機内に手荷物やお土産を持ち込むには?上限や大きさについて解説‼

スポンサーリンク

楽しかった帰省や旅行のあと、手にはお土産がいっぱい。

手荷物として機内にどれくらい持ち込んでいいのか?個数は決まっている?など分からないことが多いですよね。

航空会社によって違いがあり、一般航空会社(ANAやJALなど)では、合わせて10㎏以下の、荷物+身の回り品、2個を持ち込めます。

ピーチやジェットスターなら、合わせて7㎏までの手荷物+身の回り品、スカイマークだと、10㎏以下の荷物1個のみ持ち込み可能です。

航空会社によっては、料金を払えば、機内に持ち込める手荷物を増やすことも出来たりと会社によって様々です。

手荷物検査や搭乗の際に、スムーズに進めれるように、事前の確認は必須!といえます。

この記事では、

・機内に手荷物やお土産を持ち込める数や大きさは決まっている
・手荷物やお土産の持ち込みに上限が決められている2つの理由
・機内での手荷物やお土産の収納場所やスムーズに搭乗する方法をご紹介

を、年に6回は子連れで、飛行機で帰省や旅行をしている私がお伝えしていきます。

初めて飛行機に乗る方や、子連れで荷物が多い方は、この記事を読めば、スムーズに搭乗できると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

機内に手荷物やお土産を持ち込める数や大きさは決まっている

機内に持ち込める荷物には、サイズや数が決められており、守られないと手荷物検査などで引っ掛かります。

持ち込める荷物には、どんな決まりがあるのでしょうか?

主な航空会社で比べてみましょう。

JALやANAの一般航空会社は手荷物+身の回り品10㎏以内

手荷物は縦、横、高さの3辺が115㎝以下のものです。

それに加え、身の回り品を入れる鞄などを持ち込むことが出来ます。

私が利用したときは、この上の二つの荷物+手荷物検査後に購入したお土産を持った状態で搭乗したことがありますが、特に何も言われませんでした。

JALやANAの場合、手荷物検査後でもお土産など買えるので、そういうものなら、手荷物+身の回り品に加えて機内に持ち込むことが出来るのかもしれません。

そういう面では、一般航空会社は、少し機内持ち込みに関して、緩いような気がします(あくまで個人の感想です)

ピーチやスカイマークなど格安航空会社

格安航空会社の場合は、航空会社によってバラバラです。

【ピーチ】
手荷物+身の回り品 7㎏以内
【ジェットスター】
手荷物+身の回り品 7㎏以内 有料で+7㎏まで可能
【スカイマーク】
手荷物 1個のみ 10㎏以内

などのようにそれぞれの会社で異なります。

一度しか利用したことは、ないですが、格安航空会社の方が、荷物の量や重さには厳しいイメージがあります。

もし、お土産を機内に持ち込みたい場合は、手荷物に入るものにしましょう。

入らない場合は、機内でなく、預ける荷物へ。

航空会社によって異なっているので、荷物を預ける前に、確認をしっかり行いましょう。

手荷物やお土産の持ち込みに上限が決められているのはなぜ?

手荷物のサイズや重さなど、なぜこんなに決まっているのでしょうか?

決まっているのには、2つ理由があります。

上限が決まっている理由①非常時に手荷物が脱出の邪魔にならないように

飛行中や飛んでいないときでも、危険が起こった場合、速やかに逃げなければなりません。

そんなときに、荷物が通路にあったり、非常口のそばにあると、脱出の妨げになったしまいますよね。

安全性を考え、荷物は機内の決められたところに置かなければなりません。

置いてよい場所は、座席上の収納棚、または前の座席の下です。

サイズが大きすぎると、収納棚などに入りませんし、重すぎると飛行中に誤って棚が空いてしまう原因になります。

上限が決まっている理由②乗客全ての方の荷物を安全に載せる為

上記に書いたように、荷物を置ける場所は決まっています。

飛行機に乗ったことがある方は、分かるかもしれませんが、機内は結構狭いです。

特に格安航空会社だと、より狭く、荷物を置ける場所も限られています。

もし、一人がたくさんの荷物を載せたり、場所を取るものを載せると、乗客全員の荷物は到底、載りません。

満席の飛行機に乗っていると、よくCAさんが収納棚を一生懸命生理して、荷物を載せています。

ルールを守らず、手荷物などが多い人がいることによって、CAさんが大変な思いをして、場合によっては、出発時刻が遅れたりしてしまうのです。

航空会社はそれぞれ上限を決めることによって、乗客の安全と定刻通りにスムーズに運行できるようにしています。

スポンサーリンク

 

機内での手荷物やお土産の収納場所やスムーズに搭乗する方法をご紹介

上限が決まっている機内に持っていける手荷物。

出来れば、降りるときにスムーズに降りたいし、機内も快適に過ごしたいですよね。

おすすめの収納場所や手荷物を、スムーズに搭乗する方法をお伝えします。

機内でのお勧めの収納場所

私は、座席下のみを使うことをお勧めします。

なぜかというと、荷物を上に乗せるのは女性だと苦労しますし、降りるときは人混みの中で大変です。

また自分の座席上の収納棚がいっぱいだと、遠くに入れられることも、、、

飛行中に開けるのもなかなか難しいので、私は基本使いません。

ですが、どうしても2個荷物がある場合などありますよね。

その場合は、機内で使うものを座席下に、お土産や機内で使わないものは、収納棚に入れましょう。

特に子供がいる方!

収納棚に着替えや飲み物を入れると、子供にすぐに対応できず、大変なことになりますよ。

キャリーケースを持っている方は、座席下を使えないこともあるので、その際はCAさんに確認が必要です。

手荷物を持ってスムーズに搭乗する方法

一番は、手荷物を減らすことです!

機内は狭いですし、乗るときも降りるときも、手荷物が重い、大きいと周りを待たせたり、自分も行動が遅くなります。

その為、私は機内で確実に必要なものだけを持っていくようにしています。

お土産は、預ける荷物に入れるか、紙袋ごとそのまま預けます。

その際、皆同じ袋なので、リボンやゴムを付けて、自分の目印をつけると間違わずにすみますよ。

特に小さなお子様がいる方は、この方法がおすすめです。

もっというと、大きい荷物は帰省先や旅行先から、宅配で自宅に送ると、お金はかかってしまいますが、空港がとてもスムーズでノーストレスです。

まとめ

今回は機内に持ち込む手荷物やお店についてお伝えしました。

機内に持ち込むものには上限があり、3辺が115㎝未満の手荷物と身の回り品のみでしたね。

航空会社によって異なるので、事前確認は必須です!!

持ち込めるものに上限がある理由は2つありました。

・非常時に、手荷物が脱出の邪魔にならないように
・乗客全ての方の荷物を安全に載せる為

航空会社は、より安全に飛行が出来るようにルールを決めています。

ルールを守り、その中で工夫することで、快適な空の旅が満喫しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました