玄米フレークダイエットのビフォーアフターと成功例とは?1週間で何キロ痩せたのかと1ヶ月続けた結果をご紹介‼

スポンサーリンク

この記事では、玄米フレークダイエットを始めて1か月で3〜4キロ痩せたという3名の方に

・玄米フレークダイエットのビフォーアフター
・玄米フレークダイエットで痩せた理由
・玄米フレークダイエットを始めたきっかけ
・玄米フレークダイエットで痩せたやり方

など玄米フレークダイエットについてアンケート方式で聞いて見ました。

スポンサーリンク

玄米フレークダイエットで痩せた人の結果とビフォーアフターとは?

玄米フレークダイエット1週間で何キロ痩せたのか?

【50代パートの女性】
1週間で500g

【70代の男性】
1週間で約1キロ

【30代の主婦の女性】
1週間で約1キロ

玄米フレークダイエット1か月で何キロ痩せたのか?

【50代パートの女性】
1か月で4キロ

【70代の男性】
1か月で3キロ

【30代の主婦の女性】
1ヶ月で3キロ

玄米フレークダイエット1ヶ月のビフォーアフターとは?

【50代パートの女性】
52キロ→48キロ

【70代の男性】
73キロ→70キロ

【30代の主婦の女性】
55キロ→52キロ

スポンサーリンク

玄米フレークダイエットでなぜ痩せることが出来たのか?メリットは?

 
【50代パートの女性】
玄米フレークダイエットを始めるまで、甘い物がやめられずにいました。普通の食事は食べすぎていなかったので、太っていたのは糖質のせいだったと思います。玄米フレークは砂糖が入っていないので、それまでの砂糖漬けの体から抜け出すことができました。これが痩せた一番の理由です。また、食物繊維が豊富なので便秘解消にも役立ちました。毎日スッキリすることで、それまでの下腹ポッコリが解消されました。玄米フレークでダイエットすると、健康的に痩せられるというメリットがあります。

【70代の男性】
一つの理由は、健康のため長生きのために絶対に痩せるという信念があったからだと思っています。以前全部失敗したのは、健康に対して真剣に考えていなかったからです。今回は、背水の陣で臨んだからです。それとやはり、ケロッグの玄米フレークのおかげです。この玄米フレークは毎日食べ続けても飽きが来ないのが良かったと思います。3か月以上食べ続けていますが、飽きません。玄米フレークのおかげで健康体を取り戻すことができました。

【30代の主婦の女性】
玄米フレークダイエットでなぜ痩せることが出来たのかといと、まず味が美味しいので無理なく続けられやすかったからだと思います。玄米だと食べ過ぎてしまいましたが、玄米フレークはおなかの中で膨れるのか少量で満足できた点も体重減少につながったように思います。また、玄米に多く含まれている栄養素(ビタミン類や食物繊維など)によって、便通がよくなったり、代謝があがったことで体重減少につながっていたようにも思います。

玄米フレークダイエットをやろうとしたきっかけや理由とは?

【50代パートの女性】
今年のお正月に食べすぎて、人生最大に太ってしまったことがキッカケです。不精者なので、何か簡単に痩せられることを探していたところ、友人が玄米フレークを食べてダイエットしていると聞きました。友人は、玄米フレークをアレンジしてスイーツを作ったりしており、甘い物が大好きな自分でもこれなら痩せられるのではと思い挑戦してみました。玄米フレークの成分表を見てみると、思っていたより栄養価が高く砂糖も入っていないと知りやる気が出ました。

【70代の男性】
2月に退職して家でゴロゴロしているうちに太りだしました。これでは健康に良くないということで、ダイエットに挑戦しました。以前もダイエットに挑戦したことはあります。断食ダイエットや、玉ねぎダイエットなどいろいろ挑戦しましたがすべて失敗しました。今回は何とか成功させようと色々なダイエット法を探していました。ネットで調べたら、玄米フレークダイエットが見つかりました。玄米イコール健康というイメージもあり始めました。

【30代の主婦の女性】
玄米ご飯が好きで、よく食べていたのですが、美味しくて食べ過ぎて太ってしまったため、玄米の風味や成分が同じような主食になるご飯を探していました。そこで、ダイエット口コミサイトなどを見ているなかで、玄米フレークダイエットというものを知り、結構ダイエットに成功されている方が多いことやフレークなので甘くしたり、しょっぱくしたりと飽きずに続けられると思いました。また、スーパーで手軽に変えるので継続できると思ったからです。

玄米フレークダイエットをやった感想と効果がいつから出始めたのか?

【50代パートの女性】
今年お正月明けから、玄米フレークでダイエットをしています。まず最初に、それまで食べていたおやつを玄米フレークに置き換えてみたところ、1週間で500g体重が減りました。500gというと大したことがないと思われるかもしれませんが、それまで全く体重が減らなかったので、自分としては快挙です。おやつから朝食に替えると、ますます痩せ始め念願の40キロ台まで落とすことに成功しました。40キロ台になったのは10年ぶりなので、驚きの効果です。

【70代の男性】
玄米フレークダイエットは、体に負担がかからないように感じます。空腹感もそれほど強くなく自然に取り組んでいます。今までのダイエット法は、どことなく悲壮感を持ってやっていたのですが、玄米フレークダイエットは精神的にもかなり解放された状態で進められます。効果が出始めたのは、1週間で1キロ減量できたので最初の週からです。しかし本格的に効果が実感できたのは、2か月を過ぎるころからです。私のベスト体重は、68キロですが、2か月目あたりからベスト体重の68キロに近づきました。

【30代の主婦の女性】
2022年1月から2022年3月まで3か月玄米フレークダイエットをしました。最初は朝食を玄米ご飯から玄米フレークに変えることからスタートしました。味はとてもおいしく、そのままでも食べれますが、栄養バランスも考えて牛乳をかけたり、フルーツをのせたりして食べていました。1週間ほどすると便通も良くなり、おなかのぽっこりが少し改善されていました。1週間以降は少し増えた日だけ夜も玄米フレークにするなどしながら過ごし、3か月で無理なく2キロ減らすことができました。

スポンサーリンク

玄米フレークダイエットで痩せた人のレシピと効果的な量はどのくらいだったのか?

玄米フレークはどのメーカーの種類を食べていたのか?

【50代パートの女性】
ケロッグ玄米フレークです。選んだ理由は、スーパーで簡単に手に入れることが出来るという点です。味も癖がなく続けやすく、アレンジしやすいと思います。

【70代の男性】
ケロッグ玄米フレークです。スーパーにケロッグしか置いてなかったのでこれにしました。またケロッグの商品をいつも購入していたからです。甘くないを購入したので食べやすかった。

【30代の主婦の女性】
有機玄米フレークでアマゾンの口コミが良く、実際に食べた方でこちらの商品が美味しくて続けやすいとのことでしたのでこちらを使用しました。

玄米フレークダイエットで痩せた人のレシピとは?

【50代パートの女性】
甘い物が好きなので、おやつ代わりに食べることが多いです。良く作るレシピは、玄米フレークにバナナ・ココア・牛乳・オリゴ糖を入れて混ぜるだけという物です。すべて体に良いものなのに、美味しくておやつにピッタリ。また、ヨーグルトに玄米フレークとブルーベリージャムを乗せるだけという簡単な物。忙しい朝の朝食によく食べています。レタス・アボカド・トマトに玄米フレークを入れ、ドレッシングをかけてサラダとして食べても美味しいです。

【70代の男性】
玄米フレークと牛乳を混ぜて基本毎日飲んでいます。あとは妻に卵焼きに入れて作ってもらっています。ご飯に同じ量を入れて食べることもあります。あと良く作るのは、玄米フレーク入りの餃子です。ハンバーグに玄米フレークを入れる時は、玉ねぎだけでひき肉は入れません。味はともかく健康にはいいと思います。あと変則ですが、酢も健康に良いので酢に溶かして玄米フレークドリンクとして飲むことがあります。しかしこれはあまりお勧めできません。

【30代の主婦の女性】
玄米フレークダイエットで美味しいのに痩せることが出来たアレンジレシピは、甘い系でいうと牛乳をかけて玄米の味をそのまま楽しむのも良いですし、スキムミルクというパウダーをかけても美味しいです。また、牛乳の中にコーヒをー入れたり、抹茶やココアなどを入れても味変できますし、楽しめていいと思います。また、玄米フレークを砕いて、その中に卵を入れてクッキーにしても美味しいですし、パウンドケーキの上にまぶしても、カリカリパウンドケーキができて美味しかったです。

玄米フレークはいつどのくらいの量を食べたのか?

【50代パートの女性】
間食として食べるときは200gくらいで、1日1回だけと決めています。バナナを入れたり、ヨーグルトを入れればそれなりに満足感があります。朝食で食べるときは、300gくらい食べてしまいます。食物繊維が豊富で砂糖が入っていないので、300g食べても問題はないかと思います。たまに朝食にも間食にも食べてしまう時がありますが、体重が増えることはなかったです。

【70代の男性】
最初の2か月間は朝と昼を玄米フレークで過ごしました。食べる量は茶碗2杯分をめどに、それ以上食べることもありました。最初は玄米フレークだけでは辛かったのですが慣れると何とも思わなくなりました。とにかく夕食までに口に入れるものは、水以外には玄米フレークだけで頑張りました。夕食の時は玄米フレークは食べませんでした。

【30代の主婦の女性】
朝に250gを毎日食べていました。食べ方は、牛乳をかけてそのまま食べることが多かったですが、少し飽きたなと思ったら、味変して楽しんだりしていました。また、朝に食欲が湧かず食べられなかったときは、昼に食べれるようにタッパに250g入れて、職場でお皿に移して市販の豆乳などをかけて食べていました。おやつとしては週に1度ほどクッキーにして物を5枚ほど食べ、体重が増えた日のみ夜250g玄米フレークを食べていました。

玄米フレークダイエットのデメリットや注意点は?

【50代パートの女性】
デメリットはズバリ飽きてくることです。いろいろアレンジをして食べるようにしていますが、飽きてしまいます。また、玄米フレークは食物繊維が豊富なのは良いのですが、少々胃に負担になると感じることがあります。軽く食べられてしまうのですが、思っている以上に消化に悪いようです。朝食べ過ぎると、仕事中に胃が痛くなる事があるので注意が必要だと感じています。

【70代の男性】
玄米フレークの注意点はないと思います。ただ私の場合便秘と下痢を繰り返す体質でしたので玄米フレークの食べ過ぎを心配したのですが、逆にお通じが自然なものになりました。有り難かったです。あとは、何事も過ぎたるは及ばざる如しという諺通り、あまりの食べ過ぎはやはり控えた方が良いと思っています。しかしずっと食べ続けることも必要です。

【30代の主婦の女性】
玄米フレークダイエットの注意点やデメリットは、玄米フレークは食物繊維が豊富なので食べ過ぎるとおなかを壊してしまう人や逆に便秘になってしまう人がいるそうです。なので、ダイエットを始める人はまず少量からはじめて体に合っているかどうか確かめながらダイエットするほうが良いと思いました。また、デメリットとしては、人によっては味が苦手であったり、美味しくないと感じる人もいるように思います。なので、せっかく購入しても美味しくなくて続けれないといったことがデメリットかと思います。

スポンサーリンク

玄米フレークダイエットの実践のまとめ

 
【50代パートの女性】
玄米フレークはクセがなく、おやつにも食事にもとることが出来るので、ダイエットとして続けやすいと思います。栄養価が高いので、健康的に痩せることが出来るのも良い点です。おやつとして食べることが出来るので、間食がやめられない方にピッタリなダイエットといえるでしょう。おすすめは、朝食に食べる事。便秘解消にもなって一石二鳥です。

【70代の男性】
とにかく自分のスタイルに合った食べ方を続けることが一番大切です。人それぞれに合った食べ方があるので、自分流の食べ方を早く見つけることです。それがダイエットに成功する一番の近道です。そして一度決めたら自分流を信じて最後まで続けることです。また迷う時が必ずありますが、頑固に続けること、これが一番です。がんばりましょう。

【30代の主婦の女性】
玄米フレークダイエットの実践のまとめは、1日今食べてる食事を玄米フレークに置き換えることで、総摂取カロリーを減らすことで体重減少に繋げる。なので、美味しいからといって食べ過ぎないように注しなくてはいけません。また、同じ味であきないように自分なりに工夫して味を変えながら毎日続けることが大切だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました