さつまいもダイエットの1ヶ月後のビフォーアフターとは?1週間で何キロ痩せたのかやいつ食べるのかと食べる量もご紹介‼

スポンサーリンク

この記事では、さつまいもダイエットを始めて1か月で2〜5キロ痩せたという3名の方に

・さつまいもダイエットのビフォーアフター
・さつまいもダイエットで痩せた理由
・さつまいもダイエットを始めたきっかけ
・さつまいもダイエットで痩せたやり方

などさつまいもダイエットについてアンケート方式で聞いて見ました。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットで痩せた人の結果とビフォーアフター

 

さつまいもダイエット1週間で何キロ痩せたのか?

【20代の会社員の男性】
1週間で1キロ

【20代の会社員の女性】
1週間で1.3キロ

【40代の主婦の女性】
1週間で1キロ

さつまいも1か月で何キロ痩せたのか?

【20代の会社員の男性】
1ヶ月で5キロ

【20代の会社員の女性】
1ヶ月で3.5キロ

【40代の主婦の女性】
1ヶ月で2キロ

さつまいもダイエット1ヶ月のビフォーアフターは?

【20代の会社員の男性】
78キロ→73キロ

【20代の会社員の女性】
53キロ→49.5キロ

【40代の主婦の女性】
53キロ→51キロ

スポンサーリンク

さつまいもダイエットでなぜ痩せることが出来たのか?

 
【20代の会社員の男性】
さつまいもは食後の血糖値の上昇が白米よりも緩やかなため体脂肪の蓄積がしにくくなります。また食物繊維が豊富なため便通の改善にもつながると考えました。さつまいもは意外としっかり食べてもそこまでカロリーは高くなく、一つ食べるだけで満腹になります。さつまいもは和菓子に使われるほど甘みも強いため食事制限中についつい食べ過ぎてしまう状態に陥りにくい食材です。また食べ方も様々あるため飽きが来ても別の調理方法を選択することで継続することができます。

【20代の会社員の女性】
さつまいもに含まれている食物繊維のおかげで、便秘が解消され、毎日しっかりお通じが出たことがダイエット成功に繋がった理由だと思います。また、同じものを食べることは胃腸の負担を軽減する事にもなるそうで、胃腸に負担をかけず、消化活動を妨げないダイエット方法だったからだと思います。1番は溜まっていた便や老廃物がさつまいもの栄養によって身体から出すことができたことが痩せた要因になっているのではないかと考えています。

【40代の主婦の女性】
今まで大好きでよく食べていたごはんやパンを、さつまいもに置き換えることにしましたが、水分も必要だしよく噛むのと、もそもそしている分満腹感が得られ、持続もする点が痩せた理由だと思います。食べ過ぎはやはり太ったのであくまでご飯やパンの置き換えとして自分で食べる量を管理したのも成果が出たと思います。また、便通が次の日から格段に良くなりました。お腹のスッキリ感が他には得られないダイエット食品だと思います。

さつまいもダイエットをやろうとしたきっかけや理由は?

【20代の会社員の男性】
秋から冬にかけて5キロほど体重が増えてしまいどうにか瘦せようと考えました。白米の場合は簡単に準備ができてしまうこと、おかずがあれば無限に食べ続けてしまうので炭水化物を白米以外にしようと考えました。ジャガイモなどほかのイモ類も考えましたが脂質と相性が良いためダイエットには向かないと思いました。和菓子でもよく使われるさつまいもであれば脂質と合わせることなく食べられ、負荷したり焼くという手間がかかるため食べ過ぎ防止にもなると考えさつまいもダイエットを行いました。

【20代の会社員の女性】
もともとさつまいもが大好きだったので、好きなものを食べながら痩せられるほど嬉しいことはないという思いで始めました。また、便秘に悩んでいたので、さつまいもは食物繊維が豊富に含まれ便秘改善の効果が期待できると考えました。始める前にネットで調べてみたのですが、さつまいもはいくら食べても飽きないという口コミが多く、継続的なダイエットも期待できると感じました。甘いチョコレートの代わりに食べることも出来る点がいいなと思いました。

【40代の主婦の女性】
元々さつまいもが大好きだからです。食物繊維やビタミンが豊富、タンパク質だけ加えれば完全栄養になるという記事を拝見してやってみることにしました。よく噛まないといけないし、必ず一緒に水分も必要な食べ物のため、わりとお腹もすぐ膨れるイメージもありました。レンジでチンしてもすぐ完成しますし、用意も苦ではないと思いました。低GIということも知ったので食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれるとう点も気に入ったからです。

さつまいもはどの品種の物を食べていたのか?選んだ理由と味の感想は?

【20代の会社員の男性】
紅あずまを食べていました。まとめ売りがネットでされていたため購入をしました。ほくほく感とねっとり感のどちらも楽しめます。繊維質が少なく食べやすくおいしいです。

【20代の会社員の女性】
紅はるかを食べていました。水分があまり多くないので、ふかした時にベチャベチャしないところがいいと感じました。料理の仕方にもよると思いますが、紅はるかは甘みがしっかりあるので甘いもの好きにとっては継続の強い味方だと感じました。

【40代の主婦の女性】
紅あずまが定番で安かったので購入していました。たまに五郎金時やべにはるか、シルクスイートなど色々な品種の食べ比べを楽しんでました。

さつまいもダイエットをやった感想と効果がいつから出始めたのか?

【20代の会社員の男性】
最初の1週間は便通が良くなったという感覚がありました。2週目からは体重が2キロほど減り体調がよくなった感じがしました。体重が増えていた時は食生活が悪く油物を多くとっていて胃も腸も疲れていたのだと思います。食物繊維が豊富なさつまいも、油物を控えるということをしたため体調変化が良いほうに起きたのだと思います。3週間目には浮腫みも取れてきて顔のパンパン感も落ち着いてました。4週間後には顔周りの肉がなくなっていることに気づきました。

【20代の会社員の女性】
さつまいもダイエットはストレスなく痩せることが出来るダイエット方法だと思います。好きなものを食べながら痩せられたことがダイエットの楽しみや継続に繋がったと思います。痩せてきたと感じたのは、3日目くらいに大量の便が出て、体重が一気に落ちてからです。長い間腸に溜まっていた便を出し切ることができたので、とてもスッキリしたし、体が軽くなった気がしました。また、老廃物を出したおかげなのか、吹き出物も出にくくなり、とてもよかったです。

【40代の主婦の女性】
美味しいので食べ過ぎてしまう、という歯止めが効かない方はやめた方が良いと思いました。食べ過ぎるとお腹はぽっこり出ますし、炭水化物なので太ります。置き換えとして、ゆっくりよく噛んで、水分をたくさん摂りながら食べていると気持ち良い満腹感と、持続する感じが頼りになります。効果は便通が良くなって2.3日たってから出始めました。体の宿便を出してくれるようなすっきりを味わえます。保存も効くので大量に買っても腐る心配が少ないのも良いのも長所です。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットで痩せた人のレシピと食べ方とは?

 
【20代の会社員の男性】
基本的には焼くか蒸すの2択でした。アルミホイルに包みトースターで焼いたり、シリコンスチーマーを使って蒸して食べていました。それで飽きた際にはさつまいもを水にさらした後油で2度揚げし、砂糖とみりんと醤油を煮詰めたものに絡めて大学芋にして食べていました。しっかり揚げ物を食べるよりも摂取カロリーが少ないのでお勧めです。砂糖と油をしっかり加えるものは極力避けていました。癖になってしまいさつまいも自体の甘味だけで満足Ð系無くなる可能性があったからです。

【20代の会社員の女性】
レンジでチンをして、蒸かし芋のようにして食べました。蒸し器が家になかったので、簡単に出来るレンジでの方法を選びましたが、時間は掛かるけどしっとり甘いさつまいもになって美味しかったです。具体的なレンチン方法は、さつまいもを洗った後、キッチンペーパーを巻き湿らせます。そのあとラップを巻いて耐熱皿に乗せ、温めます。温め時間は始めに600Wで3分チンして、200Wで10分から15分ほどチンすれば完成です。竹串などで刺してやわらかさを確認しながら、チンをした方がいいと思います。

【40代の主婦の女性】
輪切りにしてラップをして800wで4分ほど温めます。それが1日分の目安です。たまにカロリー0なので塩で味変もしましたが、これは美味しくなってしまい逆にあとひき食べ過ぎに繋がりました。スイートポテトもたまにご褒美で購入しましたが、バターや砂糖を使っているので太りやすいです。飽きた時はさつまいも天ぷらもたまに食べました。でも油と炭水化物は非常に依存性が強いのでほどほどにしました。さつまいもの裏漉しを買って、牛乳をいれてスープにしたのもおススメです。

さつまいもダイエットではいつどのくらいの量を食べたのか?

【20代の会社員の男性】
基本的には3食の白米の代わりに食べていました。重さは測りませんでしたが1日さつまいも1.5個となるように食べていました。白米とは違い明確に甘みがあるため味の濃いおかずや油物などを食べる機会も減りました。どうしてもお腹がすいたときには一口だけかじり食べ物を食べたという事実を得ようとしていました。基本的には皮付きのまま食べました。

【20代の会社員の女性】
夕食をさつまいもに置き換えました。また、甘いものが食べたくなったときに、チョコレートなどの甘いお菓子を食べずに、さつまいもを食べていました。他にも、小腹が空いたり、お弁当作りが面倒に感じた時に食べていました。基本的に、1日さつまいも1本(中くらいの大きさ)を目安に食べていました。1本以上食べることはなかったです。

【40代の主婦の女性】
朝昼晩、すべ炭水化物の代わりです。小腹がすいたら干し芋を齧ったりしていました。1日に3食で大のさつまいも1本を消費する形で、1食130グラムくらいだと思います。秋は旬なので大きく立派なさつまいもが増えますので、1日1本換算で良いのも楽でおすすめです。食べ過ぎたらその分おかずを抜きました。ヨーグルトを食べるタイミングでさつまいももとると、便通にダブル効果だと実感しました。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットのデメリットや注意点は?

 
【20代の会社員の男性】
さつまいもの限らず消費カロリー以上に食べたら太ります。またさつまいもだけを食べるダイエットは栄養バランスが崩れ体調を悪くする可能性があるので絶対に避けてください。さつまいも自体は品種によっては手に入りにくい時期があるため食べる品種は複数候補を挙げておくべきでしょう。基本的にはスイーツとしての調理はせずに焼くか蒸すをメインとしないと逆に太ります。

【20代の会社員の女性】
さつまいもには食物繊維が豊富に含まれていますが、食物繊維をとりすぎると便秘をしてしまうような方や下痢をしやすい人にはあまりオススメできないかもしれないです。私の場合は、さつまいもが好きだったので、続けることができたというのが強いので、甘いものが苦手な人や同じものを食べ続けることができない人にはこのダイエット方法は不向きのような気がします。

【40代の主婦の女性】
やはりずっとだと飽きます。デメリットは食べ過ぎてしまうことにブレーキをかけられる人でないといけません。意識的によく噛み、水分やヨーグルトと共に食べてお腹を満たします。食べた後はなぜか非常に眠くなる作用めあり、ガスもでるので人に会う約束や大事な行事がある場合は、必ず避けなければならないことも注意点です。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットの実践のまとめ

 
【20代の会社員の男性】
割としっかり食べられて辛さの少ないダイエットだと思います。基本的には焼くか蒸す調理をし、白米の代わりとしていました。甘みがあるためおかずの食べ過ぎも抑制できるので全体的に食べる量もコントロールしやすいです。食物繊維も豊富なため便秘がちな方にもお勧めです。食べ過ぎるといくらさつまいもといっても太るため気を付けましょう。

【20代の会社員の女性】
好きなものを食べながら痩せられるほど嬉しいことはありません。私はさつまいもが好きなので、好きなものを食べながら、ストレスを感じることなく痩せることができたので、この方法はさつまいも好きには大変おすすめです。さつまいもには糖質も含まれているので、糖質制限によるリバウンドも心配なく、便秘解消の効果も実感出来ると思うので、せび挑戦してみて欲しいです。

【40代の主婦の女性】
あくまでごはんやパンの炭水化物の置き換えである。1日で1本を消費する感覚です。食べる時はよく噛む。ゆっくり食べる。急いで食べると喉に詰まるので、更に水分やヨーグルトと共に頂くと便通が良くなります。ガスはたくさん出るので、働いている方は土日に集中してやるしかありません。シンプルにレンチンで食べるのがベスト。食べた後は力がみなぎるのでそのままウォーキングに行ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました