花粉症とコロナウイルスの違い⁉気になる症状や効果的な予防法とは⁉

スポンサーリンク

少しずつ暖かくなり、花粉症が気になる時期が近づいてきましたね。

コロナウイルスの影響でマスクを着用している機会も増えてきましたが、この症状は花粉症なのかと不安になることはありませんか?

見分けるポイントは「鼻水」にあります。

くしゃみをするだけでも、自分や周りを不安にさせてしまう状況なので、自分でも判断できるようになりたいですね。

今まで、花粉症じゃなかった人も急に花粉症になることがあるので、花粉症とコロナウイルスの違いをよく覚えておきましょう!

そこで今回は

・花粉症になる症状とは⁉
・花粉症の気になる原因とは⁉
・花粉症の症状の予防策とは⁉

などを実際に花粉症である私が詳しく説明していきますね。

暖かい日に鼻水が止まらなかったり、目がかゆかったりする方に必見の情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

花粉症になったときの症状でわかりやすいのはこの2つ

まず、花粉症じゃない人にとってはどういう症状が花粉症に当てはまるのか分からない方もいるはずです。

ここでは、花粉症の特徴について詳しく紹介していきますね。

花粉症になったときの特徴①鼻水やくしゃみ

花粉症の症状の中で、特に特徴的なのが鼻水です。

花粉症によって出てくる鼻水はさらっとして透明であることがほとんどなんですね。

くしゃみも花粉やハウスダストによるアレルギーで発症するので、突発的で連続性が特徴です。

確かに、花粉症のくしゃみは止まらなくて何度もでてしまう経験があります。

花粉症になったときの特徴②鼻や目のかゆみ

花粉症のもう1つの特徴が、花粉アレルギーによるかゆみが発症することです。

鼻がなんとなくむずむずして、鼻奥がかゆかったり目がゴロゴロして気になったりすることがあります。

花粉症の方が目を気にしすぎて、掻いてしまって真っ赤になっていることがありますよね。

鼻や目が痒かったり、目が真っ赤になった場合は花粉症を疑いましょう。

花粉症と風邪やコロナの症状との違い

一方で風邪やコロナウイルスによる発熱や嗅覚や味覚への異変は花粉症ではあまり起きない症状です。

体の倦怠感なども花粉症ではない症状なので、比較する時のポイントにチェックしてみてくださいね。

花粉症の気になる原因とは⁉

花粉症と風邪やコロナウイルスとの違いについて理解できたと思いますが、どうして花粉症が発症するのかあなたは知っていますか?

花粉症は突然発症します。

その理由はあなたの中にある花粉のキャパシティを超えたときに、花粉症になるんですね。

なので、誰しもが花粉症になる可能性があります。

この花粉のキャパシティは個々人で異なるので、比較のしようがありませんが、遺伝の可能性もあるので、親が花粉症の方は注意するようにしましょう‼

また、生活環境や食生活も花粉症の原因となることがあるので注意が必要です。

高齢者に比べて、今の若い人の方が花粉症になる方が多いのは、普段の食事による原因があるとされています。

規則正しい生活を送ることで、花粉症になりにくくなるかもしれません。

スポンサーリンク

 

花粉症の症状がでた時の予防策とは⁉

花粉症になってしまったら、これからも春の季節に尽きっていくことになりますよね?

年によって、花粉症の症状にひどさが異なりますが、事前に予防しておくことで、症状を軽減できるようになりますよ‼

花粉症の症状がでた時の予防策①メガネやマスクの着用

コロナウイルスで着用するのも当たり前になりましたが、マスクの着用が大切です。

鼻や口から花粉が入ることで、花粉症を引き起こすので、普段からマスクを着用することで、軽減することができますよ‼

また、メガネを使用することで花粉が目に入るのを防ぐことができます。

コンタクトレンズだと花粉によって、目がゴロゴロすることがあるので、メガネ着用もおすすめです。

花粉症の症状がでた時の予防策②食事管理

食事によっても花粉症の症状を軽減させることができますよ‼

特に、食物繊維や乳酸菌、ビタミンDといった成分です。

腸内環境を整えてくれるヨーグルトは乳酸菌がたっぷり含まれています。

毎日少しずつ食べるだけでよいので、続けやすいですよね。

また、青魚やチョコレートなども花粉症の症状を軽減させてくれるので、ぜひ積極的に摂取しましょう。

後はしっかりと手洗いうがいは忘れないようにしましょうね。

また、外から家に入るときは、服を軽く払って、花粉を落とすようにするだけでも花粉症予防になるので意識してみてくださいね。

まとめ

花粉症とコロナウイルスの違いは、鼻水と目や鼻のかゆみにあります。

ポイントは、花粉症では鼻水はさらっとしていて透明で、目や鼻のかゆみも伴うのが特徴的です。

普段の生活の中で、意識的にマスクや眼鏡を着用したり、規則正しい生活の中でバランスの良い食事をとったりすることで花粉症を予防することができますよ!

高齢者にくらべて、若い人の多い花粉症は、生活スタイルの変化個人差のある花粉のキャパシティ原因です。

これからの季節、花粉症の方は苦しい時期になりますが、まず症状を確認して、花粉症であれば今回紹介した予防策を実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました