回復食にオートミールはだめ?いつからが良いのかと1日断食やプチ断食後はOKなのかも解説

スポンサーリンク

断食などの回復食にオートミールはだめなのかと聞かれると結論は不向きです。

その理由はオートミールが食物繊維が豊富で消化に時間がかかるため、空腹時に摂取すると胃腸に負担がかかるからなんですね。

ですが、2つのポイントに注意すれば回復食に使用することができますよ!

それは

・食べる時期
・食べる量

です。

この記事では、

・回復食にオートミールがだめな理由
・回復食のオートミールの注意点
・回復食のオートミールで豆乳を使用したレシピ
・回復食のオートミールのレシピ

をご紹介します。

回復食にオートミールを使ってもいいのか悩んでいる方向けの記事です。

また、これから断食を始めようとしている方は、回復食のオートミールのレシピをぜひ参考にしてくださいね。

⇒オートミールの2022年の最新売れ筋ランキングを見てみる‼【楽天】

スポンサーリンク

回復食にオートミールがだめな理由とは?いつからが良いのか解説‼

 
冒頭でも解説しましたが、断食の回復食にオートミールはだめなのでオススメできません。

オートミールは食物繊維が豊富ですが、その分消化に時間がかかります。

断食後の弱った胃腸にオートミールを摂取してしまうと、胃腸への負担が大きいです。

その結果、お腹を壊してしまったり、体調を崩してしまったりしまう可能性があります。

回復食にオートミールを使用する場合は、通常の食事に戻す前段階がよいでしょう。

1日断食の回復食にオートミールは大丈夫?

1日断食であっても、空腹時の胃腸にオートミールはあまりよくありません。

消化に時間がかかる食材を摂取してしまうと、胃腸が驚いてしまいます。

1日という短い期間であっても、回復食にオートミールを食べるのは控えましょう。

回復食にオートミールを食べる場合は2日目以降にごく少量から始めてくださいね。

プチ断食の回復食にオートミールはいいの?

プチ断食であれば、翌日にオートミールを食べることができます。

ただし、食べる場合は少量を夕食にしてくださいね。

胃腸が食事に慣れて消化機能も戻り始める頃なので、オートミールを摂取しても問題ないでしょう。

断食後の回復食でオートミールの注意点とは?

断食後の回復食にオートミールはあまりオススメできません。

どうしても回復食にオートミールを食べたい場合は、断食期間と同じ日数の回復食を摂ってから、オートミールへと移行させてください。

胃腸の働きが戻ってから摂取した方が、体の不調を防ぐことができます。

スポンサーリンク

回復食のオートミールに豆乳を使いたい場合は?

 
回復食のオートミールに豆乳を使いたい場合、オートミール30gに対して豆乳は100mlにしましょう。

豆乳は女性ホルモンを整える働きがあります。

コレステロールや糖質も含まれないので、牛乳を使用するなら豆乳の方がオススメです。

1日断食、プチ断食、通常の断食の各シチュエーションに合わせたレシピの提案をお願いします。

⇒豆乳の2022年の最新売れ筋ランキングを見てみる‼【楽天】

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピ①+レーズン

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピの1つ目はレーズンを追加するです。

全てを混ぜ合わせた後に加熱すると、サラッと食べられるデザート風の食事の完成です。

ドライフルーツは栄養価も高く、回復食に適しています。

中でもレーズンには鉄分や食物繊維が含まれており、オートミールにも合います。

食べるタイミングは1日断食の2日後におすすめの回復食です。

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピ②+岩塩

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピの2つ目は岩塩をプラスすることです。

豆乳を使用してオートミール粥を作った後に、岩塩で味を整えましょう。

岩塩はミネラルが豊富なため、体の不調を整えてくれます。

プチ断食では翌日から食べられるので、ぜひお試しください。

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピ③+バナナ

回復食のオートミールで豆乳を使ったおすすめレシピ3つ目はバナナを追加することです。

バナナを潰して豆乳を加え、オートミールも混ぜ合わせて加熱しましょう。

バナナの甘味が加わり、より食べやすくなります。

バナナには断食中に減少しやすいカリウムが豊富です。

摂取することで体調回復を促します。

通常の断食では、3日後に食べることができますよ!

スポンサーリンク

回復食のオートミールのおすすめレシピとは?

 
こちらは豆乳を使わない場合の1日断食、プチ断食、通常の断食の各シチュエーションに合わせたレシピのご提案をお願いします。

回復食のオートミールのおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

1日断食、プチ断食、通常断食の3パターンあるので、試してみてくださいね。

回復食のオートミールのおすすめレシピ①納豆粥

回復食のオートミールのおすすめレシピ1つ目は納豆を入れたお粥です。

オートミール30gと水150gを合わせてレンジで3分加熱し、オートミール粥を作ります。

味付けは納豆に添付されているタレではなく、お塩か少量の醤油で味をつけましょう。

納豆は回復食にふさわしい、タンパク質を多く含む食材で植物性タンパク質のため消化もしやすいため、回復食に向いています。

注意点は先ほどもお伝えしましたが、調味料はなるべく使用せず、ごく少量の醤油かお塩で整えてくださいね。

1日断食であれば翌日から食べることができますよ。

あと今はパックの納豆だけではなく、粉納豆と言うものも販売されています。

1さじで普通の納豆の約10パック分の納豆菌芽胞が入っているので、気軽に納豆菌を取り入れることができます。

回復食のオートミールのおすすめレシピ②梅干し粥

回復食のオートミールのおすすめレシピ2つ目は梅干しを追加したお粥です。

先ほどのオートミール粥に梅干しを乗せて完成です。

このレシピはプチ断食の回復食におすすめです。

プチ断食を行った翌日から食べられます。

梅干しにはミネラルが豊富に含まれており、体の不調を緩和してくれますよ。

調味料を加えなくても梅干しが味のアクセントになるので、味付けは不要です。

回復食のオートミールのおすすめレシピ③パンケーキ

回復食のオートミールのおすすめレシピ3つ目はパンケーキです。

オートミール大さじ1に豆乳を50ccと溶き卵大さじ1を加えます。

そこへ米粉を25g加えて、砂糖かハチミツで味を整えます。

全てを混ぜてフライパンで焼いたら、パンケーキの完成です。

通常の回復食の3日目以降に少量であれば食べられます。

小麦粉は消化に時間がかかるため、なるべく米粉を使用しましょう。

食感がもちっとして美味しいです。

そのまま食べても十分味はあるので、砂糖などは少量に抑えてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

 
回復食にオートミールがだめなのかについて解説しました。

オートミールは回復食に向いている食材ではありません。

しかし、ポイントに注意すれば回復食に使用することができます。

そのポイントとは

・食べる時期
・食べる量

です。

オートミールは食物繊維が豊富で消化に時間がかかるため、空腹時に摂取すると胃腸に負担がかかります。

そのため回復食の後半に摂取するのが望ましいです。

食べる量も少量から始めましょう。

断食期間に合わせたレシピもご紹介したので、回復食にオートミールを使用した方はぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました