PR

ウルトラライトダウンが暖かくないと感じるのはなぜ?着方やお手入れ方法が原因なのか調査!!

記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

「ウルトラライトダウン」の暖かさについて、多くの人が疑問を持っているかもしれません。

インターネットやSNS上で、このような意見がよく見られます。

ウルトラライトダウンを購入して後悔している方もいるかもしれませんが、その前にいくつかの点を考慮してみてください。

実は、「ウルトラライトダウン」は、都市生活に適した高品質なダウンジャケットです。

それでも寒さを感じる場合、以下の理由が考えられます。

・ウルトラライトダウンの効果的な着こなしをしていない
・ウルトラライトダウンのサイズが合っていない
・ウルトラライトダウンの洗濯方法が間違っている
・所有しているウルトラライトダウンが古い(5年以上)

これらのポイントについて、この記事で詳しく解説します。

ウルトラライトダウンの暖かさに疑問を持ち、購入をためらっている方へ。

この記事では、ウルトラライトダウンの機能を最大限に活かすための着こなし方やサイズの選び方についてご紹介します。

この記事を読めば、自分にぴったりのウルトラライトダウンを選ぶことができるでしょう。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンが暖かくないと感じる理由とその対策

 
ウルトラライトダウンを含むダウンジャケットの機能を最大限に活用するには、正しい着こなしとサイズ選びが重要です。

間違ったインナーの選び方は、ダウンジャケットの機能を低下させる原因になります。

また、サイズが合っていないと、高機能のダウンジャケットであっても十分な暖かさを感じられないことがあります。

ダウンジャケットの着こなしの基本は以下の通りです。

・ダウンジャケットの下には最小限のインナーを着る
・ダウンジャケットは体にぴったりとフィットするサイズを選ぶ

これらのポイントについて、さらに詳しく解説します。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンのを着こなすにはインナーは最小限にする!

 
ダウンジャケットを着る際は、インナーを最小限にしましょう。

ダウンは体温を吸収して膨らみ、暖かさを保つための空気の層を作ります。

しかし、ダウンが体から離れすぎると、その機能は十分に発揮されません。

「ダウンジャケットを着ているのに寒い」と感じる場合は、着こなしを見直してみましょう。

例えば、最初にヒートテックのような薄手のインナーを着て、その上にウルトラライトダウンを着るのが理想的です。

さらに寒い場合は、上にアウターを重ねることをお勧めします。

ダウンを濡らさないでください!

ダウンは濡れるとその機能を失います。

ウルトラライトダウンには撥水機能がありますが、強い雨には対応できません。

濡れたダウンは保温性を失い、体温を奪う原因となります。

撥水と防水は異なるので、過信せずに注意しましょう。

スポンサーリンク

軽量ダウンジャケットの選択と着こなしのコツ

 
軽量ダウンジャケットを選ぶ際、サイズ選びが非常に重要です。

体に合ったサイズを選ぶことで、ダウンの保温性が高まります。

ダウンは体の熱を吸収して膨らむ性質があるため、体に合ったサイズを選ぶことが、暖かさを保つ鍵となります。

一方で、サイズが大きすぎると、袖や裾から冷たい風が入り込みやすくなり、寒さを感じやすくなります。

また、軽量ダウンジャケットは着丈が短めに設計されていることが多いので、動きやすさと保温性のバランスを考えて選ぶことが大切です。

軽量ダウンジャケットの着こなし方も重要です。

例えば、薄手のインナーの上にダウンジャケットを着て、さらに外側に別のアウターを重ねることで、保温性を高めることができます。

この方法は少し着膨れする可能性がありますが、寒さ対策としては効果的です。

スポンサーリンク

軽量ダウンジャケットのケア方法

 
軽量ダウンジャケットのお手入れは、その機能を長持ちさせるために重要です。

洗濯方法を間違えると、ダウンの膨らみが失われ、保温性が低下する恐れがあります。

正しい洗濯方法を守ることで、ダウンの性能を維持しましょう。

また、定期的な洗濯を怠ると、汗や湿気による汚れがダウンに蓄積し、性能を低下させる原因になります。

適切なケアと定期的な洗濯で、ダウンジャケットを長く快適に使用することができます。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンのお手入れ方法について

 
ウルトラライトダウンを洗う際のポイントは以下の通りです。

・洗濯は40℃以下の水温で行い、手洗いをお勧めします。
・漂白剤の使用は避けてください。
・タンブル乾燥はしないでください。
・日陰での干し方が最適です。
・アイロンは使用しないでください。
・ドライクリーニングも避けるべきです。

ウルトラライトダウンを長持ちさせるためには、手洗いと日陰干しが重要です。

手洗いの手順は以下のようになります。

1. 襟や袖口など汚れやすい部分を外側にして折り畳みます。2. 40℃以下のぬるま湯を洗面器に溜め、洗剤を溶かします。

3. ダウンジャケットを浸し、軽く押し洗いをします(約30回繰り返す)。

4. 水を切る際は、絞らずに軽く押すだけにします。

5. すすぎは2回行い、2回目には柔軟剤を加えます。

6. バスタオルで包んで水分を吸い取ります。

7. 厚手のハンガーで日陰干しします。

8. 形を整えて、室内で2~3日間干します(内部も完全に乾かします)。

9. 肩部分を持ち、軽く振ります。

10. 肩と裾を持ち、空気を含ませながら軽く振り、ふんわりと仕上げます。

11. 防水スプレーをかけて完成です。

洗浄やすすぎは、押し洗いで行ってください。

脱水時には、ダウンを押して水分を取り除きますが、絞ったりもんだりするとダウンが傷む原因になります。

脱水は少し手間がかかるかもしれません。

バスタオル1枚では足りない場合もありますので、その際は洗濯機を使っても良いでしょう。

ただし、洗濯機で脱水する場合は1分以内に終わらせてください。

スポンサーリンク

洗濯でつぶれたウルトラライトダウンの復活方法

 
洗濯でつぶれてしまったウルトラライトダウンを諦める必要はありません。

復活させる方法があります。

ウェットクリーニングが可能なクリーニング店に相談してみましょう。

ダウンのクリーニングに長けている店なら、元の状態に戻すことが可能です。

スポンサーリンク

古いウルトラライトダウンの性能について

 
最新のウルトラライトダウンはフィルパワー750の高品質なものですが、約5年前のモデルはフィルパワー640でした。

600フィルパワー以上であれば、都市部での使用には十分ですが、アウトドアでの夜間など低温環境では、新しいモデルと比べて暖かさに差を感じることがあります。

そのため、5年以上前のモデルを持っている場合、最新のものと比べると暖かさが少ない可能性があります。

スポンサーリンク

フィルパワーとは?

 
フィルパワーは、1オンスのダウンを特定のシリンダーに入れ、一定の重さをかけた時の膨らみを測る数値です。

これは、ダウンが圧力に対してどれだけ元の状態に戻ろうとするかを数値化したものです。

数値が高いほど、より多くの空気を含み、保温性が高いことを意味します。

ダウンジャケットのフィルパワーと選び方

フィルパワーの数値が実際の着用感にどう影響するかは、一見すると理解しにくいかもしれません。

ここでは、フィルパワーの異なるレベルと、それぞれに適した使用シーンを紹介します。

フィルパワー500

これは標準的なフィルパワーで、現代のダウンジャケットの中では少し低めです。

室内と屋外を頻繁に行き来するような職業の方には、このレベルが最適です。

フィルパワーが高すぎると、過剰な暖かさで不快に感じることもあります。

フィルパワー600

これは高品質なダウンの基準とされるフィルパワーです。

都市部での日常使用には、このレベルで十分と言えます。

フィルパワー700

これは高性能ダウンの基準とされるフィルパワーです。

アウトドア活動にはこのレベルが適していますが、都市部で使用すると少し暑く感じることがあります。

フィルパワー1000

これは最高レベルのフィルパワーで、特に登山用ダウンジャケットなどに使用されます。

例えば、mont-bellのダウンでは、フィルパワー1000はフィルパワー550の約1.8倍の暖かさを提供します。

一般的にはフィルパワー600で十分ですが、寒冷地や寒さに敏感な方はフィルパワー700を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンの特徴

 
ウルトラライトダウンは、その軽さから暖かくないと感じる方もいるかもしれませんが、実は非常に優れた性能を持っています。

主な特徴は以下の通りです。

・フィルパワー750以上
・中わた構成:ダウン90%、フェザー10%

フィルパワー700以上のダウンは、一般的に高品質とされています。

また、中わたのダウンとフェザーの比率において、ダウンの割合が高いほど、暖かさと品質が向上します。

ウルトラライトダウンはフィルパワー700以上で、90%がダウンで構成されており、高性能なダウンジャケットと言えます。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンとアウトドアブランドのダウンの違い

 
同じフィルパワーでも、アウトドアブランドのダウンジャケットの方が暖かい場合があります。

これは、アウトドアブランドの製品が防寒に特化しているためです。

具体的な違いは以下のような点にあります。

・着丈が長めで腰が露出しにくい
・ファスナーの裏に生地があり、風の侵入を防ぐ
・ファスナーのジップが顎に当たらない設計
・手袋をしていても操作しやすいファスナーのジップ
・袖口の隙間が最小限になるよう設計

これらの細かな違いは、街中ではあまり感じられないかもしれませんが、晩秋のキャンプや登山では大きな差となります。

スポンサーリンク

まとめ

 
ウルトラライトダウンが暖かくないと感じる主な理由は、ジャケットの着こなしやサイズ選びにあります。

ダウンは体の熱を吸収して膨らむため、体に近い方が効果的です。

重ね着の上にウルトラライトダウンを着るよりも、パーカーなどの下に着る方が暖かいです。

また、サイズが大きすぎると、体とダウンの間に風が入り込み、寒く感じることがあります。

ピッタリとしたサイズを選び、隙間を最小限にすることが重要です。

ウルトラライトダウンを洗濯機で洗うと、ダウンがつぶれてしまい、本来の性能が発揮されなくなることがあります。

定期的な適切なお手入れが必要です。

ウルトラライトダウンは年々改良されており、現行モデルは5年前のものよりもフィルパワーが向上しています。

古いモデルを着用していると、新しいモデルを着用している人と比べて寒さを感じることがあるかもしれません。

ウルトラライトダウンの着こなしを見直し、暖かく過ごしましょう。

新しいウルトラライトダウンを購入する際は、ピッタリとしたサイズを選ぶことをお勧めします。

error: Content is protected !!