雨で濡れたズボンを早く乾かす方法とは?コツはあるの?

スポンサーリンク

急な雨でズボンが濡れてしまった場合、今すぐに乾かしたいですよね。

この記事では冷えてしまう前に早く乾かす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ズボンを早く乾かす時にドライヤーを使っても大丈夫?

 
ズボンを早く乾かしたいときはドライヤーは有効です!

そのまま熱風を当てていっても良いのですが、一緒に使用するとより効果的なアイテムがあるんです!

それは、

・ビニール袋や紙袋
・タオルや新聞紙

です。

それぞれ説明していきますね。

・ビニール袋や紙袋

ズボンを袋の中に入れ、ドライヤーの風を送り込む方法です。

袋をぐるぐるとまわしながら行うことでより効果的に。

これ何かに似ていますよね?

そう!簡易衣類乾燥機を作り出すというわけです!

ビニール袋の場合は途中で出てくる水分を拭き取るか、裾に切り込みを入れて水分を出す必要があります。

紙袋の場合は紙が水分を吸い取ってくれるので問題ありません。

この方法の問題点はしわになること

スーツなどには少し方法を変える必要があります。

しわになってほしくないズボンはハンガーにかけるなどしてビニールを被せ、下からドライヤーをあてていきます。

温風を閉じ込めることが早く乾かすポイントになっています。

・タオルや新聞紙

続いてタオルや新聞紙

これらで衣類を挟んで温風を当てていきます。

タオルや新聞紙が水分を吸収してくれるのでより早く乾くというわけです。

新聞紙はくしゃくしゃに丸めたあとに使用すると吸収率がよりあがるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ドライヤーがない時の対処法は?

 
とはいっても外出先で濡れてしまった場合にはドライヤーなどないですよね。

タオルと新聞紙なら比較的手に入れやすいのではしょうか?

もしくは手持ちのハンカチでも構いません。

これらを使って水分を移すように押したたいて応急処置をしてください。

こすってしまうと衣類が傷んでしまったり、濡れている範囲をより広げてしまうことになりかねないので気を付けてくださいね。

また、新聞紙の場合はドライヤーのところで説明した通り、一度まるめてから使用することでより効果的になりますので是非試してみてください。

スポンサーリンク

デニムやジーンズが雨に濡れた時の乾かす方法は?

 
デニムやジーンズが濡れてしまった場合も上記のタオルや新聞紙を使用した応急処置を施してください。

ただデニム類は色落ちする可能性があります。

タオルやハンカチなどが色移りしてしまう可能性もあることを知っておいてくださいね。

また他の服やかばんなどの持ち物にも色移りの可能性があります。

取り扱いには注意してください。

デニムは帰宅後の処置が重要です。

濡れたまま放置することなく以下の手順でしっかりと乾かしましょう。

①おしゃれ着洗剤などを使用して洗濯する。
②干す前にしっかりと振って空気を含ませる。
③裏返す(ポケット内も乾かしやすくするため)。
④裾から吊り干しにする。

乾きにくいデニムですが、中まで風が通ることを意識して干すことが早く乾かすポイントですね。

スポンサーリンク

雨の日にズボンの裾が濡れる場合の対処方法は?

 
雨だと傘をさしていても濡れてしまうのがズボンの裾

実はこれ、歩き方を少し変えるだけでも濡れにくくなるんです!

そのポイントはこちら!

・かかとを蹴り上げない:水の跳ね返りを防ぐ。
・左右を離して歩く:跳ね返りが反対の足にいくのを防ぐ。
・内股気味にする:跳ね返りを外側に飛ばす。
・小さい歩幅で歩く:下からだけでなく上からの雨に濡れないようにする。

それでも濡れてしまうのが嫌な方はこれらのグッズがおすすめです。

・長靴
・雨よけカバー
・防水スプレー

最近では様々な便利グッズが販売されていますよね。

是非ご自分に合った対策方法を見つけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました