PR

年越しそばに緑のたぬきを食べるのはあり?実際にどれくらいの人がいるのか調査!!

記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

年末が近づくと、テレビで緑のたぬきとどん兵衛の広告がよく流れますね。

これらはそばのカップ麺で、間違いなくそばの一種です。

しかし、実際にこれらのカップ麺で新年を迎える習慣に従っている人がどれくらいいるのかは、気になるところです。

そこで、緑のたぬきやどん兵衛を新年のそばとして選ぶ人がSNSでどれくらいいるか調べてみました。

スポンサーリンク

緑のたぬきやどん兵衛で年越しする人は実際にいるのか?

 
これは公式の統計ではなく、様々なSNSでの調査結果です。

Twitter、Facebook、Instagramの投稿をハッシュタグで分析しました。

【Twitter】
#カップ麺で新年を
#カップ麺 #新年
#緑のたぬき #新年
#どん兵衛 #新年
【Facebook】
#カップ麺 #新年
#緑のたぬき #新年
#緑のたぬき #大晦日
#どん兵衛 #新年
#どん兵衛 #新年のそば #大晦日
【Instagram】
#新年のそばはどん兵衛
#新年のそばは緑のたぬき
#どん兵衛で新年を
#緑のたぬきで新年を
#カップ麺で新年のそば

これらのハッシュタグからは、緑のたぬきやどん兵衛で新年のそばを楽しむ人々の投稿がたくさん見られました。

年末の風物詩である年越しそばを、緑のたぬきやどん兵衛のような即席麺で楽しむ人々の様子は、SNSのスナップショットから垣間見ることができます。

・夜勤で忙しい大晦日に、休憩時間を利用して即席麺で新年を迎える勤勉な労働者
・仲間と賑やかに集い、笑い声と共に即席麺で年を越す学生たち
・単身赴任で家族と離れた地で、緑のたぬきやどん兵衛と共に新年を祝う父親
・紅白歌合戦を背景にリラックスしながら即席麺で年越しをする人々
・年末の準備に一区切りつけ、一息つきながら即席麺で大晦日を過ごす人々

職業や家庭環境の多様化に伴い、伝統的な年越しそばから離れ、様々な形で新年を迎える人が増えています。

SNSでは、そばだけでなく、うどんやラーメンなど他の麺料理を楽しむ様子も見受けられます。

これは、特に若年層でITスキルを持つ人々に限られた傾向があります。

しかし、SNSに投稿しない多くの人々も、年越しそばとして緑のたぬきやどん兵衛を選んでいることでしょう。

年配の方々の中には、これらの即席麺で年越しをすることに抵抗を感じる人もいるようです。

緑のたぬきやどん兵衛を年越しそばに選ぶ利点は、以下の4点に集約されます。

調理の手軽さ

何よりも手軽であることが、最大の利点と言えます。

年末は忙しく、大晦日くらいはゆったり過ごしたいものです。

お湯を注ぎ、調味料を加えるだけで完成する即席麺は、その点で非常に便利です。

通常のそばは、ゆでる、生麺を調理する、乾麺を戻すなど、準備に手間がかかります。

出汁を取る作業や市販のものを購入する必要もあります。

家族や友人と共に多量のそばを準備するのは、即席麺に比べて一層の労力が必要です。

長期保存が可能

即席麺は調理が迅速ですが、その賞味期限は短めです。

年の瀬は買い物に行くのも一苦労です。

一方で、カップ麺は製造から半年を賞味期限とし、消費期限は8~9ヶ月とされています。

余裕をもってストックできる長期保存が可能なカップ麺は、忙しい時期には特に重宝します。

容易に入手可能

そば専門店が減少傾向にある昨今、かつては年越しの出前を提供する店もありましたが、地域によっては近隣にそば店がないことも。

しかし、カップ麺はどこでも簡単に購入可能です。

アレンジで個性を出す

「緑のたぬき」のようなカップ麺には、初めから天ぷらやかまぼこが入っており、地域によってはわかめが含まれていることも。

そのままでも美味しいですが、お好みの薬味や具材を加えることで、オリジナルの年越しそばを楽しむことができます。

カップ麺を使って年越しそばを楽しむ方法について、いくつかのコツをご紹介します。

伝統的なそばの風味を好む方も多いですが、忙しい時や時間がない時には、カップ麺が便利です。

以下の方法で、カップ麺でも美味しい年越しそばを作ることができます。

1. カップから和食器に移し替えて見た目を良くする。
2. カップ麺の濃い出汁を調整するため、お湯を多めにするか、出汁の素を加える。
3. 付属の具材ではなく、新鮮なネギやかまぼこ、卵、もち、わかめ、とろろ昆布、しょうがなどを加えてアレンジする。

これらの工夫をすることで、カップ麺でも立派な年越しそばを楽しむことができます。

年末の忙しさでそばを食べられない方や、そばを食べない方にも、カップ麺で簡単に年越しの雰囲気を味わうことができます。

「マルちゃん緑のたぬき天そば」と「日清のどん兵衛」は、それぞれ東洋水産と日清食品グループから提供されている人気の和風カップ麺です。

「緑のたぬき」は1980年に、そして「どん兵衛」は1976年に市場に登場しました。

両商品は地域ごとの味の好みに合わせたバリエーションを展開しており、それぞれ異なる特徴を持っています。

「緑のたぬき」はウェーブ状の麺とお湯を注ぐ際に加える天ぷらが特徴で、「どん兵衛」はストレート麺と食べる直前にトッピングする天ぷらが特徴です。

年越しそばの代替として、これらのカップ麺も良い選択肢ですが、香川県では讃岐うどんを年越しに食べる習慣があります。

また、大晦日にはそば以外にも焼き肉やすき焼きなど、家族や友人と共に楽しむ料理が選ばれることもあります。

海外では、異なる食文化を取り入れて新しい年の幸運を祈る習慣もあります。

スポンサーリンク

年末の伝統的なそばについて

 
大晦日に特別な意味を持って食される「年越しそば」は、江戸時代から日本の歳末の伝統的な習慣として親しまれています。

この風習には様々な起源が考えられています。

・そばの麺が他の麺よりも断ち切りやすいことから、過去一年の不運や困難を切り離す象徴とされています。

・その細長い形状から、人生の長さや健康を願う意味が込められています。

・そばの植物が自然の厳しさに耐え、再び元気を取り戻す様子から、健康や回復の象徴として捉えられています。

・家族の絆が永続することを願う意味合いも含まれています。

・そばが体内の不純物を排出する効果があると信じられていたことに基づく説もあります。

・金銀細工の際にそば粉を使って金属粉を集めたことから、財運を招く縁起物としての意味もあるとされています。

どの説も、年末に良い運を招き、様々な願いを込めて「年越しそば」を食べる習慣に共通しています。

薬味として用いられるネギには、労をねぎらう意味や、神職の称号にかけた言葉遊びがあるとも言われています。

2017年の大晦日には、日本人の過半数以上がこの風習を守り、「年越しそば」を楽しんだとのデータがあります。

この習慣は日本各地で根強く残り、地域によって様々な名称で呼ばれています。

スポンサーリンク

年越しそばに緑のたぬきを食べるのはありのまとめ

 
驚くべきことに、緑のたぬきやどん兵衛のようなカップ麺を「年越しそば」として楽しむ人が多いことが明らかになりました。

SNSでのハッシュタグを使った調査によると、この傾向が確認できます。

特に、SNSを使わない年配の方々の間では、伝統的な「年越しそば」を守る風潮があります。

しかし、カップ麺はその手軽さや保存が容易な点から、年末の忙しい時期には特に重宝されているようです。

カップ麺にアレンジを加えることで、個々の好みに合わせた「年越しそば」を作ることが可能です。

カップ麺を使って「年越しそば」を作る際のコツは以下の通りです。

・和食器に移し替えて見た目を変える。
・濃厚な出汁の味を調整するため、お湯の量を変えたり、追加の調味料を加える。
・付属の具材の代わりに、新鮮なネギやかまぼこ、卵、もち、わかめ、とろろ昆布、しょうがなどを加えてアレンジする。

これらのポイントを押さえることで、カップ麺でも本格的な「年越しそば」の雰囲気を楽しむことができます。

大晦日に仕事をしている人や一人で過ごす人も多く、カップ麺を「年越しそば」として選ぶことは、それぞれのライフスタイルに合わせた、縁起を担ぐ日本の風習と言えるでしょう。

皆さんが素晴らしい新年を迎えられるよう、良い年越しをお過ごしください。

error:Content is protected !!