シリコンスチーマーの使い方は簡単!?一人暮らしの方は特におすすめ

スポンサーリンク

シリコンスチーマー独身で時間がなく料理が初心者の方に圧倒的におすすめできるアイテムです。

フライパンで料理をすると、洗い物も出るし、時間もかかるし、調理工程が複雑です。

ですが、シリコンスチーマーならそんな心配が一切なくなります。

このシリコンスチーマーがあれば、あなたの家から鍋やフライパンが消えしまうかもしれません。

今回は

・シリコンスチーマーの使い方が簡単な5つの理由
・シリコンスチーマーのおすすめベスト3
・シリコンスチーマーでできる調理とできない調理

など、シリコンスチーマー歴1年の私が解説します。

これから時短で料理をしたいという人はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シリコンスチーマーの使い方が簡単な5つの理由

 

料理をしない理由ってなんでしょうか?

ちなみにかつての私だったらこう答えてますよ!

・あれこれレシピを見ながらやるのが面倒
・料理をすると洗い物が増えて面倒
・そもそも料理をする時間なんて30分も取れないし取りたくない。

 

だったら料理しないで寝てるかYoutube観ていたいってのが本音でした(笑)

でもこのシリコンスチーマーなら、以下のような5つのメリットがあるんです!

・材料を入れてレンジでチンだけなので、レシピを何度も見る必要がない!
・使うのはシリコンスチーマーだけだから洗い物が増えない!
・食べるときもそのまま器になるので洗い物が出ない!
・レンジでチンするのはせいぜい5分〜10分!
・しかも加熱中は何もすることがないのでYoutube見放題(笑)

 

今の私にとっては苦痛を解消してくれる神のような存在です!

ほら、欲しくなってきましたよね?(笑)

そもそもシリコンスチーマーって何?

シリコンスチーマー電子レンジをつかって調理するシリコン製の容器のことです。

見た目はこのように至ってシンプルです。

「え…?これで本格的に料理なんかできないでしょ?」
「どうせ間に合わせでしょ?」

と感じるかもしれませんがいえいえ、実はできるんです。

様々な料理サイトで試しにシリコンスチーマーと検索してみてください。

「え!?これがシリコンスチーマーでできるの!?」と疑いたくなるような料理がたくさん出てきますよ!

シリコンスチーマーのおすすめベスト3

 

それでは、シリコンスチーマーおすすめ商品を3つご紹介いたします。

シリコンスチーマーのオススメ①ルクエ (Lekue) スチームケース

シリコンスチーマー王道と言えばこのルクエのシリコンスチーマーです。

様々な比較サイトの中でも必ずと言ってもいいほど紹介されています。

何よりも素晴らしいのはフタと容器が一体型になっていること。

余計な洗い物が出ませんし調理後にソースや醤油などを使いたかったらフタ部分に入れて使うこともできます。

さらにこの小設計!

調理のときも食べる時も無駄にスペースを使うことがないのでストレスフリーです。

ただし、フタの密閉性が低いのです。

このため、煮物などのつゆをひたひたにして調理するようなものは熱を逃げやすく向いていないです。

シリコンスチーマーのオススメ②ワールドクリエイト ViV

密閉性高いので、ルクエのシリコンスチーマーが苦手としている煮物も大丈夫。

また、波型の底がついていますので油の多い肉を調理をするときは油が下に落ちるのでヘルシーな調理をすることができます。

さらに、価格もAmazonだと1,000円台なので圧倒的にコスパが良い商品です。

難点は1〜2人用にしか調理できませんので家族分や作り置きなどをしておくことはできません。

シリコンスチーマーのオススメ③シリコンスチーマーメトレフランセ

こちらは鍋型の商品です。

メトレフランセの商品は密閉性が高いので煮物も持ってこいなんですね!

また、家族分を作りたいというときは容量が入るので向いています。

長く使い続けていこうとお考えの方には最適な1品です。

難点はパーツが大きいので少し洗い物が面倒になるということですね。

スポンサーリンク

 

シリコンスチーマーでできることとできないこと

 

「でも、これって蒸すだけなんじゃないのかな?」と思っていませんか?

でも、実は違うです!

これはシリコンであるということが大きく関係してきます。

それでは、ひとつひとつの調理法についてシリコンスチーマーでできること、できないことをご紹介していきますね。

シリコンスチーマーでできる5つのこと

シリコンスチーマーでできることその①蒸す

まず、シリコンスチーマー最も得意なのは、蒸すことです。

レンジの無駄なく短時間で食材全体に行き渡らせるので、あっという間にいろんな蒸し料理を美味しくつくることが出来ますよ!

「それってタッパーやラップをかけた皿に置いてレンジにかければいいのでは?」

と使う前の私は思ってました。

しかし、シリコンの長所がここにあります。

シリコンはレンジのマイクロ波透過させやすいので、他の容器に比べて効率よく食品を加熱することができレンジにかける時間が短くて済むんです。

シリコンスチーマーでできることその②煮る

熱を全体に通すことができるので煮物もOKです。

例えば、こんなものも作れますよ。

・肉じゃが

・カレー

シリコンスチーマーでできることその③炊く

炊こうと思えばお米だって炊けてしまいます。

・白米の炊き方

浸水したり蒸らす時間が面倒ではありますが…。

シリコンスチーマーでできることその④焼く

正しくは火を使わないので「焼く」ではないのですが、熱を通すという意味ではお肉も簡単に調理可能です。

しかも、フライパンでやると火加減を間違えて表面はこんがり、中は生…。

なんてことを私はやりがちなんですが、電子レンジだからそんな心配はナシ!

むしろ、じっくり中までジューシーに仕上がります。

さらに、余分な油容器の下に落ちるのでシリコンスチーマーのほうがヘルシーな料理ができます。

・豚肉ともやしのにんにく炒め

シリコンスチーマーでできることその⑤オーブン

シリコン素材オーブン可能なのでオーブン調理もお手の物です。

これがタッパーなどではできないことですよね。

・グラタン

・パンも焼けちゃいます

シリコンスチーマーでできない2つのこと

逆にシリコンスチーマーではできない調理方法もご紹介します。

ずばりそれはを使う料理です。

①揚げる
②炒める

これらの油でカラッと、ジュワッと手を加えることはできません

一応、「揚げない唐揚げ」のようなレシピはあります。
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1230002094/

ただ、本来の食感を楽しみたいという方は他の調理器具を使うしかありません。

まとめ

最後におさらいしておきましょう。

ポイントは4つです!

・シリコンスチーマーが得意なことは油を使わない料理全般
・シリコンスチーマーが不得意なことは揚げる、炒めるなどの油を使った料理
・調理器具をあれこれ使わないので洗い物が出ない
・入れてレンジにかけるだけなので調理がラク

 

早速、シリコンスチーマーを1つ自宅に置いて今日から料理ライフに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました