PR

ぶどうの袋かけの作り方とは?新聞紙はビニールよりも優れているのか徹底解説!!

記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

通常、ぶどうの袋かけには市販の袋を利用することが多いですが、実は手元にある新聞紙を使って、簡単に自分で袋を作ることができるんです。

自宅に新聞紙があれば、わざわざお店で袋を買う必要もなく、お財布にも優しいですよね。

その方法をここであなたにご紹介いたします。

これは秘密の裏ワザですよ。

また、中にはビニール袋を使用する方もいらっしゃいますが、それを推奨しません。

その理由も詳しく説明していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 新聞紙を利用したぶどうの袋かけとは?

 
では、新聞紙を使ってぶどうの袋を作る手順をご紹介します。

初めに、大きな新聞紙を半分に切り取ります。

次に、切り取った新聞紙を二つ折りにし、筒状になるように形を整え、端を接着します。

最後に、ぶどうの房に新聞紙の袋をかぶせ、口の部分を絞り、針金で固定します。

これでぶどうの袋かけは完了です。

インスタントラーメンを作るよりも手軽にできますよ。

新聞紙を使った袋かけは、昔から伝わる伝統的な方法で、先人たちの知恵が詰まっていますね。

スポンサーリンク

ぶどうの袋かけで新聞紙を利用した利点と欠点とは?

 

ここで、新聞紙を使ってぶどうの袋かけを行う際の利点と欠点についてご紹介します。

利点としては、手間がかからずコストも抑えられる点、また袋の大きさを自由に調整できるので便利です。

一方で、欠点としては新聞紙は水に弱いため、雨に濡れると強度が落ちる点が挙げられます。

雨で袋が濡れてしまった場合、手間はかかりますが、新しい袋に交換してあげてください。

スポンサーリンク

ぶどうの袋かけでビニール袋を使用した際のリスクとは?

 
あなたにお伝えしたい重要なポイントがあります。

それは、市販の袋や新聞紙の代わりにビニールを使用してぶどうの袋かけを行わないでください。

その理由は、ビニールは空気の通りが悪いため、袋の内部の温度が異常に上昇し、湿気も溜まりやすくなります。

その結果、ぶどうの房が傷んでしまい、販売不可能になるケースも多いのです。

食べ物はデリケートなもので、些細なことでも影響を受けるため、市販の袋とビニール袋の違いが、ぶどうの品質に大きな差をもたらすことがあります。

スポンサーリンク

ぶどうの袋かけの作り方とは?新聞紙はビニールよりも優れているのかのまとめ

 
新聞紙を利用すれば、手軽に袋かけができるのが魅力です。

この機会にぜひ新聞紙を使って袋かけに挑戦してみてください。

ただし、ビニールを使用した袋かけは避けてくださいね。

error:Content is protected !!