スポンサーリンク

キャンディケインはどこで売ってるの?値段や由来も調査

スポンサーリンク

クリスマス時期に見かけるあの杖の形をしたの名前ご存知ですか?

正式名称はキャンディケインと言ってアメリカ発祥のお菓子だそうです。

今こちらのキャンディケイン、ASMR動画で使用され、話題となっていますね。

しかし日本では日常的にお店で見かけることが少なく、どこに売っているのという声が多くあります。

そこで今回はキャンディケインを売ってるお店について調べてみました。

また値段やその由来などについても詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

キャンディケインはどこで売ってるの?販売店は?

早速どこで売っているのか調べてみました。

検索してみたところ、カルディコストコの名前が上がっていました。

カルディは公式通販サイトがあるので見てみましたが、現時点でのお取り扱いはありませんでした。

毎年クリスマスシーズン近くになると販売されるようです。

そしてコストコで販売しているのは大容量のbobsのミニキャンディケーン

なんとこちらは260個入り。(280個入りもあるようです。)

ミニサイズで可愛らしい杖型の赤白のキャンディーがたくさん入っているのですが、なんと味は意外にもミント

お口直しには良いようですが、見た目から甘い味を想像していると食べてびっくりされると思います。

購入される際は気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

キャンディケインはAmazonや楽天で通販出来る?

今すぐキャンディケインを買いたいという方や、カルディやコストコが近くにないという方は通販で購入できたら嬉しいですよね!

Amazon楽天での取り扱いを調べてみました。

Amazonではコストコと同じbobsの260本入りが2,000円送料無料で販売していました。

楽天では同様のbobsの260本入りが2,388円送料無料でした。

Amazonの方が量が多いタイプでも、値段は安くなっていますね。

ただ種類は楽天の方が豊富に揃っており、シナモン風味やチェリー風味など、せっかくなら甘い飴で味も楽しみたいという方にもおすすめの商品がありました。

また、オーナメントとしてのキャンディケインも多数取り扱いがありました。

見た目はほぼ同じなので、食べるタイプを探している方は間違えて購入しないようお気を付けください。

お試しで購入したい方は大容量を購入するにはためらってしまいますよね。

そのような方にはフリマサイトがおすすめです。

おそらく皆さん注文してみたものの量が多く食べきれず、残ってしまっているものを少量出品されているであろうケースが目立ちます。

お試しで食べてみたいという方はフリマサイトで購入して、味の確認が出来てから気に入った場合は大容量を購入すると良いと思います。

スポンサーリンク

キャンディケインの由来や意味は?

キャンディケインとは英語表記でcandy caneと書きます。

candyは飴でcaneは杖なので飴でできた杖ということになりますね。

このキャンディケインは羊飼いが使う杖をあらわしてるといわれています。

上下を逆さまにするとイエス(Jesus)の頭文字であるJの形になり、迷える子羊を導くイエスをあらわすともいえるそうです。

赤と白もクリスマスカラーを表していますよね。

スポンサーリンク

キャンディケインの特徴とは?味はどうなの?

クリスマスカラーでもある赤と白 を使用したものが主流ですが、最近では様々なカラーのポップなものが増えてきているようです。

味もミント味が基本ですが、こちらも様々な味が出てきているようです。

ミント味はお口直しに食べる飴のような味になっているようで、見た目と違って甘さのあるものではないようです。

しっかり食べることも楽しみたい方は 食べやすい味を選んだり、少量から試してみると良いと思います。

キャンディケインはどんな人におすすめ?

ミント味の飴は本当にお口直ししたい時やさっぱりしたい時には最適ですよね。

ポップな見た目ですが味は大人向けになっているかと思います。

ASMR動画で話題になっているかじる音も是非実際に体験してみてくださいね。

キャンディケインをおすすめできない人は?

見た目につられて食べたくなりますが、決して甘い味ではないので注意が必要です。

ミント系が得意でない方にはおすすめできません。

それでも映える写真を撮りたい!という方は 食べるタイプではなく飾り付け用のオーナメントで楽しむといいですね。

スポンサーリンク

キャンディケインの値段や内容量はどのくらい?

キャンディケインの値段について、最も身近に手に入りやすいbobsのミニキャンディケインで調べていきます。

こちらはコストコが最安値で260本入りで1,400円前後となっています。

大容量でなんと 1.13kg もあります。

バケツのようなケースに入って個包装になっているので配るのにも最適です。

スポンサーリンク

キャンディケインの賞味期限や日持ちはどのくらい?

コストコでbobsの大容量のキャンディケインを購入した方は、購入日から2年半の賞味期限の物だったという情報がありました。

製造からの日持ちはたっぷりの余裕があることになりますね。

ただ輸入商品であり、店舗によって賞味期限に大きながあると思われます。

大容量の場合は実際の商品の賞味期限を確認してから購入されることをお勧めします。

また通販サイトで購入される場合も、賞味期限について明記しているショップを選ぶといいと思います。

スポンサーリンク

キャンディケインのカロリーはいくら?

ミント味の飴なのでカロリーは気にせずに食べられそうですよね。

bobsのキャンディケインのカロリーは100gあたり 372Kcalです。

一つが約5g 程度なので、一個あたりは 18Kcalということになりますね。

食後に食べるにも安心できるカロリーの数値ではないでしょうか。

スポンサーリンク

キャンディケインの口コミ

それでは気になる口コミを見ていきましょう。

今回はキャンディケインの良くない口コミと、良い口コミどちらもご紹介していきます。

キャンディケインの良くない口コミ

「まさかのミント味…なかなか減らない。」

ミント味と知らずに購入されて戸惑っている声が多数ありました。

しかし決して美味しくない味ではないようで、毎日食べているという方やお友達とシェアしたという方も多くすぐになくなったという声が多かったです。

キャンディケインの良い口コミ

「見た目と違って甘くなかったですが、これはこれでスッキリ癖になる味でした。」

「とにかくかわいいキャンディでクリスマスパーティーがとっても盛り上がりました!」

「ポリポリとかじって食べるのが楽しかった!あっという間になくなりました。」

癖になるミント味のようではまって毎日食べているという方もいました。

食感もおもしろくつい口に入れたくなる飴のようです。

見ても食べても楽しめて、クリスマスにも欠かせないアイテムのようですね。

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスになるとよく見かける杖の形をした飴、キャンディケインについて詳しく調べてみました。

販売している店舗はカルディコストコの名前が上がっていました。

現時点では扱っていない店舗もクリスマスが近くなると入荷する傾向にあるようです。

日本で最も手に入りやすいのがbobsのミニキャンディケインです。

値段はコストコが最も安く260本入りで1400円前後となっています。

クリスマスカラーの赤と白を使用しており、由来は諸説ありますが羊飼いの杖を表していると言われています。

ポップで可愛らしい見た目とは裏腹に味はすっきりとしたミント味

こちらはお口直しに食べるようなすっきりとした味で馴染みのある味になっているので食べやすいようです。

今回ご紹介したことを参考にクリスマスパーティーを盛り上げてくれるアイテムとして、またASMR動画のように食感を楽しむなど、それぞれに合う楽しみ方を見つけてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました