えのきは食べ過ぎると太る!?痩せる食べ方について徹底解説‼

スポンサーリンク

えのきを食べることで太ることはありません!

気を付けてほしいのは、食べ過ぎてしまうことです。

食べ過ぎは体にとって良くないことですし、何事も適量がありますので、注意しましょう。

そこで今回は、

・えのきを食べ過ぎると太るは間違い
・えのきを食べ過ぎると太る言われる理由
・えのきの痩せる食べ方についてご紹介

について徹底解説していきます。

ダイエット目的でえのきを食べている方やこれから健康的になろうとえのきを食べようとお考えの方の役立つ情報ですので、最後までご覧ください。

えのきをしっかりと理解して、美味しく食べちゃいましょう!

スポンサーリンク

えのきは食べ過ぎると太るは間違い

 

えのきを食べ過ぎると太ってしまうのではないかというのは分かります。

ですがそれは、間違いです。

確かに食べ過ぎは体に良くないですが、えのきはむしろダイエットに向いている食材の1つです。

これから詳しくお伝えしていきますね。

えのきの食物繊維

きのこ類の1つであるえのきには、食物繊維が豊富に含まれています。

この食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つに分かれます。

えのきからは、この不溶性食物繊維が多く摂取することができ、食物繊維は、便秘の解消など腸内環境を整える役割があります。

また、食物繊維は消化がゆっくりなため、腹持ちがよくダイエットにも最適な食材であると言えますね。

食べ過ぎると、消化できないことがあるので、注意ですが、食べ過ぎたからといって太る原因にはなりにくいので、嬉しい食材です!

えのきに含まれている栄養

えのきは、食物繊維だけでなく、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1や精神安定を手助けしてくれるGABAなどが含まれている栄養素の高い食材です。

そして、えのきは100gあたり22キロカロリーでとても低いのが特徴です。

つまり、えのきを少し食べすぎたくらいで、太ることはないので安心してくださいね。

えのきは食べ過ぎると太る言われる理由

 

えのきはダイエット向きの食材の1つとお伝えしましたが、食べ過ぎることで太る食材だと思っている方もいるかもしれません。

そこで大きく2つのポイントをまとめました。

えのきは食物繊維を多く含むため一時的に体重が増えることがある

先ほど、えのきには食物繊維が豊富に含まれていることをお伝えしましたね。

食物繊維は、便の排出を促す効果があるのですが、摂取しすぎることで逆に便の排出がしづらくなることがあります。

消化しづらい特徴があるため、腸内で便の量を増やしてしまい、排出しづらくなるのです。

これにより、ぽっこりお腹や便が排出されずに腸内にたまってしまい、一時的に体重が増えることがあるのです。

決して脂肪が増えているわけではないので、安心してください。

日ごろから、便秘になりやすい方や極度にえのきを食べ過ぎる方は注意してくださいね。

えのきは万能食材だが調理には注意が必要

えのきは味のクセがないため、どんな食材とも合わせることができます。

それゆえに、油などの吸収も良いため、えのき単体ではカロリーが低いですが、食事によってはトータルカロリーが増えてしまう可能性があります。

特に、バター醤油やすき焼きなどはお肉や油との合わせになるので、ダイエットには不向きの調理方法です。

美味しい食べ方ですが、太ることを気にしている方は避けるようにしましょうね。

スポンサーリンク

 

えのきの痩せる食べ方についてご紹介

 

えのきの良いところは、えのき自体に味のクセがないため、さまざまな調理方法ができることです!

特に、ダイエットしていると同じ味ばかりになりがちですが、えのきは鯵のバリエーションを変えることができるのです。

今回は、そんなえのきの痩せる食べ方をお教えします!

えのきポン酢

えのきを器に移してから、ラップをして電子レンジ約2分します。

たった調理方法はこれだけです。

後は、ポン酢にさっと付けながらお召し上がりください。

えのきパスタ

えのき好きの方は、パスタをえのきに代用するのはいかがでしょうか?

普段つくるパスタの麺をえのきに替えるだけです!

麺は炭水化物の1つなので、カロリーも高く、ダイエットには不向きな食材なので、これをえのきに代用するだけで、ダイエット料理に大変身しますよ!

えのきチャプチェ

えのきを食べたい方も、併せてお肉も食べたくなる方もいますよね。

えのきはダイエット食材ですが、やはりバランスよく食べることがダイエットには向いています。

えのきチャプチェは、春雨の代わりにえのきを使用します。

ピーマンやニンジンなどの野菜と牛肉をバランスよく摂取できるのでおすすめです。

しょうゆ、酒、コチュジャン、砂糖、ニンニクでバランスを見ながら味付けをしましょう。

えのきで十分にかさましすることができますよ!

まとめ

 

えのきは、ダイエット向きの食材です!

太ってしまう食材だと思っている方もいるかもしれませんが、食物繊維を多く含み、カロリーも低いのでとてもおすすめなんですね!

腸内環境を整えてくれるので便の排出だけでなく、肌トラブルなども改善してくれますよ。

ただ、普段便秘になりやすい方は、食物繊維の摂りすぎで、便が出づらくなることがあるので注意しましょう。

味のクセもすくないえのきは、様々な食材と合わせることができますし、調理法も沢山あるので、ぜひ試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました