大根おろしダイエットのビフォーアフターと成功例とは?1週間で何キロ痩せたのかと1ヶ月続けた結果をご紹介‼

スポンサーリンク

この記事では、大根おろしダイエットを始めて1か月で3〜6キロ痩せたという3名の方に

・大根おろしダイエットのビフォーアフター
・大根おろしダイエットで痩せた理由
・大根おろしダイエットを始めたきっかけ
・大根おろしダイエットで痩せたやり方

など大根おろしダイエットについてアンケート方式で聞いて見ました。

スポンサーリンク

大根おろしダイエットで痩せた人の結果とビフォーアフターとは?

大根おろしダイエット1週間で何キロ痩せたのか?

【20代のフリーターの女性】
1週間で3キロ

【50代の会社員の男性】
1週間で1.5キロ

【40代の会社員の女性】
1週間で0.5キロ

大根おろしダイエット1か月で何キロ痩せたのか?

【20代のフリーターの女性】
1ヶ月で6キロ

【50代の会社員の男性】
1ヶ月で4キロ

【40代の会社員の女性】
1ケ月で3キロ

大根おろしダイエット1か月のビフォーアフターは?

【20代のフリーターの女性】
55キロ→49キロ

【50代の会社員の男性】
91キロ→86キロ

【40代の会社員の女性】
72キロ→69キロ

スポンサーリンク

大根おろしダイエットでなぜ痩せることが出来たのか?

 
【20代のフリーターの女性】
大根おろしダイエットの前に、ネットでどのようにするのが良いか勉強しました。大根おろしに含まれている成分は血行を良くするものもあり、代謝を良くする効果があったので、運動も併せて行い、かなり相乗効果をうみだすことが出来ました。メリットとしては、痩せるだけでなく、便秘解消やむくみなどを取ってくれたりして、健康に良い他の効果もあることです。また、大根おろしだけしか食べてはいけない、という制限をかけずに適度に行えるので、長続きしやすい点です。

【50代の会社員の男性】
私の体感だと、排便効果の高さが痩せられる事に繋がったのだと思います。なんといいますか食べたら出るって感じなんです。 一番大量の便が出たのは初日でしたけど、二日目以降も食べたら大体1~2時間後にお腹がゴロゴロなってトイレへ。 特に夕食は大量の大根おろしを食べるからか、夕食後はほぼトイレへ行ってました。 食べたものがすぐ排出されることで、食べ物から得られるカロリーも少なくなったのでは?と思っています。体内に残っていると搾り取ろうとしますけど、なかったら搾り取れませんから。この排便効果の高さが理由でありメリットだと思います。

【40代の会社員の女性】
朝は朝ご飯代わりに大根おろしを入れた白湯を飲み、夜は夕ご飯を食べる前に大根おろしを先に食べてすこしお腹に入れて腹八分にするように心がけていました。食事の量としては減らしていましたが、無理に制限するわけではなく食べる量に気をつけていただけだったのでストレスは感じませんでした。大根おろしを食べ始めてから便秘が解消され、夕方になると起こっていた足と顔のむくみがなくなり体が軽くなったことがとてもうれしいことでした。

大根おろしダイエットをやろうとしたきっかけや理由は?

【20代のフリーターの女性】
友人が大根おろしダイエットをやっており、もともと100キロ以上ある女の子が目に見えて痩せてきていたので、興味を持ちました。その友人は1ヶ月で20キロ痩せたと言っていて、すごいと思いました。わたしが太ってしまったことを相談すると、一度やってみたらどうかと言われ、大根おろしダイエットを一緒に始めることにしました。以前からテレビやネットで大根おろしの栄養などが健康に良いと言われているのを知っていたので、根拠があるなと思えたのも理由です。

【50代の会社員の男性】
当時ダイエットをしようと思って鍋を食べ始めたのですが、その具材に大根も入れていました。 すると大根だけが減らないんです。 他の具材と同じような煮込み時間にするためには薄くスライスしないといけません。すると大根はなかなか消費されず、痛んでしまいます。 私は一人暮らしなのでそのまま廃棄する事もありました。そこで効率良く大根を消費する為に大根をおろして食べるように。 お鍋の薬味として、冷ややっこを食べる時にも使ったりし、大根おろしを大量に食べる大根おろしダイエットを始めました。

【40代の会社員の女性】
生まれてからぽっちゃり体型で過ごしてきたのでダイエットの歴史は古く流行りのものはだいたい取り入れてきたのですが、なかなか痩せることができずに悩んでいたところ、近所の人が大根おろしを毎日食べていたら特に食事制限をしたわけでもないのにするすると体重が落ち体の調子も良くなったと聞きつけ、ちょうど家族が趣味で家庭菜園をしており大根も作っていたのでこれはもう始めるしかないと思い大根おろしダイエットに取り掛かりました。

大根ダイエットをやった感想と効果はいつから出始めたのか?

【20代のフリーターの女性】
大根おろしダイエットをやった感想は、やって良かったと思いました。大根おろしダイエットの最大の長所はただ痩せるだけでなく、健康に良いことで、わたしは便秘気味だったのですが、快便になりました。調べた所、大根は食物繊維が多く、それが便秘の改善に繋がったみたいでした。大根おろしダイエットで体重が減り始めたのは初めて3日くらいです。1キロ減るのには1週間ほどかかりました。整腸効果は2週間くらいで出始めたと思います。

【50代の会社員の男性】
大根おろしダイエットの効果は当日から出ました。 どのような効果が出たかといいますと、食べた当日から大量の便が出るようになったんです。 食べてから1時間もすればお腹がゴロゴロと鳴り出します。 なんかお腹が鳴ってるな~と思っていたら、強い便意を感じました。 トイレへ行ってみたら、これでもか!というぐらいの便がドバっと出たんです。 排便効果の高さに驚きました。 二日目からは便の量は普通よりやや多い程度になりましたけど、赤茶色のやわらかい便がスーっと出てくれるので排便がとても楽。 大根おろし凄い!と驚きました。

【40代の会社員の女性】
大根おろしを食べ始めてから1週間たってもなかなか体重は減らず、自分には合っていないのではないかと半分あきらめていたのですが、まあ大根はあるし体にもいいからと思い直ししばらく続けていたところ、2週間目くらいからまず便通が良くなり、きつかった洋服が普通に入るようになってきて驚いていたら足と顔のむくみが取れてきて見た目にほっそりしたなと実感するようになりました。体重は3週間目からだんだん減ってきて1ケ月で3キロ瘦せることができました。

スポンサーリンク

大根おろしダイエットで痩せた人のレシピと効果的な量はどのくらいだったのか?

大根おろしダイエットで痩せた人のレシピとは?

【20代のフリーターの女性】
よく一緒に合わせて食べたのは唐揚げと焼き魚、チキンソテーなどです。他は単体で大根おろしを食べていました。唐揚げは大根を下ろして水気を切って、唐揚げに盛り付けます。焼き魚やチキンソテーなども同様です。大根おろしは茹でたり焼いたり、熱すると良い栄養が抜けてしまうので、サラダに盛り付けてキャベツやレタスと食べたりして、冷えたまま食べていました。大根おろしは味が薄くなりがちなので、唐揚げなどはにんにくチューブや塩こしょうで鶏肉にしっかりら味をつけて揚げていました。

【50代の会社員の男性】
食べ方ですが、基本的に鍋に合わせる事がほとんどでした。 お鍋は寄せ鍋やちゃんこ鍋等のあっさり目の味のスープを選び、それらをポンズにつけて食べます。 その際大根おろしも一緒に頂くという感じです。 あとは冷ややっこですね。 これは夕食のような決まった時間に食べるのではなく、夜食や休日お昼の間食として食べていました。 豆腐に刻み葱、粉カツオ、醤油をかけ、そこに大根おろしも食べていました。 特に粉カツオを多くすると大根おろしの風味がアップし、より美味しくなりました。

【40代の会社員の女性】
大根おろしにおからパウダーを入れてオリーブオイルと酢と醤油を混ぜたドレッシングをかけてサラダとして食べたり、口さみしい時はお湯や紅茶に大根おろしを汁ごと入れてはちみつと一緒に飲んだりしていました。お味噌汁に大根おろしを入れたり野菜炒めにいれたり普段の食事にも取り入れていました。少しお腹が空いたときは大根おろしを絞ってはちみつとおからパウダーをまぜて油をひかずにフライパンで焼いてクッキーもどきとして食べていました。

大根おろしはいつどのくらいの量を食べたのか?

【20代のフリーターの女性】
朝は大根おろしに醤油を漬けてそのまま食べました。量は大根4分の1くらいです。昼は食べませんでした。夕食で焼き魚に大根おろしを付けて一緒に食べました。量は3分の1くらいです。唐揚げなどと一緒に食べることもありました。夜食でお酒のつまみに醤油漬けの大根おろしを食べることもありました。大根5分の1くらいです。

【50代の会社員の男性】
大根おろしを食べていたのは、基本夕食です。 お鍋を食べる際、大根おろしをかなり多めに用意して食べていました。 そしてたまに間食をした時も大根おろしを食べるようにしていました。 間食といってお菓子等は食べず、豆腐をサっと茹でてポンズにつけて頂いたり、豆腐に醤油と刻み葱と粉カツオと大根おろしをつけて冷ややっことして食べたりという感じです。 量ですが、夕食時は1/6本分ぐらい、間食時は1/10本分ぐらいです。

【40代の会社員の女性】
朝ご飯を食べる代わりに白湯のなかに大根おろしを入れて飲み、夜は大根おろしを食べてから夕ご飯を食べていました。大根おろしの量としては夜は200グラム位を食べており、朝は50グラムくらいの大根おろしの白湯を飲んでいました。間食としては紅茶に入れて飲んだり、コーンフレークに入れて食べたりしていました。大根を下ろした時に出る汁もいっしょに飲んでいました。

スポンサーリンク

大根おろしダイエットのデメリットや注意点は?

 
【20代のフリーターの女性】
大根おろしの身体に良い栄養素は茹でたり焼いたりして加熱するとダメになってしまうので、そのまま食べなければいけません。また、皮にもビタミンなどが多く含まれているので、皮ごと落とさないと摂取できる栄養が減ってしまいます。また、食べすぎると胃などが荒れてしまうので、300グラム程度におさえないといけません。

【50代の会社員の男性】
大根おろしダイエットの注意点ですが、作り置きが出来ないという点です。 食べる直前にすりおろして頂くようにしましょう。 というのも大根って空気に触れると痛んでいくので、すりおろすと痛むのも早くなってしまいます。 特にお鍋のように食べる時間が長いものと一緒に食べる時は直前にすりおろし、少しでも新鮮な状態で頂く事にしましょう。デメリットは排便です。これはメリットでもあるんですが、出先で強い便意を感じたら大変です。いつでもトイレいけるような場所で実行するようにしてください。

【40代の会社員の女性】
大根おろしは食事の邪魔にならず、いつでも取り入れることができるのでとても長続きしたダイエット方法でした。飽きも来ないのでダイエット終了後も少し食べすぎたなと感じた時に取り入れていました。大根おろしを冷たいまま汁ごと飲んだり食べたりすると、辛みのあるものだと少し胃が痛くなったりお腹が緩くなったりしたのでなるべく温めたり調理したりして食べていました。

スポンサーリンク

大根おろしダイエットの実践のまとめ

 
【20代のフリーターの女性】
大根をすり下ろすのがかなり大変でしたが、慣れると案外簡単で、身体に良いのでコンスタントに続けられたのが良かったです。味が薄くてメインディッシュにも合いやすいので食べやすかったです。初めは効果が薄いかも、と思っていましたが、一ヶ月二ヶ月と続けていくと、とても効果があり、ハッキリ数字でも見た目でも痩せることが出来たので、かなりおすすめできます。

【50代の会社員の男性】
大根おろしダイエットを実践する為のまとめですが、まず大根おろし単体を食べるのではなく、薬味とし食べるようにしましょう。 そして量は気持ち多めで。 次に食べる直前に大根をおろすようにしましょう。 痛みやすいので、出来るだけ新鮮な状態で食べられるように。 後はトイレの確保です。 大根おろしを大量に摂取するとお腹が緩くなりやすいので、すぐトイレへ行ける自宅等で行う事をおすすめします。

【40代の会社員の女性】
大根おろしは体にもよく料理のじゃまにもならないのでとても使いやすく続けやすいダイエット方法でした。味は淡白なので飽きがこないように工夫しながら楽しく痩せることができ、ダイエット終了後も便秘解消や健康のために今も食べたりしています。顔や足のむくみが取れたことや便秘解消も本当にうれしかったですし、楽しくダイエットできたと感じています。

タイトルとURLをコピーしました