入学祝のお返しは親へは不要⁉それでも感謝を伝える方法をご紹介‼

スポンサーリンク

親や親せきから入学祝をもらったら、必ずしもお返しをする必要はないですよ!

お祝いをもらったら、内祝いを返すのが当たり前と思われがちですが、それは違います。

お返しは必要ないですが、さすがにお礼はしないと失礼ですよね。

この記事では、

・親へのお返しが不要なこと
・お返しがいらない理由
・必要はないけどお礼がしたいとき

を、3児の母である私が、わかりやすく解説しました。

この春入学を控えている方の役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

親へのお返しは基本不要

入学祝をくれる方はあなたの親、または義理の親、親戚からの場合が多いですよね。

相手が、親であっても親戚であっても入学祝のお返し、入学内祝い原則的には不要とされています。

入学内祝いってなに?

先ほども言いましたが、その名の通り、入学祝いに対して贈るお返しのことです。

本来、内祝いというのは、入学や結婚など、お家でおめでたいことがあったとき、その幸せを親戚や近所の人にお裾分けするものでした。

しかし、時代の流れとともに、「幸せのお裾分け」という意味を持つ「内祝い」の習慣はなくなっていきました。

それと同時に、お祝いをもらったらお返しをするべきと考える人が増え、お返し内祝いとなり、今の習慣が生まれたようです。

割と最近からの習慣なのですね!

伝統や風習には注意

原則的には、入学内祝いは必要ないとされてはいますが、最近できた習慣ということもあり、地域によっては必要としているところもあるようです。

心配であれば、年上の親戚などに確認してみるとよいでしょう

もし聞く人がいないのであれば、内祝いを返したほうがいいかもしれませんね。

私の両親は、とにかく孫のためにお金を使ってほしいと思うそうで、お祝いをもらうとき「お返しはいらないから!」と念を押されます。

お返しがいらない理由

なぜ、入学祝にお返しは必要ないのでしょうか

それは、子供に向けたお祝いだからです。

入学祝は、お子さんの入学のお祝いですよね。

入学する子の親に向けたものではありません。

お祝いをされた子供は、働いているわけではありませんので収入がありませんよね。

収入がない子供からのお返しは不可能なので、入学内祝いを贈らなくても失礼なことではないのです

スポンサーリンク

 

必要はないけどお礼がしたいとき

もちろん、必要ないとはいえ何も返さないのはあまり良くないですし、お互いにいい気持ちはしませんよね。

子供にとっても、何かをいただいたときはお礼をするものと知っていてほしいものですね。

そんな時にどうしたらいいのかをお伝えしていきますね。

お礼の手紙を書く

親はもちろん、子供も一緒にお礼の手紙を書きましょう。

遠方に住んでいて、特に今のご時世、なかなか会えない場合は、ランドセルを背負った写真や入学式の写真などを同封するといいでしょう。

お子さんの成長がみえて、とても喜ばれますよ。

写真もそのまま送るのではなく、アルバムにしたりフォトフレームに入れたりすれば、ちょっとしたギフトになりますよね。

お食事会を開く

今はコロナ禍でなかなか難しいことではありますが、お祝いをいただいた人を招いてお食事会を開くのもいいでしょう。

その際、お子さんと一緒に直接お礼が言えますし、お招きする形なので、お食事にかかった費用を負担することで内祝いの代わりになりますよね。

内祝いを贈ってしまう

どうしてもお返しをしないと気が済まないという場合は、もちろんお返しをすることも問題はありません。

だいたい、お祝いの3分の1~半分が相場と言われています。

お気持ちだけいただくという意味合いで「全返し」を行うケースもまれにありますが、返って相手に気を使わせてしまいますのでおススメしません。

内祝いを返すときのポイント①熨斗

内祝いを返す際は、おめでたいことなので紅白の蝶結びの熨斗を選びます。

表書きは「内祝い」または「入学内祝い」にして、子供の名前をフルネームで書いて贈りましょう。

内祝いを返すときのポイント②定番品

入学内祝いの定番品

・商品券や、ギフトカード
・カタログギフト
・現金
・ご当地グルメ
・スイーツ
・コーヒーや紅茶

などです。

みんな一律に送るのではなく、相手の世代や関係性などで選んで贈るとよいでしょう。

内祝いを返すときのポイント③もらったら早めに返す

できるだけ早く返すのがマナーです。

1カ月以内にはお返ししましょう。

まとめ

入学祝や子供のためにいただいたお祝いは、基本的にお返しがいらないということがお分かりいただけましたか?

しかし、さすがにもらいっぱなしは失礼です。

入学祝をいただいたときに感謝を伝える方法

・親子でお礼の手紙を書く
・お食事会を開いて招待する
・やはり内祝いを贈る

この3つです。

いただいた相手に、どうするのが一番良いか、夫婦で話し合ってみてください。

これで入学というおめでたい行事を、問題なく迎えられますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました