生姜焼きをつけ置きで冷凍する方法とは?つける時間や解凍手順とアレンジレシピもご紹介!!

スポンサーリンク

生姜焼きは、つけ置きや冷凍保存が可能です。

つけ置きや冷凍保存をすることで、お肉が柔らかくなり味がしみ込み、忙しい時や食事の用意ができない時にもすぐに食べられます。

また、長期間保存できるので、食材の無駄が減り、アレンジ料理にも使えるので便利です。

しかし、つけ置きや冷凍保存をする場合は、正しい方法を知らないと、お肉が傷んだり味が落ちたりすることもあります。

そこで、この記事では、

・つけ置きすると生姜焼きがおいしくなる理由と時間
・つけ置きした生姜焼きを冷凍する場合の注意点と解凍方法
・調理前の生姜焼きを漬け込みで冷凍するコツとレシピ
・調理後の生姜焼きを冷凍保存する方法とアレンジ料理

を生姜焼きが大好きでよく作る私が分かりやすく解説します。

生姜焼きを美味しく健康的に楽しみたい方や、時短や節約をされたい方の役に立つ内容だと思いますので是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生姜焼きはつけ置きや冷凍保存ができる!そのメリットと方法とは?

 
生姜焼きは、生姜の香りが食欲をそそる定番の豚肉料理ですが、実はつけ置きや冷凍保存をすることが可能です。

つけ置きや冷凍保存をすることで、以下のようなメリットがあります。

・つけ置きすると、お肉が柔らかくなり、味がしっかりしみ込みます。

・冷凍保存すると、忙しい時や食事の用意ができない時にすぐに食べられます。

・冷凍保存すると、長期間保存できるので、食材の無駄が減ります。

・冷凍保存すると、アレンジ料理にも使えるので、メニューのバリエーションが増えます。

では、どのようにしてつけ置きや冷凍保存をするのか?

次の見出しでは、その方法を詳しく説明します。

スポンサーリンク

つけ置きすると生姜焼きがおいしくなる理由とその時間とは?

 
生姜焼きを作る時に、お肉をタレに漬け込んでおくことを「つけ置き」と言います。

つけ置きをすることで、以下のような効果があります。

・生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールという成分がお肉のたんぱく質を分解し、柔らかくします。

・タレに含まれる醤油や砂糖などがお肉に浸透し、味がしみ込みます。

・生姜に含まれる香り成分がお肉の臭みや油臭さを消し、風味を高めます。

では、どのくらいの時間つけ置きすればいいのかですが、一般的には、以下のような目安があります。

・細切れ豚肉:10分〜30分
・薄切り豚肉:30分〜1時間
・厚切り豚肉:1時間〜3時間

ただし、これらはあくまで目安であり、お好みやタレの濃さによって調整してください。

また、以下の点にも注意してください。

・つけ置きする場合は、タレは少なめに作ってください。

タレが多すぎると味が濃くなりすぎたり、水っぽくなったりします。

・つけ置きする場合は、冷蔵庫で行ってください。

常温で行うと細菌が繁殖しやすくなります。

・つけ置きしたお肉はそのまま焼くだけでなく、片栗粉や小麦粉をまぶしてから焼くと表面がカリッと仕上がります。

スポンサーリンク

つけ置きした生姜焼きを冷凍する場合の注意点と解凍方法とは?

 
つけ置きした生姜焼きを冷凍する場合は、以下のような手順で行ってください。

①つけ置きしたお肉を一枚ずつラップに包みます。

一枚ずつ包むことで、解凍時に必要な分だけ取り出せます。

②ラップに包んだお肉をジップロックなどの保存袋に入れます。

空気を抜いてしっかりと封をします。

③保存袋には、日付や内容物などを書いておきます。

冷凍庫での保存期間は約1ヶ月です。

④冷凍庫で凍らせます。

冷凍庫の温度は-18℃以下に設定してください。

冷凍した生姜焼きを解凍する場合は、以下のような方法があります。

電子レンジで解凍する場合

解凍モードで約2分間加熱します。

その後、500Wで約1分間加熱します。

加熱時間はお肉の厚みや量によって調整してください。

冷蔵庫で自然解凍する場合

冷蔵庫に移して約12時間かけて解凍します。

この方法は時間がかかりますが、お肉の水分や風味が保たれます。

鉄板やグリルで直接焼く場合

冷凍のまま鉄板やグリルに乗せて弱火でじっくりと焼きます。

途中で裏返して両面を焼きます。

この方法は時間が短くて済みますが、お肉が乾燥しやすくなります。

スポンサーリンク

 調理前の生姜焼きを漬け込みで冷凍するコツとレシピとは?

 
生姜焼きを作る前に、お肉とタレを一緒に漬け込んで冷凍することもできます。

これを「漬け込み冷凍」と言います。

漬け込み冷凍をすることで、以下のようなメリットがあります。

・解凍するだけで生姜焼きが作れるので、時短になります。

・冷凍中にタレがお肉にしみ込むので、味が濃厚になります。

・タレがお肉を保護するので、冷凍焼けや乾燥を防ぎます。

漬け込み冷凍をする方法

以下のような手順で行ってください。

①お肉は薄切りか厚切りにします。

細切りはタレが多すぎてしまうので避けてください。

②タレは醤油、みりん、砂糖、酒、生姜汁などを混ぜて作ります。

タレは少し濃いめに作ってください。

タレの分量はお肉の量の半分程度です。

③お肉とタレをジップロックなどの保存袋に入れます。

空気を抜いてしっかりと封をします。

④保存袋には、日付や内容物などを書いておきます。

冷凍庫での保存期間は約3ヶ月です。

⑤冷凍庫で凍らせます。

冷凍庫の温度は-18℃以下に設定してください。

スポンサーリンク

 調理後の生姜焼きを冷凍保存する方法とアレンジ料理とは?

 
生姜焼きを作った後に、余った分を冷凍保存することも可能です。

冷凍保存することで、以下のようなメリットがあります。

・冷凍保存すると、長期間保存できるので、食材の無駄が減ります。

・冷凍保存すると、アレンジ料理にも使えるので、メニューのバリエーションが増えます。

調理後の生姜焼きを冷凍保存する方法

以下のような手順で行ってください。

①調理後の生姜焼きを一口大に切ります。

一口大に切ることで、解凍時に加熱しやすくなります。

②切った生姜焼きをラップに包みます。

一人前ずつ包むことで、解凍時に必要な分だけ取り出せます。

③ラップに包んだ生姜焼きをジップロックなどの保存袋に入れます。

空気を抜いてしっかりと封をします。

④保存袋には、日付や内容物などを書いておきます。

冷凍庫での保存期間は約1ヶ月です。

⑤冷凍庫で凍らせます。

冷凍庫の温度は-18℃以下に設定してください。

冷凍した調理後の生姜焼きを解凍する場合は、以下のような方法があります。

電子レンジで解凍する場合

解凍モードで約2分間加熱します。

その後、500Wで約1分間加熱します。

加熱時間はお肉の量によって調整してください。

冷蔵庫で自然解凍する場合

冷蔵庫に移して約12時間かけて解凍します。

この方法は時間がかかりますが、お肉の水分や風味が保たれます。

鉄板やグリルで直接焼く場合

冷凍のまま鉄板やグリルに乗せて弱火でじっくりと焼きます。

途中で裏返して両面を焼きます。

この方法は時間が短くて済みますが、お肉が乾燥しやすくなります。

冷凍した調理後の生姜焼きをアレンジ料理にする場合

以下のようなレシピがおすすめです。

生姜焼きチャーハン

解凍した生姜焼きをほぐしてフライパンで炒め、ご飯や卵などと一緒に炒めます。

塩コショウや醤油などで味付けします。

生姜焼きサンドイッチ

解凍した生姜焼きをパンに挟みます。

キャベツやマヨネーズなどを加えるとさらにおいしくなります。

生姜焼きカレー

解凍した生姜焼きを鍋に入れ、水やカレールーなどと一緒に煮込みます。

野菜やフルーツなどを加えると風味が増します。

生姜焼きスープ

解凍した生姜焼きを鍋に入れ、水やコンソメなどと一緒に煮立てます。

豆腐やネギなどを加えると栄養が豊富になります。

生姜焼きサラダ

解凍した生姜焼きを冷たいまま食べる場合は、レタスやトマトなどの野菜と一緒に盛り付けます。

ドレッシングはポン酢やマヨネーズなどが合います。

スポンサーリンク

まとめ

 
つけ置きや冷凍保存をすることで、以下のようなメリットがあります。

・お肉が柔らかくなり、味がしっかりしみ込む
・忙しい時や食事の用意ができない時にすぐに食べられる
・長期間保存できるので、食材の無駄が減る
・アレンジ料理にも使えるので、メニューのバリエーションが増える

また、つけ置きや冷凍保存をする場合は、以下のような方法を参考にしてください。

・つけ置きする場合は、タレは少なめに作り、冷蔵庫で行う

・冷凍する場合は、一枚ずつラップに包み、空気を抜いて保存袋に入れる

・解凍する場合は、電子レンジや冷蔵庫、鉄板やグリルなどを使う

・アレンジ料理する場合は、チャーハンやサンドイッチ、カレーやスープ、サラダなどを試す

生姜焼きをつけ置きや冷凍保存して、美味しく健康的に楽しんでください。