スポンサーリンク

とこぶしとあわびの違い⁉意外と知らない生態と美味しい食べ方を紹介

スポンサーリンク

とこぶしあわび貝殻の穴の数大きさが異なるので、見た目で違いが判断できますよ!

この記事では

・とこぶしとあわびの違いを解説‼味は大差なく見た目と硬さの触感で分かる
・とこぶしとあわびの違いは値段⁉見分け方は貝殻の孔の数で高価な理由
・とこぶしの食べ方⁉簡単で美味しいとこぶし料理おすすめ8品をご紹介

を、実家の海でよくとこぶしを採っていた私が解説していきます!

料理が得意ではない方でも、簡単に美味しく作れるレシピもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

とこぶしとあわびの違いを解説‼味は大差なく見た目と硬さの触感で分かる

 
とこぶしあわびはどちらも貝類ですが、見た目や味に違いはあるのでしょうか?

詳しく解説していきます!

とこぶしとあわびの見た目の違いって?

とこぶしとあわびは、まず大きさが全く違います!

・とこぶしの大きさは7〜12cm
・あわびは20〜25cm

と、なります。

とこぶしは大きいサイズのものでも、あわびの大きさには及びません。

手のひらサイズであれば、とこぶしといって間違い無いでしょう。

見た目が小さい=とこぶし大きい=あわびという覚え方をしてくださいね!

気になる味ですが、どちらも貝類の中では甘味が強い印象です。

ですが、食感に違いがあります!

あわびはコリコリとした歯応えが特徴的ですが、とこぶしは柔らかく食べやすいんです。

目を瞑って両方を食べてみたことがあるのですが、味の差はそこまで感じませんでした。

とこぶしとあわびはどこに生息しているの?

とこぶしは基本的に海岸近くですぐに見つけることができます。

私の母方の実家は鳥取なのですが、夏に海へ遊びにでかけたときに、祖父からとこぶしを教えてもらい、見つけては喜んで採っていました!

子供でも簡単に採ることができるし、味も美味しいのでたくさん採れたときは嬉しかったですよ。

一方、アワビ高級食材として有名ですよね!

しかし、昼間見つけるのは困難だと言われています。

岩と岩の隙間や、海流が強い場所に生息していることが多いので、プロの方はあわびが餌を食べに移動を始める夜間に漁を行います。

スポンサーリンク

とこぶしとあわびの違いは値段⁉見分け方は貝殻の孔の数で高価な理由

 
あわびは高級食材ですが、味が似ているとこぶしとはどのくらい差があるのか、みてみましょう!

とこぶしとあわびの相場とは?

とこぶしは1kgあたり、平均して約4000円程度の値段で流通しています。

一方あわびは、1kgあたり、平均して約9000円倍以上の値段で販売されていました!

近年ではとこぶしも収穫量の減少のため、値段が徐々に上がってきています。

貝殻を見れば値段がわかる!?

とこぶしとあわびは、大きさに違いがありますが、貝殻に空いている穴を見るだけでも判別ができます。

ポイントは「殻穴」の数が少ないほうがあわびの可能性が高いということです!

とこぶしは殻穴が6〜9個と多く、あわびは4もしくは5個とされています。

スポンサーリンク

とこぶしの食べ方⁉簡単で美味しいとこぶし料理おすすめ8品をご紹介

 
とこぶしはあわびと大差ない美味しさということですが、どのように調理したらより美味しく食べられるのでしょうか?

ここでは、とこぶしの味を最大に引き出す簡単調理法をお教えします。

とこぶしの美味しいレシピ①刺身

まずはで食べてみてください。

とこぶしの美味しさを一番シンプルに味わうことができますよ!

新鮮なものが手に入ったのであれば、ぜひ刺身をオススメします。

まず塩もみをして、を潰さないよう丁寧に殻から外してください。

お好みの厚さにスライスして、完成です!

とこぶしの美味しいレシピ②酒蒸し

貝料理といえば、酒蒸しではないでしょうか。

お酒が好きな方なら、なおのこと酒蒸しがオススメです!

十字に切り込みを入れたとこぶしを、深い鍋に並べます。

日本酒と醤油を適量入れ、蓋をして蒸し焼きにして完成です!

薬味ネギをかけると、色合いもよくなりますよ。

白だしポン酢などお好みの味付けで食べてみてくださいね。

とこぶしの美味しいレシピ③ステーキ

次は「焼き」のステーキで味わってみてください!

オリーブオイルを熱してニンニクで香り付けしたフライパンに、トコブシの身を入れて焼くだけです。

塩胡椒で味付けをして、とこぶしステーキの完成です!

とこぶしの美味しいレシピ④バターソテー

バターを溶かしたフライパンに、トコブシを入れて軽く炒めるだけで完成します。

醤油を少し垂らすと、バターの甘味と合わさってなお美味しく感じますよ!

とこぶしの美味しいレシピ⑤甘辛煮

とこぶしは煮物でも美味しく味わうことができます。

オススメは醤油とみりんの甘辛煮です。

鍋に料理酒:みりん:醤油2:2:1の割合で入れて、とこぶしを入れて煮込むだけで完成です!

それだけで立派なおかずになるくらい、ご飯に合うおかずに大変身しますよ。

とこぶしの美味しいレシピ⑥味噌焼き

とこぶしは味噌を塗って焼いても美味しいです。

軽く湯通ししたとこぶしに、味噌と同量のみりんを合わせて塗って、グリルで焼き目を付ければ味噌焼きの出来上がり!

チーズを乗せてこんがり焼き目をつけると、子供が喜んで食べてくれます。

とこぶしの美味しいレシピ⑦ガーリックソテー

大人な味に仕上がるのは、ガーリックソテーです。

まず、おろしニンニクをオリーブオイルで炒めて香りを出します。

そこへとこぶしを入れて炒めるだけで、食欲そそるにんにくの香りがたまらない一品の完成!

とこぶしの美味しいレシピ⑧貝飯

最後に、私が一番オススメしたい、とこぶしを使った貝飯です。

下準備はとこぶしをお酒で蒸すだけ!

煮汁はご飯を炊く時に使うので、捨てないでくださいね。

食べやすい大きさにとこぶしをスライスし、お米と一緒にお好みの味付けで炊き上げましょう。

味付けを濃くしてしまうと、とこぶしの甘味が半減してしまうので注意してくださいね。

私はいつも醤油を多く入れすぎれて塩辛く仕上げてしまうので、調味料は少なめを心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 
とこぶしとあわびの違いは、大きさ殻穴の数でした!

大きいほうがあわび、殻穴が多いものがとこぶしの可能性が高いです。

とこぶしを美味しく味わう簡単レシピもご紹介したので、料理が苦手な方もぜひ挑戦してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました