腹持ちの悪い食べ物とは!?良くするための対策を徹底解説‼

スポンサーリンク

あなたが普段している食事には腹持ちが悪い食事が隠れています。

ダイエットをしている方は特に、空腹を避けるために腹持ちの良い食事をしたいですよね。

普段の食事を少し工夫するだけで、無理をせずにダイエットをしていくことができます。

こちらでは、

・腹持ちの悪い食べ物は何?
・腹持ちが悪いのはなぜ?
・腹持ちを良くするための具体的対策‼

についてしっかりと食事をしながら10キロのダイエットに成功した私が解説をしていきます!

最近食べ過ぎてしまっているなと思う方やダイエットをしたいと思っている方に必見の情報ですので、最後まで見てくださいね。

スポンサーリンク

腹持ちの悪い食べ物は何?

 

腹持ちのよしあしで普段食べるものを決める方は少ないと思いますが、あなたが普段食べている食事の中には腹持ちの悪いものがあるのですね。

特に最近、食べ過ぎてしまったと感じている方は注意が必要です!

ここからはあなたの周りに隠れている、腹持ちの悪い食事をご紹介していきますね。

腹持ちの悪い食事①ジャンクフードなど糖質の多いもの

ジャンクフードや糖質の多いご飯や麺類などです。

まさに、手軽に摂取しやすく、美味しい食べ物であることは間違いないのですが、腹持ちはとても悪いのです。

あなたも経験があると思いますが、ハンバーガーを食べた数時間後には空腹感じるというのも、これに当てはまります。

これらの食べ物は、カロリーだけでなく脂質や塩分なども高いので、偏った食事なりやすいので注意です。

腹持ちの悪い食事②ジュースなど咀嚼をしないもの

野菜ジュースや液体系食事で済ませてしまう方も注意です。

これらの食事は糖質が多くなく、栄養の摂取にも適していますが、満腹感は続きません。

食べた直後は、腹にたまった感じがするでしょうが、消化するのに時間かけることなく吸収してしまうため、すぐに空腹になるのです。

他の食事と併せて摂るには適していますが、1回の食事をこれだけで済ませてしまうのは要注意です。

結果として、お腹が空いてしまい余分なカロリーを摂取することにも繋がってしまうので、太る原因にもなります。

腹持ちが悪いのはなぜ?

 

なぜ、食べている量は変わらないはずなのに、お腹がすぐに空いてしまうのでしょうか?

ダイエットをしている時は特に気になるトピックですよね。

これらの食材の腹持ちが悪い理由には大きく2つの理由があります。

腹持ちが悪い理由①急激な血糖値の上昇

腹持ちが悪い食事の特徴に糖質が多いことが特徴です。

これらの食事は、食べた直後に血糖値を急上昇させるため、満腹感を得られます。

しかし、その一方で急上昇した血糖値はすぐに、急低下して、空腹を感じるようになるのです。

食べすぎの原因にも繋がります。

腹持ちが悪い理由②満足感を得られない

食事をするのが面倒くさかったり、時間がなかったりすると、簡単にご飯を済ませてしまいがちですよね。

ジュースなどの液体物や咀嚼する回数の少ない食事では、満足感を得ることができず、お腹も満腹になったという認識をしないのです。

ですので、ダイエットをするとき等は、カロリーが低い且つ満腹感を得られるような食事をするのが良いことだと分かりますね。

スポンサーリンク

 

腹持ちを良くするための具体的対策‼

ここまでで、どうして腹持ちが悪くなるのか理解できたでしょう。

では、どうやって腹持ちを良くしたらいいのかご紹介していきます。

様々な方法がありますが、これらはダイエットの基本になるので、意識して取り組んでみましょう!

腹持ちを良くするための具体的対策①腹持ちの良い食材を摂る

ずばり、腹持ちの良い食事は食物繊維の多い食材を摂ることです。

食物繊維は消化に時間がかかり、ジャンクフード等と異なり、血糖値もなだらかに上昇していくため、空腹感を感じにくくなります。

特に、キャベツなどの野菜類、海藻類は食物繊維を多く含み、咀嚼の回数も自然と増やすことができるため、満足感を得られる食材です!

普段の生活に取り入れやすい食材ばかりなので、いいですよね!

腹持ちを良くするための具体的対策②食事の仕方を改善する

先述しましたが、腹持ちをさせるためには咀嚼する回数も大きく関係してきます。

咀嚼の回数が多いと、脳は沢山食事をしていると思い込み、満腹感を感じられます。

また、咀嚼をよくすることで食事のスピードも落ちるため、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。

ですので、早食いの人もいると思いますが、腹持ちが悪くなる原因の1つですので、気を付けながら食事をするようにしましょう。

腹持ちを良くするための具体的対策③食事のバランスを考える

食べるものや食事の仕方の改善をすることも重要ですが、食事のバランスも腹持ちにとっては重要なポイントです。

ジャンクフードを食べるときなどは、一品でお腹を満たそうとしますが、それでは満腹感が得づらいです。

和食のように、副菜や汁物などでバランスよく食事を取ることで、栄養素をしっかり摂れるだけでなく、食事をゆっくりとることに繋がるのです。

品数の多い食事は、箸休めをする回数が増えて、食事全体をゆっくりにします。

これにより、血糖値の上昇を抑えてくれます。

和食が健康的でダイエットに向いていると言われる理由が分かりますね。

品数を用意するのは面倒くさいですが、簡単もので構わないので少し意識してみましょう。

まとめ

 

腹持ちの悪い食事は、糖質が多く、咀嚼できないものだと分かりましたね。

その理由としては、血糖値の急な上昇による空腹感と、咀嚼回数による満腹感が得られないことが大きな要因です。

腹持ちのよい食べ物を積極的に取るようにするだけでなく、食事の仕方や普段の献立に一工夫するだけで、腹持ちをよくすることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

ダイエットをする第一歩は、健康的に痩せていくことです!

しっかりと栄養を摂りながら、腹持ちの良い食事を意識してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました