スポンサーリンク

ダイソーのベーキングはパウダーアルミフリー!?苦いと言われる理由

スポンサーリンク

ダイソーのベーキングパウダーにはアルミフリーのものがあります!

しかし、アルミフリーが良いって聞くけど一体なんなのかよく分からない方も多いはずですよね?

そこで今回は

・ダイソーのベーキングパウダーはアルミフリーと言われているけど本当?
・ダイソーのベーキングパウダーが苦いのはなぜ?
・ダイソーのベーキングパウダーは何グラム入っているの?その使い方とは?

について、お菓子作りが趣味で週に1回は子供とスイーツを作っている私が、お伝えしていきますね。

食品に含まれる添加物や着色料が気になるという方向けの記事になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

お菓子作りに興味を持つお子さんがいるママにも役立つ情報だと思いますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ダイソーのベーキングパウダーはアルミフリーと言われているけど本当?

 
ダイソーのベーキングパウダーアルミフリーと言われています。

しかし、アルミフリーとは一体どういった意味なのでしょうか?

詳しく解説していきますね!

ベーキングパウダーのアルミフリーとは?

ベーキングパウダーはいわゆる膨張剤のことです。

ベーキングパウダーの中の重曹が炭酸ガスを発生させることで、ケーキやドーナツなどの生地が膨らむのです。

また、アルカリ性である重曹を中和させるために酸性剤が含まれていて、これをミョウバンといいます。

ミョウバンは「硫酸アルミニウム」のことで、このアルミニウム不使用のベーキングパウダーをアルミフリーと表記しているのです。

一時期はアルツハイマーの原因要素として問題視されていましたが、現在はその心配はないようです。

ただ、幼児期添加物着色料を摂りすぎるのは、よくない気がしますよね。

私も、自分自身ならともかく子供の口に入れるものには無添加を意識しています。

ダイソーのベーキングパウダーは本当にアルミフリーなのか?

以前ダイソーで販売されていたベーキングパウダーは、ミョウバンが含まれているものでした。

しかし最近、アルミフリーのベーキングパウダーが販売され始めました。

しっかりとパッケージに表記されていたので、安心してお菓子作りに使えますよ!

スポンサーリンク

ダイソーのベーキングパウダーが苦いのはなぜ?

 
ベーキングパウダーを使ったお菓子が苦いと感じた経験はありませんか?

このベーキングパウダーの苦味には原因があるので、理由を解説していきます!

ダイソーのベーキングパウダーは苦い?

ダイソー以外のベーキングパウダーでも、使用量を間違うと完成したお菓子が苦くなることがあります。

この苦味の原因はベーキングパウダーに含まれる重曹です!

ベーキングパウダーが苦いと言われる理由

ベーキングパウダーを使ったお菓子が苦くなるのは、炭酸ガスが発生した際の副産物として作られる炭酸ナトリウムのせいなんです!

この炭酸ナトリウムは通常では苦味を感じないように調整されているのですが、ベーキングパウダーの使用量が多すぎると苦味を感じてしまうのです。

ベーキングパウダーは小さじ1〜2程度の使用量ですし、いちいち測るのが面倒ですが、しっかりと測って使用することを心がけましょう。

スポンサーリンク

ダイソーのベーキングパウダーは何グラム入っているの?その使い方とは?

 
アルミフリーのベーキングパウダーがダイソーに売られていることはわかりましたね!

最後に内容量使い方をお伝えします!

ダイソーのベーキングパウダーの内容量

以前販売されていたベーキングパウダーはアルミ含有100g入りでした。

しかし、これにはです。

アルミフリーのベーキングパウダーの内容量は70gです!

量は減っていますが、健康上のことを考慮すると納得できるのではないでしょうか。

ダイソーのベーキングパウダーの使い方

ベーキングパウダーは主にお菓子作りに使用します!

私はよく、スコーンや蒸しパンに使用しますよ!

オススメのレシピは「ナン」です!

材料【2人分】・薄力粉 150g
・ベーキングパウダー 3g
・塩 少々
・砂糖小さじ ½
・卵 30g
・牛乳 70cc
・溶かしバター 5g

【作り方】
①粉類を先に合わせて混ぜておきます。
②1に残りの材料を入れてこねます。
③べたべたしたら薄力粉を少し追加して調節します。
④好きな大きさに成形して、フライパンで焼きます。

夏野菜カレーにぴったりですし、子供が喜んで食べてくれるので、私も嬉しくなる料理です。

ベーキングパウダーを使用すると、発酵時間が不要のため、時間に余裕がない方にもおすすめですよ!

チーズを挟むと軽食にもなりますし、ぜひご家庭でナン作りを試してみてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

 
ダイソーのアルミフリーベーキングパウダーは内容量70gで、とてもおすすめです。

使用量をしっかりと測ることで、苦味を抑えられます

ベーキングパウダーを使ったアレンジレシピもご紹介しました!!

添加物が気になるママさんは、お子さんと一緒にぜひ試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました