たけのこの白い粒!?それチロシンなので食べれます!!

スポンサーリンク

たけのこの白い粒チロシンというものです。

ですので、食べても全く害はありません

ですが、このチロシンがなんなのか良くわかない方も多いはずですよね?

そこで今回は

・たけのこの白いつぶつぶ!実は体にいいもの‼
・たけのこの白い粉を取るともったいないその理由
・たけのこの白い部分のチロシン!得られる2つの効能‼

について、たけのこ大好きな私がお伝えします!

この記事を読むと更にたけのこの白い粉の正体がわかるので、より美味しく食べることができますよ!

今まで白い粒の正体がわからなかった方も納得の内容ですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

たけのこの白いつぶつぶ!実は体にいいもの‼

たけのこの白い粒々は、見た目からして少し気持ち悪いので取り除きたくなりますよね?

ですが、実はあの白い粒はあるアミノ酸なので取り除かなくても大丈夫なんです!

では、より詳しく解説していきますね。

たけのこの白いつぶつぶの正体は!?

たけのこの白い粒々は、チロシンと呼ばれています。

アミノ酸の一種でたけのこの旨味の元になっているものなので、取り除かなくていいのです!

大きな塊になっている粒は食べる時にジャリジャリとした食感があったり、舌触りを感じるので除去してもいいですが、なるべく取り除かないほうが美味しいですよ。

たけのこの白いつぶは有害?

白い粒は見た目はなんとなく気持ち悪いですが、カビでもなく毒もないので安心して食べてくださいね。

大きめの塊は指て取り除くことができますが、たけのこの隙間に細かく入った白い粒々は取りにくいものです。

どうしても気になるという方は、茹でると簡単に取り除くことができますよ!

茹でることで、アミノ酸の粒がお湯に溶け出すのです。

しかし、白い粒々を取ってしまうのは非常にもったいないです。

その理由を解説していきましょう。

たけのこの白い粉を取るともったいないその理由とは

私もたけのこの粒が気持ち悪いので、最初は取っていました。

しかし、白い粒は取らないほうがいい理由を知ってからは取るのをやめました!

白い粒を取るか取らないかで味も変わってしまうので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

たけのこの白い粉を取ってはいけない理由①旨味が含まれている

チロシンが多いと旨味の元になると言われるアミノ酸の一種「グルタミン酸」が増えるので、取ることで美味しさが半減してしまいます。

チロシンを残しておくと旨味が増えるということなんです!

チロシンは無味無臭なので、気にならないのであれば取らずに食べた方が美味しいですよ。

たけのこの白い粉を取ってはいけない理由②様々な効能がある

チロシンにはコレステロールを下げる働きがあるので、生活習慣病の予防に効果があります。

他にも脳の働きを活発にするので、老化防止にも繋がるんですね!

記憶力や集中力を高める効果があるので、幅広い世代に嬉しい効能があるといえます!!

スポンサーリンク

 

たけのこの白い部分のチロシン!得られる2つの効能‼

たけのこの白い粒々「チロシン」の効能を詳しく見てみましょう!

たけのこの白い部分はチロシン!?

チロシンはアミノ酸の一種です。

タンパク質を多く含む食材にもチロシンは含まれています。

お肉やお魚、チーズにも実は含まれているんですね!

このチロシンですが、実は生のたけのこには付いていないのです。

たけのこを茹で、加熱によりチロシンが発生します。

そして冷めると、たけのこから溶け出したチロシンが結晶化するのです!

だからたけのこの水煮に白い粒々が多いのですね。

チロシンの効能とは?

チロシンはドーパミンアドレナリンを生成します。

これによって、記憶力や集中力が高まります。

また、疲労感を和らげる働きもあり、ストレス解消にも繋がるのです

イライラするときにチロシンを摂取することは、大変効果的だと言えますね。

鬱症状の軽減にも効果があり、忙しい方にオススメの食材です。

また、チロシンは甲状腺ホルモンメラニンの材料にもなります。

これは白髪予防や、乳幼児の発達障害や成長障害を防ぐことに繋がるので、小さい子供からお年寄りに嬉しい食材なんですよ!

受験生やスポーツ競技のアスリート、働き盛りの若い世代にもたけのこはおすすめの食材なのです!

まとめ

たけのこの白い粒々について解説しました。

白い粒は「チロシン」というアミノ酸でしたね。

体に嬉しい効能もたくさん含まれ、老化防止や生活習慣病の予防に効果がある栄養素でした!

取り除くことで旨味がなくなってしまうので、ぜひそのままの状態で食べることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました