もやしのナムルの日持ち!?冷蔵庫での賞味期限など徹底解説‼

スポンサーリンク

家計の救世主といえば、もやしですよね。

安くてどんな料理にも合って、食感もよくおいしいです。

dummy
めえめえ

でももやしって日持ちが短くて、
無駄にしたくなくてなかなか手が出せないわ…

という方も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

安いからと買っても、気づいたら消費期限が過ぎてしまっているもやし

「一体消費期限はどれくらいなんだろう?」

「いい保存方法はないのかな?」

そこで今回はそんな【もやしの疑問】について解説していきます。

特に扱いやすいもやしのナムルについて中心にご紹介!

スポンサーリンク

もやしのナムルの日持ちは3日!!

もやしのナムルは作って3日以内に食べきるようにしましょう。

dummy
めえめえ

買ったばかりのもやしは
何日持つの?

dummy
めえめえ

もやしの
ナムルにした場合は?

もやしはどれくらいもつのか意外と分からないですよね。

ここでは生のもやしの保存期間と、ナムルにしたときの保存期間、もやしのナムルのレシピを紹介していきます。

生のもやしの保存期間

dummy
めえめえ

そもそも買ったばかりのもやし、
どれくらいの期間もつの?

まず疑問に思うことはここからですよね。

もやしは水分が多いです。

そのため、傷みやすく、凍りやすくなっています

私はもやしを冷蔵庫の奥に入れすぎて凍らせてしまったり、消費期限が過ぎてしまったことがあります。

みなさんはそうなってしまわないように消費期限を理解しておきましょう。

買ったばかりのもやしの消費期限は、一般的に3~4日です。

dummy
モーさん

袋にも
消費期限がついているものが多いと思うので、
しっかり守りましょう。

モヤシは調理しても保存期間は変わらない

dummy
めえめえ

調理したらどれくらいもつの?

と思いますよね。

もやしは調理しても、消費期限は変わりません。

買ったばかりのもやしをナムルにしても、3日以内に食べきるのをおすすめします。

後に解説していますが、もやしのナムルは日がたつとおいしくなくなってしまうのです。

「もやしを食べておなかを壊した!」なんてことがあってはもったいないので、長くても3日以内に食べるようにしましょう。

おいしくないもやしのナムルを食べておなかを壊したくはないですよね。

dummy
モーさん

おいしいうちに
食べてしまいましょう。

もやしのナムルのレシピ

dummy
めえめえ

いちいち調理するのは面倒…

という方に、調理してから保存できるもやしのナムルのレシピを紹介します!

①鍋にお湯を沸かします。②沸騰したらもやしを入れて、さっとゆでます。
ゆですぎると食感がなくなってしまうので、すぐに引き揚げて大丈夫です。

③お湯を切って、塩・胡椒・ごま油で和えて完成です。

dummy
めえめえ

これなら簡単にできるし、
お弁当にも使えそう!

dummy
モーさん

作り置きしておいて、
もう一品ほしいときに便利ですね。

もやしの劣化が目に見えて分かる!

もやしのナムルは作り置きしておいても、3日で食べきったほうがいいことをお伝えしました。

dummy
めえめえ

なんで3日で食べきるの?
見た目で分かる?

dummy
モーさん

では、
疑問にお答えします。

モヤシのシャキシャキ感がなくなる

作りたてのもやしのナムルはシャキシャキしています。

劣化してくるときはまず、食べてみるとシャキシャキ感がなくなるのが一番最初です。

シャキシャキのおいしい状態で食べたい場合は、できたてをその日のうちに食べるようにしましょう。

もやしの水分が抜けてくる

冷蔵庫で保存していても、調理した後からすぐ劣化は始まっているのです。

1日も経つと目に見えて水分が抜けてきています。

この時点ではすでにシャキシャキ感はないですが、味に変わりはありません。

作りたてと同様とはいえませんが、まだおいしく食べられます。

もやしの色が変わる

色が変わってきたら注意です!

水分が抜けきって乾燥してきているか、酸化して色が変わってしまっている可能性があります。

そうなるともう食べてもおいしくありません。

食べられるかもしれませんが、おなかを壊してしまうのは嫌ですよね。

こうなる目安が3日なのです。

dummy
めえめえ

調理しても、
保存期間が長くなると
劣化しておいしくなくなってしまうんですね…

dummy
モーさん

作ったらできるだけ早めに、
おいしいうちに食べてしましましょう。

スポンサーリンク

 

もやしの正しい冷蔵保存方法とは?

dummy
めえめえ

もやしは調理しても
保存期間が変わらないことが分かったけど、
正しい保存の仕方はあるのかな?

正しく保存して少しでも長くおいしく食べたいですよね。

ここでは正しい保存方法を紹介しています。

もやしは基本は冷蔵保存

基本的には冷蔵保存してください。

スーパーなどでも冷蔵で売られていると思います。

お買い物から帰ったらすぐに冷蔵庫に入れましょう

私のように、「冷蔵庫の奥に入れていたら凍ってしまった…」ということのないように、手前のほうに入れておくのが安心です

もやしは水分が出やすいので、その水分が凍ってしまいやすいのです。

また、他の野菜より消費期限が短めなので、冷蔵庫手前のほうに入れておくことによって、使い忘れがないですよね。

もやしの長期保存には冷凍保存

dummy
めえめえ

もやしの保存期間は短すぎるわ!
もっと長く保存する方法はないの?

長期保存には冷凍保存をおすすめしています。

冷凍保存をすることで2週間はもつようになるのです。

しかし、シャキシャキ感がなくなってしまいます。

また、解凍する際に水分がたくさん抜けてしまうので、ナムルなど下茹でする調理方法がおすすめです。

もやしは解凍後はすぐ食べきる

dummy
めえめえ

解凍したあとは
また保存できるの?

と疑問に思いますよね。

残念ながら、解凍後の再冷凍はできません

すでにもやしの細胞が壊れてしまっているため、傷みやすくなっています。

解凍したらすぐに茹でて、ナムルにすると少しは日持ちすると思いますが、おいしく食べるためには再保存はせず、すぐ食べるといいですね。

まとめ

生のもやしも、調理したもやしも、保存期間は3日程度と変わらないことが分かりました。

でも紹介したナムルのレシピは簡単で、どんな料理にも合いそうですよね。

ナムルにして保存しておくと、「もう一品ほしいな」というときに便利だと思います。

また、基本の保存方法は冷蔵でしたが、冷凍保存をすると2週間ほど保存できることが分かりました。

食感は悪くなってしまいますが、買いすぎた時には有効ですね。

dummy
モーさん

正しい保存方法を知って、
無駄なくおいしくもやしを食べましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました