スポンサーリンク

宇都宮餃子と普通の餃子の違いとは!?何が違うのかその特徴を解説

スポンサーリンク

宇都宮市といえば、餃子!

⇒宇都宮餃子をお取り寄せされる方はコチラから【楽天】

お店も多く、観光しに行けば、絶対食べたい料理ですよね。

それではなぜ、宇都宮市が餃子の町になったのでしょうか?

その理由は戦時中に陸軍第14師団が、満州に出兵したことで、餃子を知り、帰郷後その餃子を広めたことが始まりと言われています。

ここでは、

・宇都宮市の餃子と普通の違い
・特徴や歴史
・宇都宮餃子の種類とお店の特徴

を紹介していきます。

スポンサーリンク

宇都宮餃子と普通の餃子の違いとは?何が違うの?

 
宇都宮餃子の最大の特徴は、野菜が多く入っており、その野菜の中心が、白菜であるということです。

もともとの中国の餃子が、白菜中心なので、基本に忠実な餃子といえます。

野菜が多いので、さっぱりとしていて、食べたら次、また次と進んでしまいます。

肉が少ない分、皮や焼き方にこだわっているところが多く、表面がパリッとし、皮にしっかりと弾力が残っているのも宇都宮餃子の特徴です。

お店の特徴としては、専門店が多く、焼き餃子と水餃子のみのお店も多いので、それだけ餃子にこだわっているお店が多いことが分かります。

1人前の値段が安いことが多く、手軽に食べられるのも魅力の一つですね!

スポンサーリンク

宇都宮餃子の種類とお店の特徴とは?

 
現在宇都宮市には、85店舗ほどの餃子店があります。

それぞれ個性がある美味しい餃子店の中で、特におすすめの4店をご紹介します!

宇都宮餃子の種類とお店の特徴①宇都宮みんみん

宇都宮餃子といえば「宇都宮みんみん」と言われるほど、有名なお店です。

宇都宮みんみんも餃子専門店でヤキ(焼き餃子)スイ(水餃子)アゲ(揚げ餃子)の3種類です。

野菜が多く、野菜の旨味が引き立った餃子です。

皮は薄く、少しパリッとした食感を味わえます。

宇都宮地区に22店舗、その他を合わせると31店舗あり、宇都宮を代表するお店です。

宇都宮餃子の種類とお店の特徴②正嗣の餃子

こちらも宇都宮代表をする餃子店です。

正嗣は、焼き餃子と水餃子の2つのみの提供で、ビールやごはんもメニューにはありません。

それほどギョーザに、こだわっており、ギョーザを美味しく食べてほしいという思いが強いです。

野菜がたっぷりで、皮は薄く、やみつきになる味わいが人気になっています。

創業当時からの鉄鍋で、焼いているので、打ち粉がギョーザの焼き目にパリパリの香ばしい羽根ができるのが、特徴です。

食べログやランキングでも、常に上位で人気が高いお店でもあります。

宇都宮餃子の種類とお店の特徴③青源

青源は、徳川時代初期に創始された味噌屋さんで、現在も通販でみそと餃子を売っていますよ!

店舗で餃子を食べる際も、王道の焼き餃子と水餃子に加えて、青源オリジナルのネギ味噌餃子を、味わうことが出来ます。

ネギ味噌餃子は、小ネギの輪切りがたっぷりかかった上に、味噌だれかかっています。

ネギ味噌餃子相性が良く、青源でしか食べれない味ですね。

焼き餃子にも、専用の味噌たれがあるので、にんにくの効いた餃子と味噌たれで、新しい餃子の味を発見できます。

青源では、餃子とは別に、極上味噌おむすびというメニューがあり、こちらも大人気です!

宇都宮餃子の種類とお店の特徴④餃天童

皮に特徴がある餃天童の餃子。

皮が厚めで、もちもちの食感を味わえます。

水餃子の皮には、ほうれん草が練りこまれているので、緑色をしていますが、食べやすく、子供も大好きです。

焼き餃子も、マヨネーズと一味での食べ方をおススメしており、焦げ目がついた部分はパリッと、上の方はもちもち、マヨネーズと一味が、相性よく何個でも食べれます。

スポンサーリンク

宇都宮餃子でどこに行くか迷ったら「来らっせ」へ

 
宇都宮駅近くだけでも、何店舗もある餃子専門店。

どこに行けばいいのか迷ったら、「来らっせ」に行くのがおすすめです!

「来らっせ」には、「宇都宮みんみん」「めんめん」「香蘭」「龍門」「さつき」5店舗が、常設店舗として、出店しています。

また日替わり店舗では、30種類のギョーザを日替わりで、出しており、1皿で5店舗分のギョーザを味わえる「盛り合わせ」もあります。

冷凍餃子や餃子グッズもあるので、お土産を購入する場所としても、最適です。

スポンサーリンク

宇都宮市の餃子の歴史と人気の理由

 
満州に出兵した兵士たちが、満州でおいしさを知り、宇都宮市に戻って、広まった餃子ですが、宇都宮市で餃子が人気になった理由がほかにもあります。

宇都宮市は餃子に欠かせないニラが、全国で生産量第1位2位を争っています。

材料があること、また宇都宮市は、夏暑く冬寒い内陸型気候の為、スタミナをつけるために餃子人気が高まったともいわれています。

1990年に、宇都宮市が餃子購入量1位になったこともあり、餃子の町として町おこしを行い始めました。

観光協会が、餃子マップを作ったり、餃子店が集まって「宇都宮餃子会」を発足させたりなど町ぐるみで取り組み、全国的に有名な餃子の町になったのです。

スポンサーリンク

まとめ

 
宇都宮餃子の歴史は、戦時中からあり、長い年月でそれぞれのお店がこだわりと、熱い思いをもって美味しい餃子を作ってきたことが分かります。

おすすめに出したお店や来らっせでも、餃子の通販をしているので、次回の放送で食べてみたくなった方は、ぜひお取り寄せして、味わってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました