スポンサーリンク

クリスマスツリータペストリーでのオーナメントの付け方とは?

スポンサーリンク

家の中にもクリスマスの飾りがあると、家の中が華やぎ、ぐっとクリスマスムードが高まります。

なかでも欠かせないのがクリスマスツリーですね。

ですが、クリスマスツリーは予算やスペースの関係で飾ることが難しいこともあります。

それでも小さいお子さんがいるとクリスマスツリーは飾りたいもの。

そこで今回は省スペースで飾りつけが出来るクリスマスツリーのタペストリーをご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスツリータペストリーでのオーナメントの付け方とアイディア

 
タペストリーツリーはそれだけでもお部屋がクリスマスらしくなりますが、クリスマスオーナメントで飾りつけをするとより華やぎます。

飾りつけのアイデアをご紹介しますね!

クリスマスツリータペストリーでのオーナメントの付け方のコツとは?

タペストリーは布製なので安全ピンで簡単にオーナメントを取り付けることが出来ます。

お子さんのいる家庭でしたら、あらかじめオーナメントにボタンを縫い付けておくことで、子供でも自由にツリーの飾りつけが出来るようになるので便利です。

ボタンを取り付ける手間がかかってしまいますが、毎年安全ピンでオーナメントを取り付けなくて済みますし、針が必要ないのでお子様のいるご家庭でも安心して飾りつけが出来るようになりますよ!

クリスマスツリータペストリーのオーナメントは百均のダイソーに行けば種類が豊富

ダイソーなどの100円均一はオーナメントの色も種類も豊富にありますね。

ビュッフェ形式で好きな組み合わせを選んで飾りを楽しみましょう!

クリスマスツリータペストリーにledライトやリボンで飾りつける

LEDライトも軽いものがたくさんありますのでタペストリーに付けることも出来ます。

LEDライトを通販で探してみる【Amazon】

また、タペストリーツリーはモールが巻けないので、モールの代わりにリボンで飾りつけをすると華やかになりますよ!

おなじみのかわいらしいツリーを作りたい方は試してみてはいかがでしょうか?

クリスマスツリータペストリー用のオーナメントを紙で工作する

きらきらとしたホイル紙で自分たちで作ってみるのもお子様が楽しめます。

てっぺんの大きな星も金の折り紙で作って飾ればきっと子供たちも喜んでくれるはず。

クリスマスプレゼントの話もしつつ親子で楽しく工作をしてクリスマスを迎えてみるのも良いかもしれませんよ!

スポンサーリンク

クリスマスツリータペストリーが人気な理由とは?

 
タペストリーツリーは飾る場所やしまう場所がないご家庭で大人気です。

また小さいお子さんがいるお家ではツリーを引っ張って倒してしまう心配がありません。

こちらではそんなクリスマスツリータペストリーが人気な理由をより詳しく解説していきますね!

クリスマスツリータペストリーが人気な理由①手軽に始められる

一番お手軽に始められるのは、クリスマスツリーの印刷がされているタペストリーにオーナメントを飾っていく方法です。

タペストリー購入のお金がかかりますが、リアルな絵柄で本物のツリーがそこにあるような雰囲気が楽しめます。

飾りつけをしなくても存在感があるのでおしゃれですし、オーナメントを飾ることで、ポップで華やかな印象になります。

飾り方で自分らしいクリスマスの演出が楽しめますね。

クリスマスツリータペストリーが人気な理由②SNSで話題になりやすい

トーカイのタペストリーがSNS上で話題になっています。

こちらのタペストリーは高さ146cm、横幅が90cmです。

この大きさのツリーを用意すると値段も高くなりますし置く場所やしまう場所も必要になってくるので、とてもおすすめです!

また、こちらのタペストリーは手洗いが可能ですので、清潔に保つことが出来ます。

クリスマスツリーはどうしてもほこりが積もりがちなので、清潔に保てるのは嬉しいですね。

人気商品のためクリスマスが迫ってくると品薄になってくるようですので、お気を付けください。

クリスマスツリータペストリーが人気な理由③子供と一緒に手作りすることが出来る

クリスマスツリータペストリーを子供と一緒に手作りすることもできますよね。

つくり方は、土台となる大きな布にフェルトや布を使ってツリーを縫い付けるか貼り付けます。

布用のボンドでフェルトを張れば手軽に作ることが出来ますよ!

クリスマスへと思いを馳せながら、お子さんと一緒にツリータペストリーを作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

終わりに

 
今回はタペストリーのクリスマスツリーの魅力をご紹介しました。

タペストリーツリーには本物のツリーに負けない魅力がたくさんあります。

ご興味がありましたら新しく挑戦してみてはいかがでしょうか?

親子で楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました