服を早く乾かす方法とは!?外で雨に濡れた場合の対処法をご紹介

スポンサーリンク

外出先濡れた服を早く乾かす方法タオルを使うことによって、比較的早く乾かすことができますよ‼

雨の多い季節では、朝に晴れていても夕方になると急に雨が降ったり、天候の変化が激しい時がありますよね。

急な雨が降り、服装が濡れて困るという方は多いのではないでしょうか?

また、外出先で夕立ゲリラ豪雨に降られると、とても困りますよね。

濡れたままだと寒いですし、気持ち悪いはずですし、梅雨とか夏の時期はそういうことが増えるかと思います。

そこで今回は、

・雨に濡れた服を早く乾かすにはタオルを使うことでスピードアップが出来る
・濡れた服を早く乾かすにはドライヤーと袋があればもっと時間短縮が出来る
・濡れた服のまま自宅に帰った時に気を付けるべきこととは?

について、外回りの営業中にゲリラ豪雨に見われ、ずぶ濡れになったことのある私が解説していきます。

仕事中で次の予定先に行かなければならない方や洋服がびちゃびちゃになって気持ち悪いという方の役に立つと思いますので是非、この記事を最後までお読み頂き、濡れた服装の状態から少しでも早く回復してくださいね!

スポンサーリンク

雨に濡れた服を早く乾かすにはタオルを使うことでスピードアップが出来る

 
外で濡れた服をすぐに乾かしたい。

そんなときはタオルを使いましょう!

タオルを使うことで乾くスピードが一気に速くなります。

私もスーツを着て外回りの営業をしている時に急な雨に降られたことがあります。

以前は諦めて自然に乾くのを待っていましたが、この方法を知ってからはもう怖くありません。

せっかく高いスーツやジャケットを買ったのに、型崩れしてしまい着れなくなってしまった」となるとショックですよね。

決して安くはないスーツやジャケット。

しっかりと手入れをするとジャケットやスーツの寿命を延ばすことができますよ‼

では、なぜタオルを使うと早く乾くのでしょうか?

ここからはより詳しく解決していきますね!

濡れた服の乾きのスピードは湿気と風通しで決まる!

服は湿度が低いほど良く乾きます。

そのため屋外で服が濡れてしまったときは、真っ先に湿気をタオルで取り除いてください。

ハンガーにかけて干すときも風通しの良いところで干すと乾きが良くなりますよ!

でも、スーツは太陽の光に弱いため、陰干しをするようにしてくださいね。

ジメジメしてると洗濯物も乾きにくいものです。

ちなみに私は楽天で購入したタオルを使っていますよ!

このタオルは吸水性が抜群なので雨の時期はいつも持ち歩くようにしています!

濡れたスーツやジャケットなどを拭き取るときのポイントとは?

スーツやジャケットなどが濡れた場合、拭きとるときのポイントゴシゴシと拭くのではなく、トントンと叩くように拭き取りましょう!

スーツはウール素材でできていますので、摩擦に弱く、生地が傷みやすいです。

シワの原因になるので気を付けてくださいね。

濡れた服を早く乾かすにはドライヤーと袋があればもっと時間短縮が出来る

 
家に帰った後、濡れたスーツやジャケットをタオルで拭いてそのままで終わりにしてはいませんか?

実はそのままではだめなのです。

家に帰った後はしっかりとケアが必要ですよ!

ここからは濡れた服をすぐに乾かす方法を紹介していきますね。

スーツは自然乾燥だと2~3日かかってしまうことがあります。

濡れた服はドライヤーを使って乾かそう!

すぐに乾かす必要があるというときはドライヤーを使います

まずはハンガーにスーツをかけた状態で直接ドライヤーを当てます。

1ヶ所に集中的にあてるよりも全体的に当てたほうが効率良く乾かすことができますよ!

注意してほしいのが、熱風を当てすぎるとスーツの生地が傷みやすいため距離を離して使用するか、冷風を当て、水分を飛ばすようにして下さい。

濡れた服を急いで乾かしたい時はドライヤーと袋を使おう!

シャツなどを乾かすときにはドライヤーと袋を使うとすぐに乾きますよ!

まず、ビニール袋を用意して、底の角に2か所穴をあけて下さい。

角に穴をあけると湿気が外に出やすくなりさらに乾きが早くなります。

ここに服を入れ、ドライヤーで温風を袋の中に送り込んで下さい。

この時袋を揺らしながら洗濯物全体に風がいきわたるようにするのがポイントです。

シャツなら5~10分ほどで乾きますよ。

ただし、この方法はシワができやすいので、どうしてもすぐに乾かしたいときに行いましょう!

火傷しないように気を付けてくださいね。

また、ドライヤーでの乾燥が面倒な場合、ファッションモデルの辻さゆりさんがイメージモデルをしている小型乾燥機を購入してみるのもオススメです‼

 

この投稿をInstagramで見る

 

辻さゆり(@sayuri_tsuji)がシェアした投稿

▼モデルの辻さゆりさんがイメージモデルをしている小型乾燥機▼
一人暮らしの方にはピッタリ

スポンサーリンク

 

濡れた服のまま自宅に帰った時に気を付けるべきこととは?

濡れたスーツやジャケットの嫌な臭いの原因は雨のせい?

スーツやジャケットの素材は主にウールでできているため雨に濡れると動物臭が発生します。

雨には水だけではなく、いろんな汚れ成分が入っているため、タオルでしっかりと拭き取り菌の繁殖を防ぎましょう

電車の中などでその臭いを嗅いだことはありませんか?

それは雨の後の独特な臭いなんです。

ですので周りにも配慮が必要ですよ!

濡れたジャケットやスーツはそのままにせずに必ずハンガーにかける

最もやってはいけないのは家に帰った後、濡れたジャケットやスーツをそのまま放置することです。

ついつい私も面倒でスーツをそのままポイと置いてしまっていることがありました。

そうすると次の日変なシワができたり、嫌な臭いがしたことがあります。

しかもその日が取引先に行かなければならないとなると最悪ですね(笑)

そうならないためにもアフターケアをしっかりとしましょう!

家に帰った後そのままクローゼットに干すのはNGです。

クローゼットのような湿気がこもりやすい場所に干すとカビの原因に。

また、濡れたスーツを他の衣類の間に押し込むことにより、シワの原因にもなるので、タオルで水気を拭き取った後は、シワを手でしっかりと伸ばし、風通しの良い場所に干すのがおすすめです。

ハンガーの種類にもポイントがあります。

針金の細いハンガーではなく木製のハンガーだと吸湿作用があるため乾きが良いです。

そして肩の掛ける部分に乾いたタオルを1枚挟み、その上からスーツをかけるとタオルが水分を吸い取ってくれます。

スーツやジャケットの型崩れも防げる!?

スーツやジャケットの素材は水に弱いため、雨に濡れたままにしておくと生地が重くなり型崩れを起こします。

さらに生地の風合いが悪くなり、スーツの寿命を縮めてしまうんですね

しかし、水滴をすぐに拭き取ることでこれらのことを予防できるのです。

洋服が泥はねしたときは?

水たまりの泥をかけられると濡れるし、汚れるしで大変です。

車への怒りを抑えて落ち着いて対処しましょう。

泥などの汚れがついたときは乾いてからタオルで汚れを拭き取ります

すぐに汚れを拭きたくなりますが、濡れた状態で汚れを拭くと繊維に汚れが絡みつき、さらに汚れがとりにくくなります。

泥が付いたときはまず水分だけ拭き取り、乾いてから汚れを取るようにしましょう。

おわりに

 
スーツやジャケットなどの洋服が濡れたらすぐに応急処置をして、家に帰ってからもしっかり乾かすことが大切です。

応急処置のポイントは

・スーツが濡れたらまずは乾いたタオルで拭き取ること
・家に帰ってからも放置せず、風通りの良い場所で乾かすこと
・泥などの汚れが付いたときは乾かしてから汚れを取ること
・急ぎの時はドライヤーの冷風を使うとさらに乾きが早くなる

以上の4つです。

濡れた服を早く乾かす方法はいろいろあります。

特に雨の多い時期はタオルを持ち歩くといいですよ!

是非、今回お伝えした屋外でのジャケットやスーツなどの洋服の乾かし方を実践してみてください。

屋外で濡れた時も落ち込まずできることをやればすぐ乾きますし、シワも残りません。

▼モデルの辻さゆりさんがイメージモデルをしている小型乾燥機▼
一人暮らしの方にはピッタリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました