スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの面白い渡し方を子供に!?どこに置くのか解説

スポンサーリンク

皆さんはクリスマスプレゼントに何を渡すかもう考えていますか?

「何を渡すか」も重要な要素ですが、「どうやって渡すか」もクリスマスプレゼントをもらう相手にとっては重要な要素ですよね。

お子様にとってクリスマスは特に重要なイベントですから、なおさらプレゼントの渡し方は大切なものになると思います。

そこで今回は、お子様にクリスマスプレゼントを渡す際におすすめの渡し方、演出についてご紹介していきます。

クリスマスプレゼントを通販でお探しの方はコチラから【Amazon】

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを枕元に置くことでサプライズを演出!

 
クリスマスプレゼントプレゼントを枕元に置くことで、目が覚めたときにプレゼントを見つけたお子様が「うあ~!サンタさんきてくれた!」と喜ぶ姿が目に浮かびます。

王道中の王道ですね。

大人になった皆さんも子供の頃はほとんどの方がこれでプレゼントを受け取ったのではないでしょうか?

気をつけなければいけないのが、プレゼントを置いた後、朝になる前にお子様がトイレに行きたくなって起きてしまうことがあります。

ですので、あまり早い時間に置くよりも朝方になって置いた方が安全かもしれません。

クリスマスプレゼントを通販でお探しの方はコチラから【Amazon】

スポンサーリンク

海外のようにクリスマスプレゼントをツリーの下へ置く!

 

サンタクロースからのプレゼントの他に、おじいちゃんやおばあちゃんからお子様に、25日よりも少し早めにクリスマスプレゼントが届くご家庭もあるのではないでしょうか?

そんなおじいちゃんやおばあちゃんからもらったクリスマスプレゼントを、すぐに開けるのもいいですが、クリスマスツリーの下に25日まで置いておくというのも1つの手です。

アメリカでは、クリスマスの2週間くらい前から、親戚や近所の人からのクリスマスプレゼントをツリーの下に置いておくそうです。

お子様が、12月25日までの間、「どんなものがはいっているかな?」と想像してワクワクしながら、クリスマスの日を今か今かと待ちわびている姿が思い浮かびますね!

でも、お子様が待ちくたびれて途中で我慢できなくなってしまうかもしれません。

お子様の性格を見極めた上で実施してみてくださいね。

クリスマスプレゼントを通販でお探しの方はコチラから【Amazon】

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの渡し方を宝探しで見つけさせる!

 

パパやママからクリスマスプレゼントを渡す際にちょっとしたゲーム感覚で渡すのもおもしろいかと思います。

うちの子達はいつも宝探しゲームをしています。

「台所へいけ」とか「ピアノのした」とかかれたカードを作って、その場所へ行くと宝物が置いてあるというゲームです。

それと同じ要領で、パパとママから1枚のメッセージカードを渡して、そこに書かれたメッセージの場所に行くとクリスマスプレゼントが置いてあったりするのもいいのではないでしょうか。

他にも、サンタクロースさんからのメッセージということで枕元にプレゼントの隠し場所を記した「宝の地図」を置くなんてのもおもしろいかもしれません。

難しすぎてなかなか見つからないとと子供達も飽きてしまいますので、難しすぎない隠し場所にしてください。

クリスマスプレゼントを通販でお探しの方はコチラから【Amazon】

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントをサンタからにして親とは別人にして渡す!

 
次は、実際にサンタクロースを登場させてみるというのはいかがでしょうか?

サンタクロースの衣装はこの季節になると結構簡単に手に入るものです。

その衣装を着て、子供達の目の前に現れてプレゼントを渡したりしたら・・・

いったい子供達はどんな反応を示すのでしょうか?

子供達は結構するどいので、パパやママが変装するとおそらくすぐばれてしまいますので、できればご家族全員がいる場所で、ご家族以外の方がサンタクロースに扮して登場するのがよいかと思います。

子供達にばれる危険が高いとお思いになる方は、電話での登場でもOKだと思います。

プレゼントを渡した後で、タイミングを見計らってサンタクロース役の方から電話をかけてもらいましょう!

スポンサーリンク

サンタさんへ子供から手紙を書くようにする!

 
ここまでは、プレゼントの渡し方、演出方法についてご紹介しましたが、次はその前の準備段階のご紹介です。

皆さんのお子様はサンタクロースにお手紙を書いていますか?

うちの子達は毎年サンタさんに「サンタさんことしは○○がほしいです。おねがいします」というような手紙を書いています。

※「じゃあこれで出しといてあげるね」と言って親が手紙を受け取り、本当に送っているわけではありません。

これで子供達が欲しいものを見極めてプレゼントを用意するわけです。

サンタさんへの手紙を書いているときの子供ってほんとうに目がきらきらしているんですよね!

それに、「サンタさんに手紙を書いたのだから、クリスマスまではいい子にしていよう」という心理が子供達にも働き、しばらくは親のいうことも素直にきける子になったりもします。

是非、お子様にはサンタクロース宛に手紙を書かせてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

終わりに

 
さて今回はお子様へのクリスマスプレゼントの渡し方について紹介してきました!

渡し方は4つありましたね。

・クリスマスプレゼントを枕元に置くことでサプライズを演出
・海外のようにクリスマスプレゼントをツリーの下へ
・クリスマスプレゼントの渡し方を宝探しで見つけさせる
・クリスマスプレゼントをサンタからにして親とは別人にする

親として子供の喜ぶ姿を見るのは何より嬉しいものですから、しっかり準備して素敵なクリスマスをお過ごしください!

クリスマスプレゼントを通販でお探しの方はコチラから【Amazon】

コメント

タイトルとURLをコピーしました