PR

ハンドソープのプレゼントがいらないとされる4つの理由をご紹介!!喜ぶ人の特徴とおすすめブランドも解説

記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日々の生活でよく使われるハンドソープは、贈り物を選ぶ際に思い浮かべるアイテムの一つです。

しかし、ハンドソープをプレゼントとしてもらうことを望まない人も少なくないのです。

ハンドソープをプレゼントとして受け取りたくないと感じる主な理由は以下の通りです。

・自分の好みに合ったものを選びたい
・特定の香りが苦手である
・家族の好みが異なる
・敏感肌用のものが必要な場合がある

しかし、ハンドソープをプレゼントとして不要だと考えるのは一部の人だけです。

多くの人はハンドソープを喜んで受け取ります。

この記事では、ハンドソープをプレゼントとして選ばない方が良い理由を詳しく説明し、ギフトに適したハンドソープのブランドや、ハンドソープを贈る際の意義についても紹介します。

スポンサーリンク

ハンドソープのプレゼントがいらないとされる4つの理由とは?

 
多くの人が日常的にハンドソープを使用するため、プレゼントとして考えることが多いですが、実はハンドソープをプレゼントとして好まない人もいるのです。

では、なぜハンドソープをプレゼントとしていらないと感じるのでしょうか。

主な理由は以下の通りです。

・愛用しているものにこだわりがある
・特定の香りを避けたい
・家族の好みが異なる
・敏感肌に合わないものがある

これらの理由から、ハンドソープをプレゼントとして選ぶと必ずしも喜ばれないことがあるのです。

自分の愛用品へのこだわり

ハンドソープをプレゼントとして選ばない方が良い理由の一つに、人々が自分の愛用品に対して強いこだわりを持つことが挙げられます。

日常的に特定のハンドソープを愛用している人にとっては、新しいものを試すことが必ずしも嬉しいわけではないのです。

例えば、泡タイプのハンドソープを好んで使っている人が、液体タイプをプレゼントされた場合、日々の小さな喜びが損なわれる可能性があります。

このため、ハンドソープをプレゼントとして考える際には、相手の好みや使用しているタイプを事前に把握することが重要です。

相手に直接「どんなタイプのハンドソープを好むのか?」と尋ねることも良い方法の一つです。

特定の香りへの苦手意識

ハンドソープをプレゼントとしていらないと感じる理由の一つに、「特定の香りが苦手」という点があります。

香りの好みは人それぞれで、好まない香りのハンドソープを使うことは避けたいと思う人も多いです。

不快に感じる香りのハンドソープを使用すると、手洗いの時間が不愉快なものになってしまうこともあります。

市場には様々な香りのハンドソープがあり、相手の好みに合うものを見つけるのは容易ではありません。

相手の香りの好みが明確でない場合は、ハンドソープをプレゼントする際に無香料や香りが控えめなタイプを選ぶことが推奨されます。

家庭内での好みの違い

ハンドソープをプレゼントとしていらないと考えるもう一つの理由は、「家庭内での好みが異なるため」です。

家族と共に暮らしている場合、プレゼントされたハンドソープが家族全員の好みに合致しないことがよくあります。

例えば、実家に住んでいる人の場合、ハンドソープの選択は親が主に行うことが多いです。

そのため、親の好みと異なるハンドソープを贈った場合、使われることなく余ってしまう可能性があります。

家族がいる人にハンドソープをプレゼントする際は、慎重な選択が求められます。

多くの人に受け入れられる可能性が高い、香りが控えめでデザインがシンプルなハンドソープを選ぶことが良いでしょう。

敏感肌に合わない製品があるため

ハンドソープをプレゼントとして好まれない理由の一つとして、「敏感肌に合わない製品があるため」という点が挙げられます。

敏感肌の人は、特定のハンドソープを使用すると肌にトラブルを引き起こす可能性があります。

このため、敏感肌の人はハンドソープをプレゼントとして受け取ることに消極的なことがあります。

もしプレゼントしたハンドソープが肌荒れの原因になってしまったら、贈り手も受け手も残念な気持ちになってしまいます。

敏感肌を持つ人には、ハンドソープ以外のギフトを選ぶことが望ましいです。

これにより、双方にとってより満足のいくギフト交換が可能になります。

ハンドソープのプレゼントを喜ぶ人も多い!

ハンドソープのプレゼントをいらないと感じる人がいる一方で、実際には多くの人がハンドソープのプレゼントを喜ぶという声も多く聞かれます。

そのため、ハンドソープ以外のギフトを選ぶべきか迷うこともあるかもしれません。

しかし、ハンドソープのプレゼントに対する肯定的な意見も多く存在します。

ハンドソープがプレゼントとして喜ばれる理由は以下の通りです。

・日常的に使うものだから
・消耗品であるため常に必要だから
・良い香りのものが多く、気分が良くなるから
・普段は自分では買わない特別な品として感じられるから

ハンドソープは日々の生活に欠かせないアイテムであり、日常的に必要なものをプレゼントとしてもらうことは、多くの人にとって嬉しいことです。

また、通常自分では購入しないような高級なハンドソープをもらうと、特別な感じがして喜ぶ人もいます。

ハンドソープのプレゼントが必ずしも「いらない」とは限らないので、贈る相手の好みや状況を考慮して選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

おすすめのハンドソープブランドを紹介!

 
ハンドソープをプレゼントとして選ぶ際、いらないと感じる人もいれば、喜ばれることも多いです。

大切なのは、プレゼントする相手の好みを考慮することです。

ここで、プレゼントにぴったりのハンドソープブランドを2つご紹介します。

・イソップ
・ロクシタン

これらのブランドはどちらも人気があり、多くの愛用者がいます。

プレゼントとしてこれらのブランドを選べば、喜んでもらえる可能性が高いです。

それでは、これらのおすすめハンドソープブランドについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

イソップのハンドソープ

プレゼントに最適なハンドソープブランドの一つとして「イソップ」が挙げられます。

オーストラリア生まれのこのスキンケアブランドは、アロマティックな香りとシンプルなデザインで人気です。

2023年6月時点では、イソップの公式通販サイトで販売されているハンドソープには以下のようなものがあります。

商品名種類容量値段(税込)
レバレンス ハンドウォッシュポンプあり500ml4,950円
ポンプなし500ml4,840円
アンドラム アロマティックハンドウォッシュポンプあり500ml4,950円
ポンプなし500ml4,840円

これらのハンドソープは、その香りで手洗いの時間をリラックスタイムに変えてくれるでしょう。

また、イソップではハンドソープを含むギフトセットも提供しており、以下のようなセットがあります。

セット名セット内容値段(税込)
レバレンス デュエット・レバレンス ハンドウォッシュ
・レバレンス ハンドバーム
14,960円
アンドラム デュエット・アンドラム アロマティック ハンドウォッシュ
・アンドラム アロマティック ハンドバーム
14,960円
バスルームの必需品・アンドラム アロマティック ハンドウォッシュ
・アンドラム アロマティック ハンドバーム
・ゼラニウム ボディ クレンザー
13,860円

これらのセットは手指のケアに最適で、特に手をよく使う方へのプレゼントに適しています。

イソップで購入する際、天然素材のコットンバッグがプレゼント用の包装として提供されるのも魅力的です。

このバッグは小物入れとしても再利用でき、ギフトの価値をさらに高めます。

イソップの製品は、ハンドソープをプレゼントとして選ぶ際に、幅広い相手に喜ばれる選択肢の一つと言えます。

ロクシタンのハンドソープ

ハンドソープをプレゼントとして考える際におすすめしたいブランドの一つが「ロクシタン」です。

フランス発のこのブランドは、プレゼントにぴったりなコスメティック製品を数多く提供しています。

ロクシタンは植物由来の成分を多く使用し、さまざまな年齢層や性別の方に合う製品を揃えています。

2023年6月時点では、ロクシタンの公式通販サイトで販売されているハンドソープには以下のようなものがあります。

商品名容量値段(税込)
シア リキッドハンドソープ300ml2,640円
500ml4,290円
シア リキッドハンドソープ ラベンダー300ml2,640円
500ml4,290円
シア リキッドハンドソープ ヴァーベナ300ml2,640円
500ml4,290円
ラベンダー クレンジングハンドウォッシュ300ml2,640円
シア ポケットソープ ヴァーベナ(数量限定)1,980円

これらのハンドソープは、ミルクや柑橘、ラベンダーなどの香りが特徴で、どれも強すぎない香りが多くの人に好まれるでしょう。

ロクシタンでは、有料のラッピングサービスやセルフラッピングキットも用意されており、プレゼントとしての見た目も素晴らしいです。

また、ロクシタンのハンドソープにはギフトセットもあります。

セット名セット内容値段(税込)
シア ヴァーベナ
ホームギフト
(公式通販限定)
・シア リキッドハンドソープ ヴァーベナ (300mL)
・シア ジェントルハンドローション ヴァーベナ (300mL)
6,600円

プレゼントに迷った時は、ロクシタンのギフトセットを選ぶと喜ばれることでしょう。

スポンサーリンク

ハンドソープをプレゼントする際の意義とは?

 
ハンドソープをプレゼントとして選ぶ際、その必要性を感じない人もいれば、喜ぶ人も多いのが現実です。

大切なのは、プレゼントを受け取る人の好みを考慮することです。

プレゼントには時として特別な意味が込められることがあります。

例えば、時計は「共に時を過ごす」という願いを示すことがありますし、くしは縁起が悪いとされることもあります。

では、ハンドソープをプレゼントする際にはどんな意味があるのでしょうか?

実は、ハンドソープ自体に特別な意味を持つことは少ないです。

しかし、石けんとして考えると、いくつかの良い意味が見出せます。

仏教や神道では、石けんは「清める」ことを象徴するとされます。

これは、心身を清らかにし、新しいスタートを切る人に適したプレゼントと言えます。

進学や新築のお祝いには特に適しています。

また、「洗い流す」という石けんの特性から、「病気を洗い流す」という意味を込めることもあります。

これは、退院祝いなどに適しているでしょう。

ハンドソープのプレゼントに対する否定的な意見もありますが、これらの良い意味を考慮すると、受け取る人が喜ぶ可能性は高いです。

最終的には、プレゼントする相手の好みや状況に合わせて、ハンドソープを選ぶかどうかを検討してみることが大切です。

スポンサーリンク

ハンドソープのプレゼントがいらないとされる4つの理由のまとめ

 
ハンドソープをプレゼントとして選ぶ際には、受け取る人の好みやニーズを考慮することが大切です。

一部の人々はハンドソープのプレゼントを必要としないと感じることがありますが、その理由はさまざまです。

・ハンドソープをプレゼントとして必要としない主な理由としては、「お気に入りのものを使用したい」「香りに敏感」「家族の好みと合わない」「敏感肌で特定の製品が使用できない」といった点があります。

・一方で、ハンドソープが喜ばれる理由としては、「日常的に使用するものであること」「消耗品であるため常に必要とされる」「魅力的な香りのバリエーションが豊富」「普段自分では購入しない特別なアイテムとして楽しめる」といった点が挙げられます。

・ハンドソープをプレゼントする際におすすめのブランドとしては、「イソップ」と「ロクシタン」が挙げられます。これらのブランドは品質が高く、多くの人に愛されています。

・ハンドソープ自体に特別な意味はないものの、石けんとしての意味合いでは「清める」「病を洗い流す」といったポジティブな意味が仏教や神道の考え方に基づいて存在します。これは、新しいスタートを切る人や健康を願うギフトとして適しています。

ハンドソープのプレゼントは、受け取る人の好みや状況に応じて、喜ばれるアイテムになり得ます。

特に、新たな門出や退院祝いなどの場面では、その意味合いを考慮して選ぶと良いでしょう。

大切な方への心のこもったプレゼントとして、ハンドソープを検討してみてはいかがでしょうか。

error:Content is protected !!