おせち料理の歴史と由来ってナニ?中身はどんな種類や意味があるの?

スポンサーリンク

お正月といえば『おせち料理』ですよね。

そもそも何故、日本ではお正月におせち料理を頂くことになったのでしょうか?

実は、おせちの歴史は遥か昔、弥生時代にまでさかのぼるんです!

また、おせちの料理ひとつひとつには意味が込められていて詰める場所にも決まりがあります。

今回はおせちの歴史や、おせち料理の中身の種類や由来についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

おせちの起源と歴史

【おせち料理の意味】

・おせち料理の発祥は弥生時代

日本では弥生時代までのあいだに、狩猟から農耕(稲作)へと食事が移り変わったといわれています。

その頃から自然の恵み(神様)に感謝をする習慣が生まれ、神様に感謝をする儀式や行事をするようになっていきました。

・『節(せち)』と『おせち』

その頃、中国から季節の変わり目を『節』とする暦がもたらされ、日本でも節日の日には感謝の思いを込めて料理を作るようになります。

これがおせち料理のはじまりと考えられています。

【おせち料理の歴史】

お正月の料理としては江戸時代から中国から伝わった「節」の行事は日本に定着していき、奈良時代から平安時代にかけては、宮中行事となりました。

この頃は、まだまだ庶民には馴染みのないものだったようです。

しかし江戸時代に入ると、徳川幕府によって、節日は公的な式日(祝日)と定められ、幕府の公式行事になるとともに庶民にも広く浸透していきました。

やがて、一年間のうちに最もおめでたいとされる節日「お正月」の料理として、おせちは定着していくこととなります。

・『おせち料理』の呼び名は意外にも最近から!?

当時の庶民のあいだでは「おせち料理」とは呼ばず、「食積(くいつみ)」や「蓬莱(ほうらい)」と呼ばれていたそうです。

「おせち料理」という呼び名が一般的に使われるようになったのは、第二次世界大戦後のこと。

各家庭で作られていたおせち料理ですが、次第にデパートでも販売するようになり、その際につけられた名称が「おせち」だったことがきっかけだといわれています。

おせちの重箱のひみつ

【何故おせちは重箱に入れるの?】

おせちは重箱に詰められているのが一般的ですよね。

何故重箱に詰めるのか、これにもちゃんとした意味があります。

・「めでたさが重なるように」の思いを込めて
・沢山の料理は重箱であればかさばらないから
・ホコリや虫が入らないようになどの理由があり、おせちには重箱が用いられるようになりました。

【重箱の正しい段数と詰め方】

重箱の段数は、各家庭におられる人数や地域によって様々です。

しかし一応、公式な段数というものがありまして、四段重が公式な段数とされています。

詰め方に関しても決まりがありますが、それぞれの家庭や地域によって様々。

今回は基本的な例を取り上げさせていたがきますね。

・一の重

「祝い肴」という、黒豆、数の子、きんぴらごぼうなどお酒のおつまみになるような料理を入れます。

・二の重

「口取り」という、かまぼこ、栗きんとん、だて巻き、昆布巻きなど大人から子どもまで食べられるような甘いものを入れます。

・三の重

「焼き物」で、焼き魚やエビなどの海の幸を入れます。

・与の重

「煮物」で、山の幸を使った煮物や筑前煮などを入れます。四だと死を連想させ、縁起が悪いため与の重と表現されます。

スポンサーリンク

 

おせち料理の中身の種類と由来

【祝い肴三種】

地域により様々な料理が作られるおせち料理ですが、どの地域にも共通している最も重要なお料理があります。

これらの料理の事を『祝い肴三種』または『三つ肴』といいます。

それぞれの料理の由来についてまずはご説明させていただきます。

1.黒豆

家族が一年「マメ」に働けますようにとの意味が込められています。

また、黒色が邪気を払って不老長寿をもたらしてくれるので黒豆を用いるそうです。

2.数の子

たくさん卵が詰まって粒の多いことから、子宝に恵まれますように、子孫繁栄が許されますようにという意味が込められています。

3.田作り

田作りはその名の通り、豊作祈願の意味が込められています。

【その他代表的な料理】

・だて巻き

文書が書いてある巻物に似ていることから「知識が増え、文化が発展していきますように」という意味が込められています。

・栗きんとん

見た目が黄色いので「黄金の塊」の意味があります。

「商売繁盛、金運に恵まれますように」という思いが込められています。

・紅白なます

紅白かまぼこと紅白なますの色はおめでたい象徴の色だとされています。

また、人参と大根を細切りにすることでお祝い用の紅白の水引きに見立てたともいわれています。

・昆布巻き

“こんぶ”と“よろこぶ”の言葉の語呂合わせからきているといわれています。

昆布そのものが縁起のいいものなので、お祝い事にはよく使われますよね。

・海老

海老の外見が、腰の曲がった老人をイメージさせることから「腰が曲がるまで長生きできますように、元気でいれますように」と健康長寿の意味が込められています。

・れんこん

れんこんは穴が沢山開いていて、その先が見えることから「将来の見通しが良くなりますように」と意味が込められています。

まとめ

今まで何気なく食べていたおせちに、こんなに深い意味や歴史があったなんて驚きですよね。

ひとつひとつの料理の意味を知ってからいただくおせちは、今までとはまた違った、格別な味がするかもしれませんね。

関連記事

【年賀状準備】
年賀状を2019年元旦に届けるには?期限はいつまでに出せばいい?
年賀状の書き方のマナーは何?上司や友達に一言で思いを伝える言葉!

【お出かけ】
明治神宮の初詣の参拝人数はどれくらいなの?混雑時の対策とは?
正月を京都で満喫!お勧めのイベントや観光スポット5つをご紹介!
伊勢神宮のおかげ横丁でお土産は何を選ぶ?アクセスや観光時間は?

【お正月の豆知識】
おせち料理の歴史と由来ってナニ?中身はどんな種類や意味があるの?
年越しそばで年収め!由来はナニ?食べることにどんな意味があるの?
正月飾りの名称ってナニ?自宅で処分するときの時期と方法は?
2019年の干支はナニ?由来や特徴・相性のいい人は誰?
初夢とはいつ見たものなの?その内容や意味とは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました