プロテインの一気飲みで気持ち悪いのはなぜ?下痢をするのは少しずつ飲まないことが原因なのか調査!!

スポンサーリンク

プロテインの飲み方で一気飲みは、必ずしも良いとは言えません。

プロテインを一気飲みすると、消化吸収しきれないたんぱく質が脂肪に蓄積されたり、腸内環境が乱れたりする可能性があります。

プロテインは、適量を適切なタイミングで飲むことが大切です。

スポンサーリンク

プロテインの一気飲みで気持ち悪い原因とは?

 
プロテインは飲み物であるため、身体の中で速やかに消化・吸収されますが、一度に摂れるタンパク質の量には限界があるのです。

一般的には、1回に吸収できるタンパク質は20g程度と言われています。

それ以上のタンパク質の摂取は消化不良を起こしたり、下痢や便通悪化などの腸内環境のトラブルを引き起こしたりすることもあります。

プロテインは本来、タンパク質を摂取するためのサプリメント(栄養補助食品)です。

タンパク質は筋肉や髪、皮膚などの体の組織を作る重要な栄養素ですが、必要量以上に摂るとエネルギーに変換されてしまいます。

使われないエネルギーは脂肪として体に蓄積されるので、プロテインの一気飲みは良くないのです。

プロテインの一気飲みは消化不良や下痢を引き起こすので少量をこまめに取る

 
プロテインの飲み方で一気飲みを避けるためには、様々な工夫をすることができます。

例えばですが、プロテインの1日の摂取量目安は自身の体重×1.5g程度(例えば65kgの場合は97.5g)ですので、食事や他の食品から摂るタンパク質も含めて調整しましょう。

また、プロテインを飲むタイミングは筋トレ後や間食にして、朝昼夜の3食を均等に摂るようにすると良いです。

プロテインパウダーは水や牛乳などで溶かして飲むのが一般的だと思います。

その際、1回に飲む量はスプーン2~3杯(約15~30g)程度で大丈夫ですし、溶かす液体も150~200mlくらいに抑えましょう。

これ以上のプロテインの摂取は消化不良や下痢を引き起こす原因になります。

まとめ

 
プロテインの飲み方で一気飲みは良くありません。

その理由は以下の2点です。

・消化吸収しきれないタンパク質が脂肪に蓄積される
・腸内環境が乱れたりする可能性がある

プロテインは適量を適切なタイミングで飲むことが大切です。

また、一気飲みを避けるためには、以下の4つのポイントを覚えておいてください。

・1日の摂取量目安は自身の体重×1.5g程度とし、食事や他の食品から摂るタンパク質も含めて調整する
・プロテインを飲むタイミングは筋トレ後や間食とし、朝昼夜の3食を均等に摂るようにする
・プロテインパウダーを水や牛乳などで溶かす際は、1回に飲む量はスプーン2~3杯(約15~30g)程度で十分
・プロテインの溶かす液体は150~200mlくらいに抑える

これらのポイントを守ることで、プロテインの効果を最大限に引き出すことができます。

プロテインは筋トレやダイエットの強い味方ですが、飲み方に注意することが必要です。

プロテインの一気飲みは避けて、上手に活用しましょう。