スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021の平日と休日別混雑情報!期間や時間も解説

スポンサーリンク

今年の冬もドイツ・ドレスデン発祥の伝統的なクリスマスマーケットをモチーフにした『東京クリスマスマーケット2021in日比谷公園』が開催されます。

イベントシンボルでもある巨大なクリスマスピラミッドやヨーロッパ風のクリスマスの飾り付けの中、ホットワインやドイツの伝統的なフードを楽しむことができます。

この記事では、東京クリスマスマーケット2021の開催時期見どころ、過去の口コミを踏まえた混雑状況などについて詳しく紹介していきます。

是非、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021の平日・休日別混雑情報

イベント開催時でなくても日常的に人手が見られる日比谷公園

イベント、しかも混みやすいクリスマスシーズンとなると、やはり気になるのはその混雑状況ですね。

過去の口コミなどを踏まえて、混雑状況のリサーチをしました!

平日の混雑情報

例年の口コミを見ると

『平日の昼間なのに結構賑わっている』

『平日19時に来たが、人混みも少なく快適に楽しめた』

という声が見られました。

イベント時以外の口コミでも平日の昼は人が多いという声もあったので、平日日中は少し混み合う可能性があります。

また、今年はまだ発表がありませんが、昨年はコロナ対策として整理券配布による入場制限もあったようです。

平日の混雑を避けるポイントは?

昨年同様であれば、平日は16時頃から入場制限の整理券配布をされる可能性があります。

2019年以前の様子を見ても平日はお昼は少し混み合うようですが、夜は整理券がなくなることもなく快適に楽しめそうです。

ただ、会社帰りに寄る方も多いので、平日でも金曜日は混雑が予想されます。

混雑を避けたい方は金曜日以外の夜がおすすめです。

休日の混雑情報

昨年同様、土日は全日整理券が配布される可能性が高いです。

昨年口コミを見ると『整理券をもらうのに3時間かかった』という声もありました。

特に今年は12月24、25日が金曜、土曜なので、ともに終日混雑が予想されます。

休日の混雑を避けるポイント

会場内、というよりも整理券配布時に混雑します。

クリスマス当日以外の休日でも整理券待ちはあるので、少し早めに会場に行くようにしましょう。

また、昨年のクリスマスでは18時半頃には整理券の配布が終了していたようです。

今年はクリスマスが土日なため、昨年より混雑する可能性が高いです。

クリスマス頃の夜来場予定の方でも日中の内に来場するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021の注意すべき事とは?

昨年の口コミで

『整理券配布の案内がなかった』

『整理券配布が入場口と反対だった』

という声がありました。

時間に余裕があるようであれば、早めに来て、どこで整理券を配っているかあらかじめ場所の確認をすることがおすすめです。

会場内はヒーターが設置されていますが、とはいえ12月。

夜は寒くなるので、しっかりと防寒対策をしていきましょう!

日中でもクリスマスピラミッドは見ることができるので、お子様連れの方は明るいうちに遊びに行くのがおすすめです!

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021の期間を徹底解説

開催期間:2021年12月10日(金)~2021年12月25日(土)

営業時間:

初日16:00〜22:00(LO21:30)
全日 11:00〜22:00(LO21:30)

場 所:日比谷公園 噴水広場

〒100−0012

東京都千代田区日比谷公園1−2
Googlemap:https://goo.gl/maps/umxMPaKhY3vBdTyj6

入場料金:1,000円(オリジナルマグカップノベルティ付き)

東京クリスマスマーケット2021の見どころは?

本場ドイツのクリスマスマーケットをモチーフとしたイベントである『東京クリスマスマーケット2021in日比谷公園』

綺麗なイルミネーションや可愛い飾り付けや雑貨に囲まれながら、美味しいホットドリンクや食べ物を味わうことができます。

数ある見どころは下記の通りです。

《クリスマスピラミッド》

イベントのシンボルとも言える本場ドイツから運ばれた高さ14mの回転式クリスマスピラミッド。

6段構成になっており、それぞれの台にモチーフの異なる木工人形が飾られています。とてもファンタジックな光景ですね。

《クリスマスモチーフで飾られたヒュッテ》

ヨーロッパ・アルプス各地で見られる小屋・ヒュッテに雪だるまやサンタ、トナカイなどの装飾が飾られます。

夜はライトアップもされ、暖かい雰囲気に包まれます。

ヒュッテでは飲食16店舗、雑貨11店舗のお店が並び、ワインにハーブや蜂蜜、ベリーを加えて煮た『グリューワイン』をはじめとするホットドリンクや、ビールにアイスバイン、ドイツ料理の定番であるソーセージなど本場の味が楽しめるほか、くるみ割り人形や木製オーナメントなど本場ドイツの木工芸品を買うことができます。

また、バンドやゴスペルなどのライブパフォーマンスもあり、粘土で作られたキリスト生誕の大型ジオラマなど、日本のクリスマスではあまり見ることができない光景が広がります。

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021へのアクセス方法

電車のアクセス

「霞ヶ関駅(東京メトロ丸の内線)」B2出口すぐ

「日比谷駅(東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線)」A10出口、A14出口すぐ

シャトルバスの有無

シャトルバスの運行はありません

最寄駅出口をでてすぐなので、シャトルバスはなくても問題ありませんよ!

車のアクセス

「霞が関(首都都心環状線)」から約3分

「銀座(首都都心環状線)」から約6分

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケット2021の周辺駐車場情報

日比谷公園には無料ではありませんが、敷地内に駐車場が完備されています。

400台以上の収容台数がありますが、混雑している時には満車になることもあるため周辺の駐車場状況と合わせて駐車場情報をまとめていきます!

有料駐車場情報

 

駐車場名時間料金備考
1日比谷駐車場

東京都千代田区

日比谷公園1

24時間300円/25分

8:00〜2:00

150円/25分

22:00〜8:00

最大料金

2700円

収容台数463台

タイムズクラブ会員優待あり

2タイムズ東急

プラザ銀座

東京都中央区

銀座5−2

24時間310円/30分

最大料金

1,500円

収容台数174台

日比谷公園まで徒歩約8分

3タイムズヒューリックスクエア東京

東京都千代田区

有楽町2−2

9:30〜

22:00

330円/30分

最大料金

1,600円

収容台数24台

日比谷公園まで徒歩約5分

少し離れていますが、銀座方面に行けばもう少し最大料金の安い駐車場もありますね。

24時間のところもあるので、少しでも安くしたい方は銀座方面を回るのがおすすめ!

スポンサーリンク

まとめ

2015年から開催され、今年で7回目になる『東京クリスマスマーケット2021in日比谷公園』

ヨーロッパならではなクリスマスの雰囲気は珍しく、大きなクリスマスピラミッドもお子様に大人気です。

夜はイルミネーションやお酒も楽しむことができるので恋人同士でも楽しめること間違いなしです!

今年の冬はいつもと違うクリスマスを楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました