園は見つからないかも。

それでもまずはサイトがあるなしに関わらず、一度調べてみることをオススメします!

もし、何かトラブルがあってからでは遅いですから…

また場合によっては、自治体単位で手持ち花火についてのルールを定めているところもあるため、そちらも確認してみてください!

dummy
モーさん

備えあれば
患いなしです!

調べ方その② 現地の看板などを確認する

小さな公園でサイトなんかない場合は、やっぱり実際にその場所に行って注意書きを探してみることをオススメします。

dummy
たいよう

確かに、
意外と看板とかに
書いてあるもんな!

そうなんです。

意外と書いてあるものなんですよ。

ですから、まずは看板の有無を確認して、もしあった場合はその指示をしっかりと守り、ほかの場所でやることを検討しましょう。

dummy
モーさん

もしなかったとしても、
大きな声で騒がないなど
周りに最大限配慮して、
楽しく手持ち花火を行いましょう。

終わりに

最近はできる場所も限られてきた手持ち花火ですが、できる場所もしっかりとあります。

それぞれの公園などのルールをしっかりと確認する
人に迷惑のかかりにくそうな場所を選ぶ
最低限のマナーは必ず守る

これらのポイントを押さえれば、心配なく手持ち花火を楽しむことのできる場所が見つかるでしょう。

dummy
たいよう

最高の
思い出作りをしようぜ!

dummy
モーさん

あまり
ハメを外しすぎないように
気を付けよう!

みなさんも、手持ち花火を使って最高の思い出作りをしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました