恵方巻きはなぜ黙って食べる?その理由と意味を解説

スポンサーリンク

恵方巻きを黙って食べるのには理由があり、しっかりとした意味もあります。

何となく黙って食べないといけないから黙って食べていたという方も多いでしょう。

今回は恵方巻きはなぜ黙って食べるのか、その理由と意味について詳しく解説していきます。

恵方巻きをより楽しく効果的に食べられるように、是非読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

恵方巻きはなぜ黙って食べるのかその理由とは?

恵方巻は黙って食べる理由について調べてみたところ、以下の3つの理由に辿り着きました。

①福を逃してしまうため
②願いを叶えるため
③行儀が良く食べるため

これを読めば私のようになんとなく黙って食べていたという方にも納得して頂けるでしょう。

それぞれを詳しく解説していきますね。

恵方巻きはなぜ黙って食べるのかその理由①

①福を逃してしまうため

恵方巻は主に無病息災や商売繁盛を願って食べるのが一般的ですよね。

歳神様と呼ばれる豊作の神様がいらっしゃる恵方を向いて食べることが決まりです。

そんな神様の宿った恵方巻き、食べている最中に喋ってしまうとせっかく体に入ってくる福を逃してしまうというわけです。

まだ途中で喋ってしまうことで取り入れた福が息とともに漏れて逃げてしまうと言われるのです。

ついつい美味しいなどといった声を漏らしがちなのですが、福が逃げてしまうと思うと耐えられそうですね。

恵方巻きはなぜ黙って食べるのかその理由②

②願いを叶えるため

願い事をしながら食べる恵方巻き。

願い事を唱える時は静かにお祈りするような気持ちですよね。

しゃべっていてはもちろん願い事はできません。

静かに心の中で願い事を唱えながら恵方巻きを食べるようにしましょう。

恵方巻きはなぜ黙って食べるのかその理由③

③行儀よく食べるため

食べ物を口に含んだまま会話をすることは行儀が悪いとされていますよね。

恵方巻きは太巻きを口いっぱいに頬張ることになります。

丸かじりの途中で会話をすれば見た目も汚くなってしまいます。

厳しい家庭だと恵方巻に限らず食事中は静かに黙って食べるという教えの家庭もあるでしょう。

礼儀作法に忠実な日本の風習として考えれば、そういった要素も含まれているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

恵方巻きを黙って食べる意味とは?

続いて恵方巻きを黙って食べる意味を調べましたので解説していきます。

①無言参り
②福を取り入れる
③鬼退治

しっかりとしたルーツや風習があることがわかります。

恵方巻きをより効果的に楽しむためにも参考にしてみてくださいね!

恵方巻きを黙って食べる意味①

①無言参り

恵方巻を食べることは神様にお願い事をすることと同じと考えられています。

神社でお祈りをするときは手を合わせて静かにお願いすることが一般的です。

そのルーツは日本でも有名な祇園祭

開催期間中、神様は御旅所に滞在されると考えられ、一週間毎日お参りすれば願いことが叶ういう説が出てきました。

そして願い事を叶えるためには自宅と御旅所を往復する際に誰とも会話したり挨拶してはいけないというルールがあったようです。

これが無言参りと言われるものです。

そのことが恵方巻を食べながらお願い事している間は無言で食べるというルールに繋がっているのですね。

恵方巻きを黙って食べる意味②

②福を逃さない

恵方巻を最後まで無言で食べきることで取り入れた福を口から逃がさないという意味があります。

確かに神様がいらっしゃると言われる恵方を向いて福を取り入れようとしているのに、そこで喋ってしまうと口から逃げていきそうですよね。

話すこと=福を離すという考え方もあるようです。

この表現はダジャレのようではありますがとってもわかりやすいですね。

恵方巻きを黙って食べる意味③

③鬼退治

恵方巻きは鬼の金棒を意味するという考え方もあります。

節分といえば恵方巻きと揃って話せない豆まき。

豆まきで追い払った鬼が逃げるときに忘れていった金棒に見立てています。

それを黙って食すことで鬼退治としています。

鬼退治と思えば無心で食べられてしまいそうですよね!

スポンサーリンク

恵方巻きを黙って食べるのは関西だけ?

恵方巻きは関西地域が発祥です。

江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりする際に始まったと言われています。

花街で商人や芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り食べたのが始まりです。

関西発祥であることから、黙って食べるという風習も関西だけとも考えられています。

しかし、現在ではコンビニを中心に関東にも恵方巻きの文化の広がり、節分に恵方巻を楽しむ方も増えています。

実際、節分となると恵方巻商戦のニュースが全国的に取り上げられますよね。

それとともに関東の方にも恵方巻きを食べる意味や黙って食べるという風習も伝わってきています。

恵方巻の捉え方や食べ方の習慣はそれぞれの地方によって伝わり方も様々です。

黙って食べるのではなく逆に笑いながら食べる風習の地域もあります。

黙って食べるのとは正反対でとっても面白いですよね!

笑う門には福来るとも言いますし、それぞれの想いを持って食べることが一番大切なことだと感じます。

スポンサーリンク

恵方巻きを黙って食べると願い事が叶う?

恵方巻きを黙って食べる理由や意味のところで紹介した通り、恵方巻きを黙って食べると願い事が叶うとされています。

神社でお祈りする時には黙ってお願い事を唱えますよね。

それと同じで恵方巻きも食べながら神様にお願いするため、黙って食べることが願い事が叶うことに繋がります。

また恵方巻きは切らずに一本丸ごと食べることで 幸運を手に入れることができるとされます。

それには切ってしまうと縁を切ることになるという理由や、運を一気にいただくという意味が込められています。

たくさんの意味が込められていることがわかりますよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は恵方巻きを黙って食べる理由や意味について解説しました。

黙って食べる理由は以下の3つです。

①福を逃してしまうため
②願いを叶えるため
③行儀が良く食べるため

また黙って食べる意味は以下の3つです。

①無言参り
②福を取り入れる
③鬼退治

たくさんのルーツや考え方があることが分かりますよね!

これで今年の節分の恵方巻きは美味しく頂くだけでなく、意味をしっかりと噛みしめながら食べることができそうですね!

タイトルとURLをコピーしました