水泳ダイエット1ヶ月の女性と男性の成功例とは?メニューや1週間で何キロ痩せたのかと続けた結果をご紹介

スポンサーリンク

この記事では、水泳ダイエットを始めて1か月で1〜5キロ痩せたという3名の方に

・水泳ダイエットのビフォーアフター
・水泳ダイエットを始めた理由
・水泳ダイエットで痩せた理由やメリット
・水泳ダイエットで痩せたやり方やメニュー
・水泳ダイエットのデメリットと注意点

など水泳ダイエットについてアンケート方式で聞いて見ました。

スポンサーリンク

水泳ダイエットで痩せた人の結果とビフォーアフター

水泳ダイエット1週間で何キロ痩せたのか?

【20代の主婦の女性】
1週間で1.5キロ

【20代の会社員の男性】
1週間で約1キロ

【30代の主婦の女性】
1週間で0.5キロ

1か月で何キロ痩せましたか?

【20代の主婦の女性】
1ヶ月で5キロ

【20代の会社員の男性】
1ヶ月で約3.5キロ

【30代の主婦の女性】
1ヶ月で1キロ

水泳ダイエットのビフォーアフターは?

【20代の主婦の女性】
53キロ→48キロ

【20代の会社員の男性】
78→74.5キロ

【30代の主婦の女性】
56キロ→55キロ

スポンサーリンク

水泳ダイエットでなぜ痩せることが出来たのか?

【20代の主婦の女性】
水泳をすることで陸上の運動よりも圧がかかりその分の体力などを使うからなのだろうなと感じます。また、酸素量なども圧倒的に必要になってくるし、水泳をするには水着を着なくてはなりません。水着にきがえるとき絶対に体型はみることがあるので、それをみての意識もあるのだろうなと感じています。だからこそ更に頑張らないとって思うことができるし、露出が多い分人に見られることも多いのでそれでなおさら痩せることができるのだろうなと思います。

【20代の会社員の男性】
まず、全身を使った運動であるので、それだけ消化カロリーが高く、全身バランス良く痩せることができる。プールのなかで汗かいてるのかも分からないので、意外と痩せるイメージがない人も多いかもしれないが、実際に25とか50m泳ぐだけでもかなり息切れすると思います。ということは、それだけ体力を使っていて、カロリーを消費しているということだと思います。普通に動いているだけでなく、水という抵抗があるため、消費カロリーがぐんと上がると思う。

【30代の主婦の女性】
水泳は全身運動なので、かなりカロリーを消費することが一番に挙げられると思います。水の抵抗もあるので、例えば泳げない方でも、地上で歩くのと水中で歩くのでは運動量が全然違います。水中にいるとかなり疲れます。また、水の中で無心になって泳ぐのがとても気持ち良く、続けやすかったのも理由の一つだと思います。よく仕事終わりに泳ぎに行っていたのですが、自分と向き合える時間というか、泳いだ後はスッキリした感じがありました。運動量はもちろん、リフレッシュにもなるので、おすすめです。

水泳ダイエットをやろうとしたきっかけや理由とは?

【20代の主婦の女性】
海やプールに友達と行くことが多く、もともと泳ぐことがすきだったのでこれを気に痩せれたなって思ったのがきっかけでした。いっていたプールでは年間パスポートみたいなのがうっていて、それを買っておけばいつでもいけるし、そんな若い人とかまくることもなかったので人目を気にせずにできるなって思ったのがきっかけです。ダイエットに効果的なのが水泳っていうのはもともと知っていたのでこれを気にやってみようと思うようになりました。

【20代の会社員の男性】
大学1年まではずっと痩せていたが、2年から太りはじめて、今では1年の時より25キロほど太っているので、やばいと思ったから。また、ずっと付き合っていた彼女と別れて、このまま太っていたら一生彼女も出来ずに、結婚もできないのではないかと思ったから。ダイエットをしようとおもい、色々調べると1番消費カロリーが高そうであったのと、ちょうど、家の近くに安くいけるプールがあったのでら水泳ダイエットをしてみようと思った。

【30代の主婦の女性】
結婚式を挙げることになったので、ドレスをきれいに着るために痩せようと決意しました。ネットで調べたら、周りの友達にアドバイスを聞いたところ、水泳はかなりカロリーを消費すると聞いたので、挑戦することにしました。幼少期にスイミングを習っていたので、泳ぐことは嫌いじゃなかったため、取り組みやすいのも理由の一つです。偶然アパートの近くにスポーツジムがあり、そこで水泳もできるとのことだったので申し込みました。合わせて食事も少し制限していました。

スポンサーリンク

水泳ダイエットでどこが痩せたのかややった感想と効果はいつから出始めたのか?

【20代の主婦の女性】
痩せてきたなって思う部分は最初はお腹でした。効果は1日目からあったけれど、それが持続し始めたのは半月を過ぎた頃からだと思います。2週間目にしてある程度体重が一定しはじめて変動もなくなってきたなと感じました。お腹のつぎに腕あたりがスッキリしてきたなと感じました。やった後もお腹すいたとかもなかっまし、気持ちよくできたしで走ったりするよりも時間が短く感じたしそのあとも持続できたし食べなくなったのもやって良かったなと思いました。

【20代の会社員の男性】
全身痩せました。手も足も全身を動かしますので、筋トレみたいに一部だけとかではなく、きれいに全身の肉を落とせると思います。効果は1.2週間ですぐ出ました。泳いでいるときは、久々に泳いだのですごく楽しかったです。でも、終わったあとは、すごく疲れて家に帰ったらすぐに熟睡してしまいました。でも、それだけからだを使って痩せているんだなーと思うことができてよかったです。みんなには、痩せただけじゃなくて、体型も少しがっちりした気がすると言われたした。

【30代の主婦の女性】
全体的に痩せましたが、二の腕は特に細くなったように思います。どの泳ぎ方でも腕をたくさん使うので、よく筋肉痛にもなっていました。そのせいか、二の腕には効果が大きくでていたように思います。自分で気づいたのは2ヶ月ほど経ってからだと思います。夫には、1ヶ月経った辺りから、細くなった気がする!と言ってもらえていました。あとは、足もキュッと締まりました。腕と同じく足もかなり使うので、ふくらはぎや太ももが引き締まりました。

スポンサーリンク

水泳ダイエットのメニューや効果が出たやり方と頻度や時間とは?

【20代の主婦の女性】
週に1回で行ける日、暇な日は2回いってました。一回1時間ぐらいで、25mを歩いたり泳いだら自分のペースで行いました。

【20代の会社員の男性】
週に2回で1回でだいたい1時間くらい行ってました。基本クロールで泳いでいて、疲れたら休憩がてら平泳ぎをしていました。

【30代の主婦の女性】
週に2、3回、30分から1時間ほどでした。私はクロール、平泳ぎ、背泳ぎを好きなように繰り返していました。疲れたら歩くだけの時間も作りました。続かないと意味がないので、無理のないように自分に合った泳ぎ方や歩き方で取り組むことが大切だと思います。

スポンサーリンク

水泳ダイエット中の食事のメニューと食べるタイミングはいつだったのか?

【20代の主婦の女性】
メニューは主にお肉を中心にしていました。お魚は週に1回ぐらいにしていました。ご飯はあまり減らしてないけれどご飯一杯分でおさめておくようにしました。サラダももちろん食べれるときに食べていました。食べるタイミングはあまりきにしていなかったけれど、水泳が終わった30分の間にカロリーメイトとか少しだけ捕食する程度にしていました。ご飯の時間などはいつも合わせるようにしていました。アイスなどは食べないようにしました。

【20代の会社員の男性】
ありがちですが、運動をしたりサプリを飲んでるからと言って、油断していつもより食べてしまう人が多いと思います。ですから、そおならないように気をつけました。水泳後には、外食をしないよう心がけ、少しカロリーなんかも気にして、バランスよく食べていました。食べるタイミングはいつもと変わらずに、朝昼夜でした。カロリーの高いものは、夜ご夜ではなく昼に食べるように意識しました。特にラーメンや白米が大好きなので、夜には食べないようにしました。

【30代の主婦の女性】
朝と昼はあまり気にせず、普通の量を食べていました。夜だけ炭水化物を摂りませんでした。その代わりに、舞茸やもやしで作ったスープなど、低カロリーのものを摂るようにしていました。仕事終わりにジムに行って帰ってきてからだったので、20:00からだったと思います。あとは、間食はできる限り控えていました。小腹が空いても我慢したら、干し芋などの低カロリーなものを少しだけ食べたりと、気をつけるようにしていました。

スポンサーリンク

水泳ダイエットのデメリットや注意点は?

【20代の主婦の女性】
長く泳いでたりすると疲れは溜まるし、お腹空いた感覚もなくなるかとおもいます。そうやって脱水症状になるんだろうなとおもいました。だから脱水とかの面では注意しなくてはならないなと感じました。デメリットとしては、終わり濡れた髪を乾かしたり水着を洗ったりするのが大変だなと思いました。ジョギングとかなら普通や洗えるけれど手間がそこだけはかかるなと感じました。また、準備していかないといけないのもめんどくさいです。

【20代の会社員の男性】
水泳ダイエットの注意点としては、やはりまず水泳ダイエットをしているからと言って安心しないことです。ダイエットをしているからいつもより食べてもとか揚げ物でも大丈夫って言って食べてしまうと、水泳ダイエットをしている意味がありません。水泳ダイエットのデメリットとしては、そもそも家の近くにプールがなかったりとか、あったとしても、値段が高かったりすることであると思います。太っている人が、プールへ行くのは最初は少し躊躇いがあるかもしれません。

【30代の主婦の女性】
とても効果があるし、リフレッシュにもなるのでおすすめではあるのですが、水泳が得意ではない場合は注意が必要です。全ての運動に言えることではありますが、水泳は特に危険な面もあり、無理をすると命に関わることがあります。初めは無理せず、自分のできる範囲での運動量にすることが大切だと思います。また、デメリットとしては、準備が少しめんどくさいことです。タオルや水着など荷物が多くなることや、更衣室で水着に着替える面倒臭さはあると思います。また、洗濯物が増えるのも難点です。

スポンサーリンク

水泳ダイエットの実践のまとめ

【20代の主婦の女性】
私は水泳ダイエットを夏にやったので気持ちもよかったし、友達を誘って行えたりできたんですが冬場はそういった気にならないと思うし大変かなと思いました。大変だけどその分楽しかったりやってて、スッキリしたりするのでダイエットだけでなく気持ちの面でもリフレッシュして行うことができたので私はおすすめです。ただ、無理したり脱水症状だったり注意点もあるので気をつけていただけたらなと思いました。大変さもあるけど成果はついてきました。

【20代の会社員の男性】
私の水泳ダイエットは週に2回ほどで、1ヶ月で3.5キロほど、今まででは、ピークの80キロから68キロまで落ちています。やはり最初はお腹が出ているのでプールに行くのも恥ずかしかったですが、行ってみると同じような人か運動に来ているおばちゃんおじちゃんばかりなので、意外と平気でした。バリバリ泳いで、少しづつ痩せていくのが嬉しかったです。1番気をつけたのは何度か言いましたが、安心して食べすぎないようにすることです。水泳ダイエットをして、今までと同じ食事か今までよりも気をつけることが重要です。

【30代の主婦の女性】
私は水泳ダイエットで痩せることができたので、痩せたい方には特におすすめしたいです。泳ぎが苦手な方も、最初は歩くだけでもかなり疲れるので、ぜひ挑戦してみて欲しいと思います。毎日続けるのは難しいですが、週に2.3日、1時間ほど行くだけでも効果はあります。ただランニングマシーンで走るよりカロリー消費量も多いし、何より水の中を泳ぐのはとても気持ちがいいです。私は水泳ダイエットをやって本当によかったと思っています。

タイトルとURLをコピーしました