干し柿のカビ対策!防止方法は何をするの?増やさない為の2つのこと

スポンサーリンク

昔、よく近所のおばあちゃんの軒先にぶら下がっていた“干し柿”
最近はあまり見かけなくなってきましたね。

たまに無性に食べたくなってスーパーで探してみると、やたらと高かったり、添加物がどっさり入っていたりして買うのをためらうことはありませんか?

私にもで作れるのかな…?カビが生えたりしないのかな?

干し柿はコツさえ押さえれば、誰にでも早くて1週間~10日程で作ることができちゃいます!

『医者いらず』といわれるほど栄養満点な柿は干しすると栄養も美味しさも凝縮されて絶品です。

今回は干し柿のカビ防止対策や作り方、コツなどをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

干し柿のカビの防止方法は?生えてしまったらどうするの?

干し柿の大敵はカビです!絶対に生やさないためにも対策を練っておきましょう。

ちなみにお湯にくぐらせてから以降は決して干し柿に触れないようにしてくださいね。

【干し柿のカビを生やさないためにできる2つのこと】

・沸騰したお湯にくぐらせたあと、更に焼酎の中にくぐらせる方法。

・沸騰したお湯にくぐらせて、軒下にぶらさげた後、霧吹きで焼酎を吹き付ける方法。

熱湯消毒と焼酎によるアルコール消毒の2点はかなりカビ防止に重要な役割を果たしてくれます。

基本的には、湿気と雨に気を付けて乾燥した状態を保つことによってカビを防ぐことが大切です。

【干し柿にもしカビが生えてしまったら】

気を付けていてもカビが生えてしまうことはあります。

もしカビが生えてしまったら、カビの生えている部分を切り取ったり、焼酎を含ませたふきんやガーゼでカビを拭き取る方法などがあります。

微量のカビでしたら問題はないですが、大きく広がってしまったものに関しては、食べることはあまりおすすめしません。

干し柿の作り方

【干し柿を作るのに適した環境条件】

・気温15℃以下の寒くなりはじめる頃。関東の目安は11月中旬くらい。
・湿度が低い環境
・なるべく晴れの日が続く時期を狙って作り始める

干し柿の出来は天候や環境に左右されやすいので作るタイミングは見計らわなければいけません。

湿気が多かったり気温が高かったりするとカビが生えたり上手く乾燥出来なかったりします。

【干し柿の作り方8ステップ】

(用意するもの)
渋柿、ビニール紐、包丁やピーラー、ハサミ、焼酎

1.柿のヘタと、その周囲の皮くるっとをむく。次に柿の登頂から下に向かって全体の皮をむく。
2.ビニール紐を70㎝程にカットする。
3.2個で1組になるように、柿の軸に紐の両端を結ぶ。
4.沸騰したお湯に5秒間入れて引き上げる。カビ防止。
5.軒下の風通しがよく、日当たりのいいところに干す。柿同士がくっつかないよう紐をずらす。
6.1週間くらいして皮が乾燥して硬くなってきたら、指で押すようにして軽く揉む。
7.数日後もまた揉む。渋みが早く抜けて甘くなります。
8.お好みのころ合いになったら完成です!

言葉だけではなかなか想像がつかないかと思いますので
詳しい作り方はこちらを参考にしてみてください!

干し柿の作り方 – How to make Hoshigaki (Dried Persimmons)

↑干し柿の作り方 – How to make Hoshigaki (Dried Persimmons)

スポンサーリンク

 

干し柿について

・干し柿の効能

もともと栄養価の高い柿ですが、干し柿にすることで凝縮され、更に栄養価がアップします。

特に目や粘膜や皮膚の健康を保つビタミンA、整腸作用のある食物繊維、脳卒中や高血圧やむくみに効果があるカリウム豊富です。

・干し柿に適した柿(品種)は?

甘い柿で作ると、もーっと甘い美味しい干し柿が出来そうですが、それは間違い。

干し柿とは基本的には渋柿でつくることが多いんです。

何故なら、実は柿の糖度は、甘柿よりも渋柿の方が高いから。

意外ですよね?

もちろん甘柿で作ることもできますが、渋柿で作った方がより濃厚な甘みを感じることができます。

まとめ

ポイントを押さえれば干し柿は誰にでも作ることができます。

ちなみに完成した干し柿はラップにくるんで冷凍保存すれば3か月は持ちますよ!

自然解凍で、中身が柔らかい美味しい干し柿を楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました