コンタクトの初めての作り方!?装着のコツまで徹底レクチャーします

スポンサーリンク

コンタクトを初めて作るときにやるべき事は、お金保険証を持って、眼科を受診するだけです。

※コンタクトレンズは、透析器や人工骨と同じ高度管理医療機器(不具合が起きた際に人体の健康に影響を与えるもの)に分類されます。

一部、ネット通販等で購入できるものもありますが、初めてコンタクトを作る際は、必ず眼科を検診しましょう。

ただ、実際に時間費用はどのくらいかかるのか、眼科での練習でちゃんと装着できるのか等、不安も多いかと思います。

そこで今回は

・コンタクトを作るときの流れと時間・費用
・初めての装着で手間取らないコツ
・ソフトレンズとハードレンズについて

などを、中学生からコンタクトをしていて、ソフトレンズもハードレンズも使用経験のある私が、分かりやすく解説していきます。

初めてコンタクトを作ろうと思ってる
上手につけられるか不安

という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コンタクトを初めて作るときの流れ

初めてコンタクトを作るときの、大まかな流れとしては

眼科予約→眼科受診(問診→検査→検診→練習→説明)→コンタクトショップで購入

となります。

【所要時間】:受診からコンタクト受け取りまででかかる時間は、混み具合や装着にどれだけ手間取るかにもよりますが、1〜2時間程度と考えて良いでしょう。

【費用】:初診料が保険込みで1000〜1500円くらい、レンズは種類や何ヶ月分購入するかにもよりますが〜15000円くらい、これに保存液やケース等の付属品が〜3000円くらい、合計で2万円程度の費用がかかると考えておけば問題ありません。

眼科によっては、予約をしないとコンタクトを作れないところもあります。

せっかく眼科まで行ったのに予約をしていなかったためにコンタクトを作れなかった…ということが無いよう、事前にしっかり確認しておきましょう。

私はこれで往復1時間、無駄に自電車をこいだ経験があります…。

ちなみに、眼科と併設しているコンタクトショップを選ぶと、購入までが非常にスムーズに行えます。

初めてのコンタクトレンズ装着のコツ

検診でレンズのタイプを決めたら、次はいよいよ装着の練習を行います。

初めてのコンタクトレンズ装着は、正直かなりこわいです。

しかし、実はコツさえ知っていれば、初めてでも簡単に装着することができます。

装着時のポイントは3つです!

①鏡に写った自分の黒目を見る
②上まぶたは、まつ毛の根元からしっかりと持ち上げる
③付いたらそのまま小さな円を描くように少し動かす

順番に解説していきましょう。

①鏡に写った自分の黒目を見る

コンタクトレンズの装着は、必ず鏡を見ながら行います。

その際、初めてだとつい手元のレンズを見つめがちですが、これだとうまくいきません。

鏡に写った自分の黒目を一点で見つめ続けることで視線が安定し、また目の前のレンズを見ないので、反射的に目が閉じてしまうことも防げます。

②上まぶたは、まつ毛の根元からしっかりと持ち上げる

触ってみると分かりますが、人間は上まぶたを上下させて、まだたきを行います。

コンタクトを付けるときは、基本的に利き手の人差し指にレンズを乗せ、中指で下まぶたを下げながら行いますが、このとき利き手ではない方の逆の手で上まぶたを引き上げます

特に初めての装着練習のときは、どうしても目を閉じようとしてしまうので、強制的に上まぶたをしっかりと引き上げておくことが大切です。

③付いたらそのまま小さな円を描くように少し動かす

レンズが付いたら、すぐにまばたきをしたくなってしまいますが、もう少しだけ我慢してください。

レンズと黒目の間に空気が入っていたり、位置がずれていたりすると、まばたきをしたときに外れてしまうことがあるのです。

せっかく苦労して付けたのに、また始めからではがっかりですよね。

そこで、装着できたと思ってもすぐに指を離さず、そのまま小さな円を描くように少しだけ動かします。

これにより、空気を抜きながらズレも修正できるので、まばたきでポロッと落ちてしまうことを防げます。

ちなみに外す時のコツは、レンズを黒目の中心から少しずらすのがポイントです。

スポンサーリンク

 

ソフトレンズとハードレンズの違い

最後に補足として、ソフトレンズハードレンズについて少しだけお話ししたいと思います。

現在、約8割のコンタクトユーザーがソフトレンズを使用していると言われています。

私も、中学生の時に初めて作ったコンタクトはソフトレンズタイプでした。

いくらソフトとはいえ、初めてレンズを入れるときは怖くてしかたなかったですが、いざ付けると全く違和感がなくて感動したことを覚えています。

初めてコンタクトを作るという方は、基本的にはソフトレンズで問題ないかと思います。

しかし実は、ハードレンズはソフトレンズに比べ以下のようなメリットがあるのです。

『視力矯正効果が高い』
『長期間で考えるとコストが安い』
『酸素を通しやすく目に優しい』

また最近のハードレンズは、ソフトレンズに比べても装着時の違和感がそこまで大きく無くなってきています。

私自身、着用時間や目の負担を考え、2018年からハードレンズに変更したところ、想像以上に違和感が少なく、とても快適に使用できております。

もちろんこれは個人差がありますし、眼科の先生と相談し、あなたに合ったコンタクトを選ぶことが一番大切なので、あくまで体験談として、参考にしていただければ幸いです。

まとめ

初めてコンタクトを作るときは

眼科予約→眼科受診→コンタクトショップで購入

という流れになります。

所要時間は1〜2時間、費用は〜2万円程度です。

レンズ装着時のポイントは3つありましたね。

・鏡越しに自分の黒目をまっすぐ見続ける
・上まぶたをまつ毛の根元からしっかりと引き上げる
・付いたらすぐまばたきせずにレンズを少し動かす

事前にこのコツを覚えておいて、スムーズにコンタクトデビューをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました