野菜炒めダイエットで成功して痩せたの口コミとは?味付けや効果が出るまでの期間もご紹介‼

スポンサーリンク

この記事では、野菜炒めダイエットを始めて1か月で2〜3キロ痩せたという3名の方に

・野菜炒めダイエットのビフォーアフター
・野菜炒めダイエットで痩せた理由
・野菜炒めダイエットを始めたきっかけ
・野菜炒めダイエットで痩せたやり方

など野菜炒めダイエットについてアンケート方式で調査した結果をご紹介しています。

スポンサーリンク

野菜炒めダイエット1ヶ月で痩せた人の結果とビフォーアフター

 

野菜炒めダイエット1週間で何キロ痩せたのか?

【20代の会社員の女性】
1週間で1キロです。
【30代の会社員の男性】
1週間で1キロです。
【20代の学生の男性】
1週間で0.5キロです。

野菜炒めダイエット1ヶ月で何キロ痩せたのか?

【20代の会社員の女性】
1ヶ月で3キロです。
【30代の会社員の男性】
1ヶ月で2キロです。

 

【20代の学生の男性】
1ヶ月で2キロです。

野菜炒めダイエット1ヶ月のビフォーアフターは?

【20代の会社員の女性】
50キロ→47キロです。
【30代の会社員の男性】
65キロ→63キロです。
【20代の学生の男性】
80キロ→72キロです。
スポンサーリンク

野菜炒めダイエット1ヶ月でなぜで痩せることが出来たのか?痩せた理由は?

 

【20代の会社員の女性】
継続して野菜ばかり食べていたので、自然と痩せていきました。続けられたことが1番の成果が出た秘訣だと思います。続けるためになるべく味変をすることを頑張りました。塩胡椒味がメインでしたが、その他にもポン酢味や和風顆粒だし味など、調味料を工夫して飽きないようにしました。また味付けをなるべく薄くして、白米を食べすぎないようにしていました。
【30代の会社員の男性】
一つ目には全体の食事のバランスが良くなったことが関係していると思います。それまでの食事は脂質と炭水化物の割合が大きかったので、空腹の分を糖質と脂質で埋めようとしていました。それを糖質の核となるお米をなるべく後から食べることにしました。それによって脂質と糖質を野菜炒めで置き換えるような形になったことが痩せる要因となったと思います。
【20代の学生の男性】
わたしが痩せることができた理由として考えられるのは、咀嚼回数の上昇による満腹中枢の刺激による満腹感の強さだと考えました。また野菜の調理方法を脂溶性ビタミン・水溶性ビタミンの特性を活かし、適切な調理を行いました。このダイエットのメリットは、野菜の組み合わせで飽きずに続けられること、また味付けも多彩に行えることです。

野菜炒めダイエット1ヶ月で痩せた人のやろうとしたきっかけや理由とは?

【20代の会社員の女性】
お金に困っていてかつ痩せたかったので、野菜炒めを作ることで両方叶えられると思いやっていました。基本的にはモヤシをメインにした炒め物を作っていました。たまに100円以下で買えるその他の野菜を追加したり、卵で閉じたり、少量の鶏肉を入れて味に変化を持たせるようにしていました。よくテレビの芸人が売れない時代にモヤシ炒めを食べていたというのを見ていたので、ダイエットかつ節約をするなら野菜炒めをするのが良いと刷り込まれていました。
【30代の会社員の男性】
どこの局で見たかは忘れましたが、テレビで流れているのを見て気になって始めました。30代も後半になってから太りやすくなりました。家族からも太ったと言われてしまい、自分でもそんなに食べているという意識はなかったです。それでは変わらないので、野菜を多く食べてみようと思って始めてみました。昼食も炭水化物が多く野菜が足りていなかったのでそこで改善できないかと考えました。全体的な食事の量を減らす方が早いのかもしれませんが、それはなかなかストレスなのでできることから始めてみようと思いました。
【20代の学生の男性】
私自身栄養学について大学で学んでおり、学んだことを活かし実践してみようと思い始めました。また来年から就職するため、栄養指導をする側の人間が体型を管理できていなければ、相談者の方も納得できないし、信頼もしてくれないと思い決心しました。野菜炒めダイエットの他にも普段から食べている食事について秤量法を用いて栄養計算を行い、カロリーを減らすだけでなく、ビタミンやミネラル、タンパク質が不足しないように心がけました。
スポンサーリンク

野菜炒めダイエット1ヶ月で痩せた人のやった感想とは?効果はいつから出始めたのか?

 

【20代の会社員の女性】
効果は1週間以内には出ました。比較的早かったと思います。それまでも節約のためにマックを食べたりコンビニで安いモノを食べるような生活だったので、そこから野菜炒めを中心に食べるようにしたら、かなり早い段階で効果が出始めました。またファストフードばかり食べてた頃より便通がよくなり身体が軽くなる感覚がありました。腹持ちはそれほどよくないので、4時間後くらいにはお腹が空いてしまいます。なるべく早めに夜寝るようにして空腹を感じないようにしていました。
【30代の会社員の男性】
基本的に飽きることはありませんでした。幸いなことに私は比較的同じようなメニューが続いても問題ない性格なのでそれが良かったのかもしれません。まだ全体的な食事のボリュームを下げることができていないので、成果があまり出ていないと思います。ただし、ここまで続けることができたのは全体のボリュームをあまりいじることなく、糖質と脂質を大量に接種していた部分を野菜炒めに置き換えることができたので辛くなかったです。
【20代の学生の男性】
最初は特に変化は見られませんでしたが、開始から二週間経過したときにいつもよりズボンが入りやすく感じました。また食生活の面でも普段は間食を摂らないと夕食の時間まで空腹を我慢できませんでしたが、一か月ほど経ったころから間食の摂取回数が明らかに減り始めました。飽きることは特にありませんでした。味付けや野菜の組み合わせは多彩で、旬の野菜を取り入れることで味だけでなく、豊富な栄養も摂れるため、最後まで飽きずに行うことができました。

野菜炒めダイエットではどんな味付けや油で調理をして食べていたのか?その味付けや油を選んだ理由とメニューのレパートリーは?

【20代の会社員の女性】
塩胡椒が定番でしたが、ポン酢や醤油もよく作りました。白だしをかけたり、柚子胡椒をつけるのも美味しかったです。油は普通のヘルシーオイルを使っていました。本当はオリーブオイルを使いたかったですが高くて買えませんでした。
【30代の会社員の男性】
最初は塩胡椒で食べていました。その後中華のような味付けに変化していきましたが、葉物が多い時はオリーブオイルと塩で炒めるのが一番美味しいと感じるようになりました。このオリーブオイルと塩の組み合わせが一番飽きがこない味付けだと感じるようになりました。
【20代の学生の男性】
塩とサラダ油が一番おいしいです。どんな野菜にも合います。焼肉のたれ・油なし:野菜の水分を利用して作ります。火の通りやすい葉物野菜。ピリ辛(豆板醤)・ゴマ油:辛みを利用することで塩分濃度を低くすることができます。カットする野菜を細くすることで味が全体にまんべんなく広がります。
スポンサーリンク

野菜炒めダイエットで1ヶ月で痩せた人の食べ方やレシピとは?

 

【20代の会社員の女性】
モヤシとシーチキンとピーマンを炒めて、醤油をかけて食べるのが1番なオススメです。180円ほどかかるので、がっつりお腹が空いているときに作って食べていました。シーチキンや卵を入れるのは、タンパク質を取れるのでオススメです。やはり野菜だけだと栄養に偏りが出ますので、タンパク質は補えるとバランスがいいと思います。
【30代の会社員の男性】
あまり動物性の脂の割合を増やしたくなかったので、タンパク質は鶏肉を中心にしました。鶏胸肉を低温調理でハムにしておいて、それを細かくして野菜炒めに加えていました。ピーマン、にんじん、キャベツの組み合わせが好きなので、鶏肉と合わせて調理しました。ピーマンの代わりにパプリカを加えることもあります。味付けは塩とオリーブオイルです。
【20代の学生の男性】
材料はもやし、にんじん、ピーマン、豚小間切れ、焼肉のタレです。作り方は人参、ピーマンは2mm程度の細切りにする。ニンジンは電子レンジで3分間温めをしておく。フライパンに下からもやし、豚小間、にんじん、ピーマンの順に載せていく。上から塩を二つまみかける。火は弱めの中火にする。蓋をして5分間ゆっくりと加熱し、一度中をさっくりと混ぜる。野菜から水分が出て肉に火が入ったら上から焼肉のタレをかける。タレにとろみがつき始めたら完成です。

野菜炒めダイエット1ヶ月で痩せた人の食べるタイミングとは?いつどのくらいの量を食べたのか?

【20代の会社員の女性】
朝、食パン。昼、おにぎり。夜、野菜炒めと白米と味噌汁。野菜炒めは一食100gぐらいだったと思います。味噌汁をお湯多めで飲むことで胃がタプタプして満腹感を味わうことが出来ました。野菜炒めもモヤシなどで傘増しすると、見た目がたくさんあるので視覚情報からお腹がいっぱいになる気がしました。満腹感はあったと思います。
【30代の会社員の男性】
お弁当用に朝作るので、朝食と昼食と夕食に食べるようになりました。朝食と昼食ではおよそ100グラムずつになります。夕食では野菜で満腹感を出すためにメインのおかずになるようにしますので200グラム以上とっていることになります。だいたい200グラム以上を野菜炒めでとることができれば、食事の後に空腹を感じることはありません。
【20代の学生の男性】
毎週月曜、水曜、金曜の昼食と夕食。昼食を用意するときにあらかじめ二人前つくり、夕食時はそれをレンジで温めてたべました。量は一食につき野菜とお肉の重量の合計およそ130gです。満腹感は野菜炒めとごはん、味噌汁、煮物などの副菜を食べていました。一食の満腹感は十分でした。多く食べすぎてしまうときは、一緒にお酒を飲んでいるときだったので、野菜炒めの日は禁酒していました。
スポンサーリンク

野菜炒めダイエットのデメリットや注意点は?

 

【20代の会社員の女性】
長時間炒めると水分が抜けて野菜が小さくなってしまって満腹感を味わいにくい。油は少なめで調理しても大丈夫。モヤシから結構な水分が出てくるので焦げ付いたりすることは少ないため、油少なめにしていた。野菜だけを炒めて食べていると、鉄分が不足してフラフラすることがあった。魚や肉などの要素を少し入れてあげることが大切。
【30代の会社員の男性】
他人に勧めるときのアドバイスとしては、味付けが単調になりすぎないことを伝えます。また飽きてきたときに脂を増やしたような味付けにしてしまうとあまり意味がなくなってしまうので注意が必要です。味にコクが出るのでラードを入れたくなりますが、それをやってしまうと最終的なカロリーが上がってしまうので成果が出にくくなり、結果として続かなくなると思います。
【20代の学生の男性】
注意点は塩分の摂取過多です。野菜から水分が出ることで調味料がうすまってしまいます。炒めていくうちに水分は蒸発してしまうので、味付けはちょっとうすいくらいにしておくことが必要です。油の吸収は葉物の野菜は特に油を吸収してしまうため油の種類をMCTオイルに変えるなどしましょう。あらかじめ下茹でorレンジで温めてから炒めるようにする。デメリットは野菜の高騰です。野菜の収穫不良によって野菜の価格が高騰している傾向がありますので地域のスーパーの地域産のコーナーを利用する。
スポンサーリンク

野菜炒めダイエット1ヶ月で痩せた人の実践のまとめ

 

【20代の会社員の女性】
健康的に痩せることが出来ました。便通も良くなるので体内から体質が改善され脂肪が落ちていったと思います。お財布にも優しいダイエット法なので、節約も兼ねてやりたい人にオススメです。野菜も値上がりしていますが、おつとめ品などを探せば100円以下でも色々な野菜が買えるのでそういうので味変をしながらこのダイエット法を試してみていただきたいです。
【30代の会社員の男性】
野菜炒めを実践した結果、ほんの少し体重が減りました。体重といった切り口では小さな成果でしたが、全体として食事のバランスがよくなりました。食生活が変わることによって肌の調子がよくなったり、睡眠の質が改善されたりといった副産物も生まれました。ボリュームを野菜に置き換えることによって空腹感を誤魔化すことなく向き合うことができたので持続性のある食事制限の方法になったと感じています。
【20代の学生の男性】
野菜といわれると健康な食べもののイメージが強いですが、ちゃんとした量や調理方法を知らなければその効果を受けることはできません。その点、野菜炒めは野菜の調理方法としてはとても理にかなっています。油でいためることによって脂溶性ビタミンの吸収効率が上昇し、カロリーを抑えるだけでなく、ビタミンA・D・E・Kの摂取もできます。