ダイソーのセンサーライトの売り場はどこ?売ってないのは売り切れで在庫状況も調査‼

スポンサーリンク

様々なところで活用でき、コスパの良さで人気のダイソーのセンサーライトが、今店頭品薄状態のようです。

また、ダイソーのセンサーライトには、スティックタイプや目玉型にスクエアタイプなどいくつかの種類があります。

いずれも電気小物売り場やインテリアコーナーで手に入りますよ!

ダイソーネットストアでも在庫切れ状態で、店頭でも確認がとれないこともしばしば。

ですが、2022年4月時点で購入したと言う声もあり、廃盤になったわけではなさそうです。

そこで今回はダイソーのセンサーライトの

・売り場
・在庫状況
・おすすめの代用品
・寿命
・明るさ
・消費電力や電池の必要数
・口コミ情報

についてまとめましたのでご紹介していきます。

防犯に役立てることもできるアイテムなので、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ダイソーのセンサーライトの売り場はどこ?

ダイソーのセンサーライトは

・インテリアコーナー
・電気小物コーナー

にて見つけることができます。

電気小物コーナーであれば、電球などのそばにあることが多いようです。

ダイソーのセンサーライトは売り切れで売ってないことがあるの?在庫状況は?

ダイソーのセンサーライトは店舗によっては品薄状況になっています。

実際何店舗か調べましたが、近隣の店舗では販売の確認が取れませんでした。

ただ、今現在でもまだ取り扱いはあるようです。

実際に2022年3. 4月時点で、購入したという声がちらほら見られました。

今日はダイソーでブルーシートとセンサーライトを購入。
グランドシート持ってるし要らないかなーって思ってたけど、サイズが270×270(260×260)で絶妙でした。
センサーライトはセンサー部が覆われてると反応しないけど、それ以外の感度は良く、幕を開けたら点灯みたいな感じで使えそう pic.twitter.com/zKMupIovZD

— |ヮ’){ tie2 (@tie2) March 28, 2022

久し振りに100均で小物類を買出し。DAISOは幅広く置いてあって、プラの小分けケースはSeriaのが小さくてギボシ入れに丁度良かった🤗 LEDセンサーライトも試し買い💡#seria#DAISO pic.twitter.com/DJFB1LGd1B

— Gump_Nonki (@Hobby_nonki) March 25, 2022

ダイソーの公式オンラインショップ『ダイソーネットストア』でも、在庫なしではありますが、スクエアタイプのセンサーライトが2022年4月現在取り扱い中であることが確認できました。

多くはないものの購入できたという声もちらほら見られるので、何店舗かはしごしてみたらゲットできる可能性はありそうですね。

ダイソーのセンサーライトが売ってない時の通販でのおすすめの代用品は?

ダイソーのセンサーライトがどうしても手に入らない場合、ダイソー商品よりは値段が上がってしまいますがネット通販でもセンサーライトの購入ができます。

ちなみに通販サイトでお得にセンサーライトをお買い物する秘訣は、忘れないうちにとりあえずカート(お買い物かご)に入れておき、ポイントアップ日やタイムセールに買うと良いですよ!

楽天やヤフーショッピングの場合、毎月ポイントアップ日があり、その時のお買い物で通常よりもポイントが沢山もらえますし、Amazonの場合も定期的に割引のセールを行っています。

また、通販サイトでは同じショップ内で一定の金額のお買い物をすると送料無料になることが多いので、ポイントアップ日やタイムセールに合わせて色々な商品をまとめ買いすると更にお得にお買い物が出来るのでおすすめです。

●オーム電機 LED明暗人感センサー式ナイトライト NIT-ALA6JSQ-WN 06-0148 OHM
サイズ:高さ70mm・幅70㎜・奥行40㎜(プラグ含む)
明るさ:約45ルーメン

LEDライトで明るく、向きを変えることで明るくしたい方向を変えることができます。

\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場

●センサーライト 人感センサー マグネット

サイズ:210㎜×16㎜×17㎜

センサーモードと手動点灯の切り替えが可能。

USBで充電ができ、取り付け用のマグネットも内蔵されています。

両面テープも付属しているので、マグネットでつかないところでも使用が可能です。

●人感センサーライト 2個セット

サイズ:直径80㎜×20㎜

こちらもマグネット内蔵。

設置用の鉄片シール付きで、鉄製でない箇所にも簡単に設置ができます。

あなたにあったお買い物サイトを探してみましょう。

スポンサーリンク

ダイソーのセンサーライトの寿命や明るさとは?

500円以内で購入できコスパが良いとなれば、やはり気になるのは性能ですよね。

今度はいくつかあるダイソーのセンサーライトの性能について、ご紹介していきます。

ダイソーのセンサーライトの寿命

ダイソーのセンサーライトには、電子を使用するものとコンセントに直接差し込むものの2タイプがあります。

《電池式》

【LEDセンサーライト開閉式(100円)】
【センサーライトスクエアタイプ(300円)】
【センサーライトスティックタイプ(300円)】
【センサーライト目玉タイプ(500円)】

いずれもどれくらい持つかは使用する電池にもよるので、寿命は確認できませんでした。

《コンセントタイプ》

【LEDセンサー付きナイトライト(200円)】
【LEDセンサー付ナイトライト(300円)】

こちらはコンセントに直接差し込んで電源を取るタイプなので、電池切れを気にせずに使用が可能です。

ダイソーのセンサーライトの明るさ

ダイソーのセンサーライトには、特に明るさの単位などの表示はなさそうです。

ですが暗いということはなく、かなり明るいという声が多く見られます。

スティックタイプに関しては、逆に明るすぎて夜目にきついということで、マスキングテープを貼ったという方も見られました。

明るさに関してはどの商品も心配いらなそうですね。

ダイソーのセンサーライトの点灯時間

ダイソーのセンサーライトの点灯時間は以下の通りです。

【LEDセンサーライト開閉式(100円)】

設置した扉が開いている間、点灯します。

トータル点灯時間:約6時間

【センサーライトスクエアタイプ(300円)】

点灯時間:約30秒

【センサーライトスティックタイプ(300円)】

点灯時間:約30秒

【センサーライト目玉タイプ(500円)】

点灯時間:約30秒

【LEDセンサー付きナイトライト(200円)】
【LEDセンサー付ナイトライト(300円)】

ナイトライトは200円、300円ともに明暗センサーのみ。

暗い間はずっと自動点灯しています。

トータルの点灯時間はどちらも確認できませんでした。

ダイソーのセンサーライトの電気代

安く買えても電気代が高くついてしまっては、意味がありませんよね。

電気代の計算は

『1時間あたりの消費電力(kW)×使用時間(h)×料金単価(円/kWh)』

電気単価はお宅それぞれなので、電気代計算に必要な消費電力や必要な電池量についてまとめて紹介していきます。

【LEDセンサーライト開閉式(100円)】
LR−44(AG13) 3個

【センサーライトスクエアタイプ(300円)】
単4電池 3本

【センサーライトスティックタイプ(300円)】
単4電池 3本

【センサーライト目玉タイプ(500円)】
単4電池 3本

【LEDセンサー付きナイトライト(200円)】
消費電力不明

【LEDセンサー付ナイトライト(300円)】
消費電力1W

いずれにせよ電池代、電気代共にそんなにはかからないようです。

ランニングコストが少ないのも、嬉しい限りですよね。

スポンサーリンク

ダイソーのセンサーライトの使い方は?

ダイソーセンサーライトは通常通り屋内での使用以外にも、意外なところで活用が可能!

どんなところで活躍するか、紹介していきますね。

ダイソーのセンサーライトの使い方①屋外やキャンプ

ダイソーのセンサーライトは、電池電源のものもあるので屋外やキャンプでの使用も可能!

特にキャンプでは料理などの作業時に常時点灯モードで照明として、就寝時は人感センサーで野生動物や人に対しての防犯対策として、活躍してくれますよ。

ダイソーのセンサーライトの使い方②クーラーボックス

ダイソーのセンサーライトスティックタイプは、夜暗い中でも楽にクーラーボックスの中を照らす照明として利用できます。

設置方法は簡単。

【準備するもの】

・ダイソーセンサーライトスティックタイプ(300円)
・セリアマグネット用取り付けミニパネル(100円)

いずれの材料も、100均で揃えることができます。

また、ミニパネルはセンサーライトをクーラーボックスに設置するために使うため、両面テープなどでも代用が可能です。

【設置方法】

①ミニパネルをクーラーボックスの内蓋に貼り付ける。

②ダイソーのセンサーライトスティックタイプは、背面に磁石が付いているので、後はミニパネルのところに貼り付けるだけ。

これだけでクーラーボックスを開ける度に明かりがつく、便利な照明に早変わり!

スポンサーリンク

ダイソーのセンサーライトの口コミとは?

ダイソーのセンサーライトの良い口コミ

ダイソーのセンサーライトには

『思った以上に明るい』
『500円以下で手に入ってコスパが良い』
『様々なところで活用できる』

と言う声が確認できました。

ダイソーのセンサーライトは100均の商品と侮ることなかれ、しっかりと明るくしっかりと光源として利用ができます。

100円〜500円と安価で手に入るのも、嬉しいところですよね。

また、ダイソーのセンサーライトには明暗・人感・開閉式といろんな種類があり、活用場所も様々。

屋外での防犯対策はもちろん、屋内だけでも夜間用の通路の照明や停電時の非常灯を始め、クローゼットやキッチン収納の中に設置する方もいるようですよ!

ダイソーのセンサーライトをおすすめ出来る人は?

ダイソーのセンサーライトは

『低価格でセンサーライトを揃えたい』
『お金はかけたくないけど、ちょっと防犯対策したい』

ダイソーのセンサーライトは、どれも500円以下という低価格で購入ができます。

そのため夜間の照明や防犯対策の一環として、いくつかセンサーライトが欲しいという方にうってつけ!

防犯対策というと結構お金がかかってしまうイメージがありますが、ダイソー商品で手頃にできるのであれば嬉しいですよね。

ダイソーのセンサーライトのいまいちな口コミ

逆にダイソーのセンサーライトには

『照明が明るすぎる』
『スイッチがなく、手動に切り替えできない』
『電池の交換が面倒くさい』

という声も確認できました。

ダイソーのセンサーライトは明るさがきつい、という声も見られました。

確かに真っ暗な夜に、強烈な光は辛いかもしれません。

そんな時はライト部分にマスキングテープを張れば、簡単に明るさを抑えて淡い光に変えることができますよ。

基本的にセンサーでの点灯のみで手動点灯のスイッチはないため、幅広く利用できず不便と感じる方もいるようですね。

また、ダイソーのセンサーライトには電池式のものが多く、電池交換が手間で面倒くさいという声もありました。

ダイソーのセンサーライトをおすすめ出来ない人は?

ダイソーのセンサーライトは

『電池交換するのが面倒くさい』
『手動点灯も使いたい』

という方には少し不向きかもしれません。

ダイソーのセンサーライトはたいはんが電池タイプのもの。

そのためいずれは電池交換のタイミングがあり、それが面倒と感じる方もいるようです。

ただ使用する電池にもよりますが、大体1年以上は持つという声が多く見られました。

頻繁に変えなければ変えなければならないわけではなさそうですね。

それでも面倒だと思う方には、ダイソーの【LEDセンサー付きナイトライト(200円)(300円)】がおすすめ!

人感センサーではなく明暗センサーだけになってしまいますが、コンセントから電源を取れるため電池替えの手間もありませんよ。

また、手動点灯はないものの、常時点灯に切り替えることができるタイプもあります。

センサー点灯にしたくないところで使用する場合には、この切り替え可能なタイプを使ってみてください!

スポンサーリンク

まとめ

ダイソーのセンサーライトは

・電気小物
・インテリア

コーナーにて販売中。

2022年4月時点で購入したという声もあり、今でも販売中のようです。

人感・明暗・開閉式と様々なタイプのセンサーライトがあり、どれも明るさなど性能も十分でコスパも良いアイテムですよ。

夜間の照明だけではなく、キャンプ時の防災などにも役立てることが!

便利なアイテムなので、見つけたら是非使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました