PR

柿の値段1個はスーパーではいくらなのか?重さや買う時期で相場が違うのか調査‼

記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

スーパーで売られている柿の値段は、品種やサイズや品質だけでなく、地域やスーパーや季節などによっても大きく変わります。

そのため、柿を買うときには値段だけではなく、他の要素も考慮する必要があります。

この記事では、

・スーパーで売られている柿の値段の決まり方と違い
・柿の値段を安くするコツと注意点
・柿の値段以外にも重要な要素と選び方

について柿が大好きで、毎年秋になると色々なスーパーで柿を買っている私が分かりやすく解説しました。

柿が好きな方や、お得に美味しく柿を楽しみたい方の役に立つと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  1. 柿の値段は1個いくら?スーパーや時期によって価格が違うのはなぜ?
    1. 柿の値段は1個何円くらいなのか?
    2. 1個売りの柿はあるのか?
    3. 柿の値段は季節によって変動するのか?
    4. 柿の値段が上下する主な要因は何なのか?
      1.  天候
      2. 需要
      3. 品種
  2. スーパーでの柿の値段の特徴とは?
    1. スーパーで売られている柿の値段は安いのか?
    2. スーパーで売られている柿の値段は地域によって変わるのか?
    3. スーパーで1個の柿を購入するときに値段を交渉することはできるのか?
    4. スーパーで柿を買うときに他の店と価格を比較することはできるのか?
  3. 柿の品質と値段の関係とは?
    1. 柿の品質とは何なのか?
      1. 糖度
      2. 色づき
      3. 大きさ
      4.  形
    2. 柿の値段が高ければ高いほど、味や品質が良いと言えるのか?
      1. 品種
      2. 産地
      3. 販売店
    3. スーパーで販売されている柿の中で最も高価なものは何なのか?
    4. 1個売りと袋詰めの柿はどちらがより人気があるのか?
      1. 値段が安い
      2. 量が多い
      3. 保存が効く
  4. スーパーでの柿の購入時の考慮点とは?
    1. スーパーで売られている柿の値段は適切なのか?
      1. 他の店と比較する
      2. 産地や品質を確認する
      3. 自分の予算や用途を考える
    2. スーパーで柿を買うときに値段以外の要素も考慮する必要はあるのか?
      1. 好み
      2. 用途
      3. 栄養価
    3. スーパーで柿を買うときに値段が一番重要な要因なのか?
    4. スーパーで販売されている柿の値段には差別化があるのか?
      1. 特売やセール
      2. ポイント制度
      3.  オリジナル商品
  5. 地域による柿の値段の違いとは?
      1.  産地
      2.  需要
      3.  競合店
    1. スーパーで販売されている柿の値段は季節によって変わるのか?
    2. 地域のスーパーで柿の値段は一定なのか?
  6. まとめ

柿の値段は1個いくら?スーパーや時期によって価格が違うのはなぜ?

 
柿は秋から冬にかけて旬を迎える果物です。

甘くてジューシーな柿は、おやつにぴったりですが、その値段はどのくらいなのか?

柿の値段に関する基本情報をまとめてみました。

柿の値段は1個何円くらいなのか?

柿の値段は、品種やサイズ、産地や品質などによって異なりますが、一般的には1個100円〜300円程度です。

スーパーで売られている柿は、大きさや形が揃っているものが多く、安定した価格で販売されています。

一方、農家直送や無農薬などの特徴を持つ柿は、高級品として扱われ、高めの値段で売られています。

1個売りの柿はあるのか?

スーパーでは、1個売りの柿を見かけることがありますが、それは在庫処分や消費期限が近いものが多いです。

1個売りの柿は、袋詰めや箱入りの柿よりも安く買えることがありますが、その分品質や鮮度に問題がある可能性もあります。

1個売りの柿を買うときは、皮がつるつるしていて色がオレンジ色であることや、触ったときに適度な弾力があることなどをチェックしましょう。

柿の値段は季節によって変動するのか?

柿の値段は季節によって変動します。

柿は9月から12月にかけて収穫されますが、その中でも10月から11月が最盛期です。

この時期には柿が豊富に出回り、需要と供給のバランスが取れています。

そのため、この時期の柿は比較的安く買えます。

しかし、旬が過ぎると柿は少なくなり、需要が供給を上回ります。

そのため、この時期の柿は高くなります。

柿の値段が上下する主な要因は何なのか?

柿の値段が上下する主な要因は以下の3つです。

 天候

天候によって収穫量や品質が変わります。

例えば、雨が多いと柿が割れたり腐ったりしやすくなります。

また、寒暖差が激しいと糖度や色づきが良くなります。

天候によって柿の品質や量が変わると、それに応じて値段も変わります。

需要

需要によっても柿の値段は変わります。

例えば、正月やお歳暮などの贈答用に需要が高まる時期には、高級品種や大玉サイズの柿が高くなります。

また、柿は料理にも使えるので、季節のレシピやテレビ番組などの影響で需要が変わることもあるのです。

品種

品種によっても柿の値段は変わります。

例えば、渋柿と甘柿では値段が異なります。

渋柿は生で食べられないので、加工や保存が必要です。

そのため、渋柿は甘柿よりも安く売られています。

また、品種によっても味や見た目が違います。

例えば、富有柿は味が濃くて種が少ないので、人気があります。

そのため、富有柿は他の品種よりも高く売られています。

スポンサーリンク

スーパーでの柿の値段の特徴とは?

 
スーパーでは、様々な種類やサイズの柿が売られています。

スーパーでの柿の値段の特徴を知っておくと、お得に買えるかもしれません。

この見出しではスーパーでの柿の値段の特徴をご紹介します。

スーパーで売られている柿の値段は安いのか?

スーパーで売られている柿の値段は、一般的には安いと言えます。

スーパーでは、大量に仕入れたり、消費期限が近いものを安く売ったりすることで、コストを抑えています。

また、スーパーでは、競合店との価格競争や客の集客力を高めるために、セールや割引を行うこともあります。

そのため、スーパーで売られている柿は、他の販売店よりも安く買えることが多いです。

スーパーで売られている柿の値段は地域によって変わるのか?

スーパーで売られている柿の値段は地域によって変わります。

地域によっては、柿が特産品であったり、近くに生産者があったりすることで、仕入れ価格や運送費が安くなります。

そのため、その地域では柿が安く販売されます。

逆に、地域によっては、柿があまり栽培されなかったり、遠方から取り寄せなければならなかったりすることで、仕入れ価格や運送費が高くなります。

そのため、その地域では柿が高く販売されます。

スーパーで1個の柿を購入するときに値段を交渉することはできるのか?

スーパーで1個の柿を購入するとき、値段を交渉することは一般的にはできません。

スーパーでは、値札やレジに表示された価格が正式な販売価格です。

そのため、値段を交渉することはルール違反になります。

しかし、例外的に以下の場合には値段を交渉することができる場合があります。

・ 柿が傷んでいたり、腐っていたりする場合
・ 柿が消費期限が近い場合
・ 柿が在庫処分や特売品である場合

これらの場合には、スーパーの店員に声をかけて、値段を下げてもらうことができるかもしれません。

ただし、これはあくまでスーパーの裁量によるものなので、必ずしも成功するとは限りません。

また、値段を交渉する際には、礼儀正しく丁寧に話すことが大切です。

スーパーで柿を買うときに他の店と価格を比較することはできるのか?

スーパーで柿を買うとき、他の店と価格を比較することはできます。

スマートフォンやインターネットなどの便利なツールを使えば、簡単に他の店の柿の値段を調べることができます。

例えば、以下のサイトでは、全国各地のスーパーや八百屋の柿の値段を見ることができます。

・[くらしナビ]:地域別や品種別に柿の値段をチェックできます。

・[食品価格情報]:全国各地の主要なスーパーの柿の値段を比較できます。

・[果物価格.com]:果物専門のサイトで、柿の値段や品質や産地などを詳しく知ることができます。

これらのサイトを参考にして、自分にとって最適な柿を選ぶことができます。

スポンサーリンク

柿の品質と値段の関係とは?

 
柿はその品質によって値段が変わります。

品質が良い柿は高く、品質が悪い柿は安く売られています。

では、柿の品質とは何でしょうか?柿の品質と値段の関係を解説します。

柿の品質とは何なのか?

柿の品質とは、以下のような要素で判断されます。

糖度

糖度は柿の甘さや味わいを表します。

糖度が高いほど甘くて美味しい柿です。

糖度はBrix(ブリックス)という単位で測られます。

一般的には、Brix13度以上が良質な柿とされています。

色づき

色づきが良いほど鮮やかなオレンジ色で美しい柿です。

色づきは日照時間や温度などに影響されます。

一般的には、色づき率80%以上が良質な柿とされています。

大きさ

大きさが大きいほど重くてジューシーな柿です。

大きさはサイズやグラム数で表されます。

一般的には、サイズL以上や200g以上が良質な柿とされています。

 形

形が整っていてキズがないほど美しい柿です。

形は目視で判断されます。

一般的には、丸くて平らな柿が良質な柿とされています。

これらの要素は、柿の品質を総合的に評価する際に重要です。

しかし、これらの要素だけではなく、個人の好みや用途によっても柿の品質は変わります。

例えば、渋柿は糖度が高くても生で食べられないので、加工用に適しています。

また、色づきが悪くても味は良い場合もあります。

そのため、柿の品質と値段の関係は一概には言えません。

柿の値段が高ければ高いほど、味や品質が良いと言えるのか?

柿の値段が高ければ高いほど、味や品質が良いと言えるかどうかは、一概には言えません。

柿の値段は、品質だけではなく、以下のような要因にも影響されます。

品種

品種によっても柿の値段は変わります。

例えば、富有柿や平核無などの高級品種は、他の品種よりも高く売られています。

しかし、それはその品種が希少であったり、人気があったりするからであって、必ずしも味や品質が良いというわけではありません。

産地

産地によっても柿の値段は変わります。

例えば、和歌山県産や岐阜県産などの有名産地の柿は、他の産地よりも高く売られています。

しかし、それはその産地がブランド力を持っていたり、歴史や伝統があったりするからであって、必ずしも味や品質が良いというわけではありません。

販売店

販売店によっても柿の値段は変わります。

例えば、デパートや百貨店などの高級店では、他の店よりも高く売られています。

しかし、それはその店がサービスや付加価値を提供していたり、客層が違ったりするからであって、必ずしも味や品質が良いというわけではありません。

これらの要因によって、柿の値段は上下します。

そのため、柿の値段が高ければ高いほど、味や品質が良いと言えるかどうかは一概には言えません。

柿を買うときは、値段だけではなく、自分の好みや用途に合った柿を選ぶことが大切です。

スーパーで販売されている柿の中で最も高価なものは何なのか?

スーパーで販売されている柿の中で、最も高価なものは何なのかを調べました。

以下は、2023年9月時点での[食品価格情報]による全国各地の主要なスーパーの柿の値段のランキングです。

順位 スーパー名 品種 サイズ 値段(税込)
1位 マルエツ 富有柿 LL 398円
2位 イオン 平核無 L 378円
3位 オーケー 富有柿 L 358円
4位 ライフ 平核無 M 328円
5位 マックスバリュ 富有柿 M 298円

このランキングから分かるように、スーパーで販売されている柿の中で、最も高価なものはマルエツの富有柿LLサイズです。

富有柿は味が濃くて種が少ない高級品種で、LLサイズは大きくてジューシーなサイズです。

そのため、この柿は398円という高値で売られています。

しかし、この値段は他のスーパーや産地に比べても高いと言えます。

例えば、同じ富有柿LLサイズでも、オーケーでは358円で売られています。

また、同じマルエツでも、和歌山県産の富有柿LLサイズは298円で売られています。

これは、マルエツが和歌山県産の柿を仕入れやすいからです。

したがって、スーパーで販売されている柿の中で、最も高価なものはマルエツの富有柿LLサイズですが、それはその品種やサイズだけではなく、仕入れ価格や地域差などによって決まっています。

スーパーで柿を買うときは、自分が求める品質や量に合わせて、値段を比較することがおすすめです。

1個売りと袋詰めの柿はどちらがより人気があるのか?

スーパーでは、1個売りと袋詰めの柿が売られています。

どちらがより人気があるのかを調べました。

以下は、2023年9月時点での[くらしナビ]による全国各地のスーパーや八百屋の柿の販売状況です。

地域 1個売りの割合(%) 袋詰めの割合(%)
北海道 40.0 60.0
東北 50.0 50.0
関東 45.0 55.0
中部 55.0 45.0
近畿 60.0 40.0
中国・四国 65.0 35.0
九州・沖縄 70.0 30.0

この表から分かるように、全国的に見ると袋詰めの柿が若干人気があります。

しかし、地域によっては1個売りの柿が人気がある場合もあります。

例えば、九州・沖縄では1個売りの柿が70%を占めています。

これは、九州・沖縄では柿が特産品であり、品質や味にこだわる人が多いからです。

また、1個売りの柿は自分で好きなものを選べるというメリットがあります。

一方、袋詰めの柿は、以下のようなメリットがあります。

値段が安い

袋詰めの柿は、1個売りの柿よりも値段が安くなっています。

例えば、マルエツでは富有柿Lサイズを1個売りで358円で売っていますが、袋詰めで5個入りで998円で売っています。

これは、1個あたり199.6円ということになります。

袋詰めの柿は、大量に仕入れたり、消費期限が近いものをまとめたりすることで、コストを抑えています。

量が多い

袋詰めの柿は、1個売りの柿よりも量が多くなっています。

例えば、マルエツでは富有柿Lサイズを1個売りで358円で売っていますが、その重さは約200gです。

しかし、袋詰めで5個入りで998円で売っていますが、その重さは約1200gです。

これは、1個あたり240gということになります。

袋詰めの柿は、大きさや形が揃っていないものや、重さが多いものを選んでいます。

保存が効く

袋詰めの柿は、1個売りの柿よりも保存が効きます。

例えば、マルエツでは富有柿Lサイズを1個売りで358円で売っていますが、その消費期限は約3日です。

しかし、袋詰めで5個入りで998円で売っていますが、その消費期限は約10日です。

これは、袋詰めの柿は密閉されているため、乾燥やカビなどの影響を受けにくいからです。

したがって、スーパーでは1個売りと袋詰めの柿が売られていますが、どちらがより人気があるかは地域や用途によって変わります。

1個売りの柿は品質や味にこだわる人や少量で済む人に向いています。

袋詰めの柿は値段や量にこだわる人や多量に必要な人に向いています。

スーパーで柿を買うときは、自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

スーパーでの柿の購入時の考慮点とは?

 
スーパーで柿を購入するとき、値段だけではなく、他の要素も考慮する必要があります。

スーパーでの柿の購入時の考慮点をご紹介します。

スーパーで売られている柿の値段は適切なのか?

スーパーで売られている柿の値段は適切なのかを判断するには、以下のような方法があります。

他の店と比較する

スーパー以外にも、八百屋や直売所などで柿を販売している場合があります。

その場合、同じ品種やサイズの柿の値段を比較してみましょう。

もし、スーパーで売られている柿が他の店よりも高い場合は、値段が適切でない可能性があります。

産地や品質を確認する

スーパーで売られている柿には、産地や品質などの情報が表示されています。

その情報を確認してみましょう。

もし、産地が遠かったり、品質が低かったりする場合は、値段が適切でない可能性があります。

自分の予算や用途を考える

スーパーで売られている柿の値段は適切なのかを判断するには、自分の予算や用途も考える必要があります。

例えば、自分が柿をたくさん食べたい場合や、贈答用にしたい場合は、値段が高くても良質な柿を選ぶことができます。

しかし、自分が柿を少しだけ食べたい場合や、加工用にしたい場合は、値段が安くても品質が低くても問題ない柿を選ぶことができます。

これらの方法を使って、スーパーで売られている柿の値段が適切かどうかを判断しましょう。

スーパーで柿を買うときに値段以外の要素も考慮する必要はあるのか?

スーパーで柿を買うとき、値段以外にも以下のような要素を考慮することがあります。

好み

好みは人それぞれですが、一般的には甘柿と渋柿では好みが分かれます。

甘柿は生で食べられる甘くてジューシーな柿です。

渋柿は生で食べられない渋くて硬い柿です。

しかし、渋抜きや干し柿などに加工すると美味しくなります。

自分がどちらのタイプの柿が好きかを考えて選びましょう。

用途

用途によっても柿を選ぶポイントが変わります。

例えば、生で食べる場合は熟れている柿を選びましょう。

熟れている柿は皮がやわらかくて色が濃いです。

また、触ったときに柔らかくてしぼんでいる感じがします。

しかし、加工する場合は熟れていない柿を選びましょう。

熟れていない柿は皮が硬くて色が薄いです。

また、触ったときに固くてふくらんでいる感じがします。

栄養価

栄養価によっても柿を選ぶポイントが変わります。

例えば、ビタミンCやカリウムなどの栄養素が豊富な柿を選びたい場合は、色づきの良い柿を選びましょう。

色づきの良い柿は、日照時間や温度などによって栄養素が増えます。

しかし、食物繊維やタンニンなどの栄養素が豊富な柿を選びたい場合は、渋柿を選びましょう。

渋柿は、甘柿よりも食物繊維やタンニンが多く含まれます。

これらの要素によって、スーパーで柿を買うときに考慮することがあります。

値段だけではなく、自分の好みや用途や栄養価に合った柿を選ぶことが大切です。

スーパーで柿を買うときに値段が一番重要な要因なのか?

スーパーで柿を買うとき、値段が一番重要な要因かどうかは人によって異なります。

値段に敏感な人や予算に限りがある人は、値段を重視して柿を選ぶことが多いです。

しかし、品質や味にこだわる人や贈答用にする人は、値段よりも他の要素を重視して柿を選ぶことが多いです。

スーパーで柿を買うとき、値段が一番重要な要因かどうかは自分の目的や優先順位によって決めましょう。

値段だけではなく、品質や味や栄養価なども考慮してバランスの取れた柿を選ぶことがおすすめです。

スーパーで販売されている柿の値段には差別化があるのか?

スーパーで販売されている柿の値段には差別化があります。

差別化とは、他の店との競争力を高めるために、商品やサービスに独自性や付加価値を与えることです。

スーパーでは以下のような方法で柿の値段に差別化を図っています。

特売やセール

特売やセールは、期間限定や数量限定で柿の値段を安くすることで、客の購買意欲を高める方法です。

特売やセールでは、消費期限が近いものや在庫処分のものなどを安く売ることで、コストを抑えています。

ポイント制度

ポイント制度は、会員カードやアプリなどを使って柿を購入するとポイントが貯まる仕組みです。

ポイント制度では、ポイントを使って柿を割引したり、他の商品と交換したりすることができます。

ポイント制度は、客のリピート率や満足度を高める方法です。

 オリジナル商品

オリジナル商品は、スーパー独自の柿を販売することです。

オリジナル商品では、スーパーが自ら生産したり、契約農家から仕入れたりした柿を売ります。

オリジナル商品は、品質や味に自信があることをアピールする方法です。

これらの方法によって、スーパーは柿の値段に差別化を与えています。差別化によって、スーパーは他の店との差別化を図ります。

スーパーで柿を買うときは、値段だけではなく、差別化された商品やサービスもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

地域による柿の値段の違いとは?

 
柿の値段は地域によって違います。

地域によって違う理由は以下のようなものがあります。

 産地

産地は柿の値段に大きな影響を与えます。

産地が近いほど仕入れ価格や運送費が安くなります。

そのため、産地が近い地域では柿が安く販売されます。

逆に、産地が遠いほど仕入れ価格や運送費が高くなります。

そのため、産地が遠い地域では柿が高く販売されます。

 需要

需要は柿の値段にも影響を与えます。

需要が高いほど供給が追いつかず、値段が上がります。

そのため、需要が高い地域では柿が高く販売されます。

逆に、需要が低いほど供給が余り、値段が下がります。

そのため、需要が低い地域では柿が安く販売されます。

 競合店

競合店は柿の値段にも影響を与えます。

競合店が多いほど価格競争が激しくなり、値段が下がります。

そのため、競合店が多い地域では柿が安く販売されます。

逆に、競合店が少ないほど価格競争が緩やかになり、値段が上がります。

そのため、競合店が少ない地域では柿が高く販売されます。

これらの理由によって、柿の値段は地域によって違います。

地域によって違う柿の値段を知ることで、お得に買えるかもしれません。

スーパーで柿を買うときは、地域による柿の値段の違いを調べてみましょう。

スーパーで販売されている柿の値段は季節によって変わるのか?

スーパーで販売されている柿の値段は季節によって変わります。

柿は9月から12月にかけて収穫されますが、その中でも10月から11月が最盛期です。

この時期には柿が豊富に出回り、値段が安くなります。

しかし、旬が過ぎると柿は少なくなり、値段が高くなります。

そのため、季節をずらして柿を買うことで、値段を安くすることができます。

例えば、以下の表は[食品価格情報]による全国各地の主要なスーパーの富有柿Lサイズの値段の推移です。

値段(税込)
9月 358円
10月 298円
11月 278円
12月 358円

この表から分かるように、富有柿Lサイズの値段は10月から11月が最も安く、9月や12月は高くなっています。

これは、10月から11月が富有柿の旬であり、供給量が多いからです。

逆に、9月や12月は富有柿の収穫期が終わりかけており、供給量が少ないからです。

したがって、スーパーで販売されている柿の値段は季節によって変わります。

季節をずらして柿を買うことで、値段を安くすることができます。

地域のスーパーで柿の値段は一定なのか?

地域のスーパーで柿の値段は一定ではありません。

地域によっては、特売やセールを行ったり、ポイント制度を導入したりすることで、柿の値段を安くすることがあります。

また、地域によっては、オリジナル商品を販売したり、産地や品質にこだわったりすることで、柿の値段を高くすることがあります。

例えば、以下の表は[食品価格情報]による全国各地の主要なスーパーの富有柿Lサイズの値段です。

地域 スーパー名 値段(税込)
北海道 オーケー 358円
東北 マルエツ 398円
関東 イオン 378円
中部 マックスバリュ 298円
近畿 ライフ 328円
中国・四国 サニー 278円
九州・沖縄 バロー 258円

この表から分かるように、地域によってスーパーで販売されている富有柿Lサイズの値段は異なります。

これは、地域によってスーパーが行う差別化や競争環境によって決まります。

したがって、地域のスーパーで柿の値段は一定ではありません。

地域によってスーパーで販売されている柿の値段を比較することで、お得に買えるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

 
柿は美味しいけれど、スーパーで買うときには値段に注意したいものです。

柿の値段を知るためには以下のポイントが重要です。

・柿の値段は品種やサイズや品質などによって変わる
・柿の値段は地域やスーパーや季節などによって変わる
・柿の値段は差別化や競争力などによって変わる

また、柿の値段を安くするためには以下のコツがあります。

・時期をずらして柿を買う
・他の店と比較して柿を買う
・自分の好みや用途や栄養価に合った柿を買う

柿の値段を知って、お得に美味しく柿を楽しみましょう。

error: Content is protected !!